Android

ワイモバイルのスマホおすすめ新機種|最新ランキング


 
ワイモバイルのスマホを御存知でしょうか?
ほとんどの人が街中でよく見かけることのある携帯ショップかと思います。Yahooと同じ赤い「Y!」のロゴと、キャクターの「ふてニャン」が特徴的ですね。TVのCMで存在を御存じの方もいるものと思います。
スマホの販売はドコモ、au、ソフトバンクの大手通信キャリア3社だけが先行しているイメージが強く、ワイモバイルってスマホを販売しているの?格安SIM事業者じゃないの?と思っている方もいるかも知れませんが、大手通信キャリア3社と同様のれっきとした通信事業者です。

ワイモバイルの前身は「イーモバイル」と「ウィルコム」だと言えば、なるほどね、と思う人もいるかも知れません。
簡単に言ってしまうと、「イーモバイル」と「ウィルコム」が合併してできた会社で、一時期はソフトバンクの子会社でした。この語ソフトバンクのグループ会社の一つとなって現在に至っています。ソフトバンクグループの別枠の通信事業会社が「ワイモバイル」です。

ワイモバイルは何が違う?

ドコモ、au、ソフトバンクの大手通信キャリア3社との違いを見て見ましょう。
まず違うのが「通信料金プラン」です。
大手通信キャリアの通信料金プランは横並びで各社共に同じ料金体系です。「定額話放題の通話パック」+「データパック」+「インターネット使用料」+「オプション使用料」が通信料金の合計になり、ユーザーはそれぞれのパックの内容を個別に選択して通信料金を契約することになります。
これに対してワイモバイルの料金体系は、通信料金とデータ料金がセットとなっており、種類はS、M、Lパックの3種類のみとシンプルでわかりやすい料金体系になっています。
これらのパックの通話料金は一定の条件付きで無料通話が可能です。無料通話の条件は「一回の通話が10分以内で一カ月300通話」となります。
一カ月300通話ですから、一日当たり10通話、ビジネスなどで頻繁にスマホで通話をする場合を除けば、実質通話し放題と同じです。
またこの無料通話の前提条件を解除することもでき、月額1000円のオプション契約で時間・回数制限なしの通話し放題とすることができます。
データ通信料は大手3キャリアのような大容量のデータ通信パックはなく、S、M、Lでそれぞれ1GB、3GB、7GB。その代わりに料金は2980円、3980円、5980円と低めの水準に設定されていますから、大容量のデータ通信が必要ないユーザーには、うれしい価格設定と言えます。
通話とデータ通信がセットになった料金体系ですから、大手通信キャリアやMVNOにあるようなデータ通信のみの契約はすることができません。
端末のラインアップは、スマホ、ガラケー、タブレット、モバイルWiFiルーターが各種取り揃えられており、大手3キャリアと比較しても見劣りがすることはありません。
端末ラインアップで特徴的なのは、タブレットの製品群に「Microsoft Surface」が入っていることです。PCショップや家電店に行かなくともワイモバイルで購入できますからタブレットPCを購入したい人には便利な品ぞろえと言えます。
またiPhone5sがスマホのラインアップに取り揃えられており、親会社のソフトバンクとも差別化がされています。ソフトバンクではiPhone5sは買うことができません。
多彩な商品を取りそろえているワイモバイルですが、今回はワイモバイルのスマホにターゲットを絞り込んで、おすすめの機種を5つ紹介します。

507SH Android One


初めにご紹介する機種は、SHARP製スマホの「507SH Android One」です。
ベースとなっているのはSHARPのアクオススマホ「AQUOS U」で、auから発売されている機種です。
AQUOS Uと異なる点は、auのAQUOS Uはキャリアスマホですから、auが提供する有料・無料のアプリが山盛り状態でプリインストールされています。
プリインストールされているアプリは普通のユーザーではめったに使わないアプリが大半ですから、正直なところ邪魔に感じられます。購入後削除している人も少なくないと思います。

スペック

Android Oneの項目別のスペックをあげてみました。

サイズ W72XH142XD8.8mm
重さ 135g
連続通話時間 1220分
連続待受時間 4G695時間、3G875時間
バッテリー容量 3010mAh
充電時間 210分
OS Android7.0
CPU MSM8952 1.5GHz+1.2GHz
ROM/RAM容量 16GB/2GB
外部メモリ容量 最大200GB
ディスプレイサイズ 5.0インチ
ディスプレイ解像度 1280X720
カメラ画素数(メイン) 1310万
カメラ画素数(サブ) 500万

大手3キャリアのフラッグシップスマホと比較すると少々物足りない感じもしますが、各キャリアのフラッグシップスマホは過剰スペックで、そのために販売価格が10万円近くになっていますから、普段使いのスマホとしては必要十分なスペックと言えます。
スペックの中で目を引くのが、バッテリー容量で、このサイズのスマホでバッテリー容量3010mAhは大容量の部類に入ります。
液晶はSHARPご自慢の省エネ性能に優れたIGZO液晶を搭載しており、バッテリー持ちは公表3日超えを誇ります。スマホは何もしない待受けの状態でもバッテリーを消費しますから、バッテリー容量は大きいにこしたことはありません。

デザイン

四隅のエッジ部分が丸みを帯びたデザインとなっており、手に馴染みやすくポケットから取り出す際にも角が当たらないデザインとなっています。
またディスプレイから背面への形状にも曲面が採用され、持った時に手にフィットするデザインに仕上げられています。
曲面構造ですから、持ちやすさと同時に手から滑り落ちるリスクがありますが、前面のパネル部分には衝撃に強い「Gorilla Glass4」が採用されていますので、万一落としてしまった場合でもパネルが割れたり、ヒビが入ることは少なく安心ができます。
カラーは「スモーキーブルー」、「ブラック」、「ホワイト」の3色があります。

機能

国内メーカーSHARP製のスマホですから、国産スマホに標準で搭載されている「防水・防塵機能」、「ワンセグ」機能は、この機種にも搭載されています。
NFCが搭載されており、NFC対応の家電製品との連携サービスが使用できます。
他の国内産スマホと違う点は「おサイフケータイ」機能が搭載されていないことで、この点は注意が必要です。

その他のおすすめポイント

SHARP製のスマホは大手3キャリアでも販売されていますが、価格が9万円弱とかなりの高価格帯での販売になります。Android Oneの販売価格は5万円少々ですから、SHARP製のスマホが、この価格帯で購入できることは大きな魅力です。
またAndroid OneはGoogleスマホと言う位置づけになりますが、従来はGoogleスマホと言えばNexusシリーズしかなかったところに、新たに国産のGoogleスマホが登場したことになります。

507SH Android Oneはこんな人におすすめ

前に述べたように、Android Oneには余計なアプリがインストールされていませんから、自分でスマホを好きなようにカスタマイズして使いたい人や、キャリアスマホのアプリの多さに辟易している人には最適な機種です。
その反面、当たり前のようにプリインストールされていたツール・アプリがインストールされていないので、必要に応じて探し、ダウンロードする手間がかかります。
初めてスマホを使う人やスマホ歴が浅い人の場合は、戸惑うことも多いかも知れません。
ある程度のスマホユーザー歴があって、自分好みにカスタマイズすることが苦にならない人にはおすすめの一台です。

DIGNO E 503KC

次にご紹介する機種も安心と信頼の国産スマホ、京セラ製の「DIGNO E 503KC」です。先に紹介したAndroid Oneがワイモバイルの端末の中では、ハイエンドに位置づけられていることに対して、「DIGNO E 503KC」はエントリーレベルからミドルレンジに位置づけられた機種になります。ミッドレンジモデルらしく価格もAndroid Oneよりは低価格の4万円弱の水準に設定されており、実質負担額は一万円弱以下とお求めやすい価格に設定されています。

スペック

サイズ W72XH142XD10.8mm
重さ 138g
連続通話時間 1190分
連続待受時間 4G600時間、3G860時間
バッテリー容量 2300mAh
充電時間 180分
OS Android6.0
CPU MSM8916 1.2GHz
ROM/RAM容量 8GB/2GB
外部メモリ容量 最大200GB
ディスプレイサイズ 5.0インチ
ディスプレイ解像度 1280X720
カメラ画素数(メイン) 800万
カメラ画素数(サブ) 200万

DIGNO Eの主なスペックは上の通りです。
Android Oneと比較すると控えめなスペックに見えますが、よほどハードな使い方でない限り必要十分なスペックと言えます。
メール、通話が主な使い方で、たまにインターネットでWebを見る程度の普通のスマホの使い方であれば、これくらいのスペックで十分です。
大手3キャリアのスマホのスペックと比較すると明らかに見劣りしますが、オーバースペックのスマホを購入してバッテリーの減りや発熱に悩まされるよりは、ミドルレンジスマホでスペックに見合った使い方をする方が賢明とも言えます。
大容量のゲームや動画などを使う場合にはストレスを感じることになりますから、スマホビギナーから中級者向けの機種と言ってよいでしょう。

デザイン

四隅の角を取り、丸みを持たせたデザインはAndroid Oneと同じですが、背面にも丸みを持たせたラウンドフォルムになっており、5インチの液晶サイズを感じさせない手に馴染むデザインとなっています。
低価格に抑えるため、本体に金属やガラスなどは使用せず、プラスチックで成形されていますが、丁寧な仕上げで格安スマホの低価格機種に見られるような見た目の安っぽさは感じられません。
カラーバリエーションは、レッド、ブラック、ホワイトの3色展開です。

機能

スペックから見てもわかる通り、バッテリー容量は2300mAhと大容量ではないのですが、公表値では「バッテリー3日もち」とされています。
待受け状態でもバッテリーが急速に減っていく機種がある中で、使い方によるとはいえ、スタミナがあることは評価に値します。
メールと通話が大半で、たまにインターネット程度の使い方ならば2~3日はバッテリーの不安はありません。
また衝撃に強い設計となっており、万一本体を落とした時でもディスプレイが割れにくい仕様となっています。
国産スマホの標準機能になっている防水性能も十分なレベルで搭載されていますが、防水機能搭載スマホであってもディスプレイに水滴が付いた状態や濡れた状態では、反応しづらいスマホが多いのですが、DIGNO Eはディスプレイが濡れた状態でも操作性には問題なく、タフな状況でも安心して使えるスマホと言えます。

その他のおすすめポイント

シンプルでわかりやすいホーム画面の「かんたんビギナーホーム」が搭載されており、スマホが初めての人でも操作に戸惑うことがありません。
またガラケーの操作と同じ方法で文字入力ができる「ケータイ入力」機能も搭載されていて、スマホビギナーの人でも簡単に操作ができるような配慮がされています。

DIGNO E 503KCはこんな人におすすめ

インターネット、容量の大きいゲームを頻繁に利用する方にはスペック的に厳しい機種になりますが、メール、通話が主な利用方法で、インターネットやゲームはたまにしか使わない人にはコストパフォーマンスに優れた機種と言えます。
初めてスマホを使う人、スマホのユーザー歴が浅く操作方法に慣れていない人でも直観的に操作性ができるスマホですからには、スマホビギナーの人には最適な機種でしょう。
注意したいのは、本体メモリの空き容量が少ないので、アプリを入れるとすぐに容量オーバーになってしまいます。これに対応するにはSDカードを挿入して内部メモリとして認識させればよいのですが、スマホのエントリーからビギナーの人にそこまで要求することは酷な話で、いろいろなアプリダウンロードして楽しみたいと言う人よりは、プリインストールされているアプリで満足できる人向きの機種でしょう。

LUMIERE 503HW


今まで紹介した二台は国内メーカー製の端末でしたが、このLUMIERE 503HWは中国のHUAWEI製のスマホになります。
この機種のワイモバイルのキャッチフレーズは「ストレスフリーの高性能とスリムボディー」とされていますが、5インチディスプレイのスマホの中では薄型の部類に入り、見た目もなかなか上質でおしゃれな機種になります。

スペック

サイズ W71XH143XD7.7mm
重さ 131g
連続通話時間 750分
連続待受時間 4G460時間、3G590時間
バッテリー容量 2200mAh
充電時間 180分
OS Android5.0
CPU Kirin620 1.2GHz
ROM/RAM容量 16GB/2GB
外部メモリ容量 最大32GB
ディスプレイサイズ 5.0インチ
ディスプレイ解像度 1280X720
カメラ画素数(メイン) 1300万
カメラ画素数(サブ) 500万

LUMIERE 503HWのスペックは上の通りですが、5インチディスプレイでバッテリー容量が2200mAhなのが気になるところですが、CPUがオクタコアなので消費電力の制御はそれなりに対策が取られています。
カメラの画素数も1300万画素あり、スペック上では大手キャリアで販売されているスマホと遜色ありません。

デザイン

液晶サイズが5インチ以上のスマホはデザインによっては片手操作が難しかったり、持ちにくさを感じたりすることがありますが、薄さに拘ったデザインと本体背面のヘアライン加工により、手に持った時に持ちやすく、滑らないデザインとなっています。
5インチディスプレイのスマホですが、女性の手でも持ちにくさは感じないデザインになっています。
本体カラーはゴールド、ブラック、ホワイトの3色展開です。

 3-3.機能

海外製のスマホですから、国産スマホに標準で搭載されている機能はありません。おサイフケータイ、防水・防塵機能、ワンセグの機能は搭載されていませんので、注意しましょう。
薄型のスマホですが、サウンド機能は高性能のモバイルスピーカーを搭載しており、他の機種に引けを取ることはありません。
カメラはパノラマ撮影や、ナイトモードが自動で設定される機能、補正機能などもあって写真や動画を十分に楽しめる機種になっています。

その他のおすすめポイント

CPUにクアッドコアが搭載されていますから、複数のアプリ、タスクを同時に起動しても十分なパワーがあり、メールとインターネットの同時立ち上げなども気にすることなく行うことができます。

LUMIERE 503HWはこんな人におすすめ

LUMIERE 503は価格帯からはミッドレンジに分類される機種で、スタイリッシュな外観が特徴の端末ですから、分厚いスマホや片手操作が不可能なファブレットに近いサイズはイヤだと言う人、ポケットなどに入れた場合の収納性を重視する方にはおすすめできます。
ただしCPUがオクタコアだと言っても、バッテリー容量は決して十分な容量とは言えませんからバッテリーのスタミナを重視する場合には不向きと言えます。

Nexus 5X


NEXUS 5Xも海外製スマホで、韓国のLG社製のスマホとなります。
韓国メーカー製とは言っても、Googleが全面的に関与して製造された「Googleフォン」ですから、機能面ではGoogleのお墨付きです。また初めに紹介したAndroid Oneと同じ位置づけになる端末です。
NEXUSシリーズの最新機種、NEXUS 6が大手通信キャリアから販売されていますが、残念なことにサイズが6インチとかなり大型化してしまい、スマホと言うよりはファブレット端末に近い形状になってしまいました。
スマホに携帯性を求めるのであれば、NEXES 6ではなく、NEXUS 5を選択することが賢明と言えます。

スペック

サイズ W73XH147XD7.9mm
重さ 136g
連続通話時間 1200分
連続待受時間 4G420時間、3G460時間
バッテリー容量 2700mAh
充電時間 150分
OS Android7.0
CPU MSN8992 1.8GHz+1.4GHz
ROM/RAM容量 16GB・32GB/2GB
外部メモリ容量
ディスプレイサイズ 5.2インチ
ディスプレイ解像度 1920X1080
カメラ画素数(メイン) 1230万
カメラ画素数(サブ) 500万

NEXUS 5のスペックは上記の通りですが、iPhoneと同じように本体にデータを収納して行きますので、本体のメモリ容量の管理に気を付ける必要があります。
何でも落として落としっ放しにせずに、不要なデータは消去するか、PCなどの外部媒体に随時移管する必要があります。
本体の容量は16GB、32GBの二種類がありますから、大量の動画や写真を貯めこまない限りは問題ありませんが、写真や動画をよく撮る人はこまめなメンテナンスを心がけて下さい。
カメラ機能も画素数は1230万と十分以上の性能ですから、ついつい写真を撮影して本体に貯めこんでしまうことが多いと思いますので、ご注意ください。
CPUはヘキサコア搭載でパワーは必要十分ですが、バッテリー容量は標準よりやや大きい程度なので、スタミナ十分とは言えません。

デザイン

5インチを超えるディスプレイサイズですが、丸みを持たせたデザインで大型液晶スマホの割には手に馴染むデザインとなっています。
また軽量化を図るために本体全体がプラスチック構造で仕上げられています。背面もプラスチック仕上げになっていますから、ボディカラーが明るい色の場合は汚れが付くことがあります。こまめに汚れをふき取るか汚れの目立たない色を選択するかのいずれかが必要と考えます。
本体のカラーは、ブルー、ブラック、ホワイトの3色展開です。

機能

Google フォンですから、常に最新のGoogle系のアプリを使用することができます。OSも最新のAndroid7.0が使用できます。
Google系のアプリであれば購入して初期設定さえ済ませれば、いちいち探してダウンロード、インストールする手間をかけずに即座に使用することができます。
バッテリーの持ちは良い方ではありませんが、急速充電が可能なので余り気にすることなく使用ができます。
海外製のスマホですから、この機種も防水・防塵、おサイフケータイ、ワンセグ機能は搭載されていません。

その他のおすすめポイント

背面に指紋認証センサーを搭載しており、ワイモバイルの端末ラインアップでこの機能があるのはNEXUS 5だけになります。
プライバシーを重視する方やiPhoneで指紋認証の便利さにはまってしまったユーザーにはうれしい機能です。
価格は16GBモデルで5万円台、32GBモデルで6万円台とワイモバイルのスマホの中では高価格帯に入りますが、Android Oneと同様にGoogleが前面監修したスマホですから、安心して使用することができる機種と言えます。

Nexus 5Xはこんな人におすすめ

Android OneとNEXUS 5だけがGoogleスマホになりますから、最新のAndroid OSとGoogleアプリを使用したいと思う方にはおすすめできる機種です。
またGoogleスマホに興味はあるが、NEXUS 6の大きなサイズに抵抗感がある方や片手持ちに拘る方は、NEXUS6よりもNEXUS5の方がおすすめです。
Android Oneと同様にプリインストールされているアプリはGoogle系の物がメインですから、自分に必要なアプリは自分で探してカスタマイズする必要がありますので、ビギナーよりも中級者から上の人に向いた機種と言えます。

DIGNO C 404KC


最後にご紹介するのは、国産スマホの京セラ製、DIGNO 404KCです。
ワイモバイル上では「安心の耐久性でシーンを問わずアクティブに」使用できるスマホとされています。
国産スマホですから、防水・防塵機能は当たり前のように搭載されていますが、DIGNO Eと同様に耐衝撃性能にも拘った一台で、タフな使用に十分耐えうる機種と言えるでしょう。

スペック

サイズ W73XH144XD10.8mm
重さ 146g
連続通話時間 1290分
連続待受時間 4G640時間、3G880時間
バッテリー容量 2300mAh
充電時間 180分
OS Android4.4
CPU MSM8916 1.2GHz
ROM/RAM容量 8GB/1GB
外部メモリ容量 最大32GB
ディスプレイサイズ 5.0インチ
ディスプレイ解像度 960X540
カメラ画素数(メイン) 500万
カメラ画素数(サブ) 200万

5インチディスプレイのスマホですが、DIGNO Eと比較するとディスプレイ解像度の低さ、カメラ画素数の低さが目につきます。またRAM容量も大きいとは言えないのでプリインストールされているアプリの中で不要な物を削除するなど一手間かける必要があります。
スマホ初心者レベルの使い方であれば十分なスペックですが、自分でアプリを落として自分好みにカスタマイズしたい人には少々厳しいスペックと言えます。

デザイン

DIGNO Eと同様に全体的に丸みを帯びたデザインで、手には馴染みますが本体の厚みがあるので、DIGNO Eと比較するとやや持ちにくく、ポケットなどに入れた少々嵩張る感じを覚えるでしょう。
本体のカラーは、ブラックとホワイトの2色展開です。

機能

タフな使用を前提として設計されているため、十分な防水性能があり、汚れた場合などには本体丸洗いで汚れを落とすことができます。
またディスプレイが濡れた状況でも問題なく動作することができますから、お風呂スマホや水辺での使用にも支障がありません。
耐衝撃性能はアメリカ国防総省の耐落下衝撃規格に準拠しており、手が滑って地面に落とした程度では動作に問題は生じません。

その他のおすすめポイント

ホーム画面はシンプルで見ただけでわかりやすく、スマホ初心者でも直観的に操作をすることができます。またガラケーに慣れ親しんだ人にはうれしいガラケーと同じ9分割表示のメニューもあり、ガラケーから初めてスマホに乗り換えた人でも違和感なく操作をすることができます。
カメラの画素数は低いですが、手ぶれ補正機能、フルハイビジョン動画撮影機能が搭載されており、写真、動画撮影を気軽に楽しむことができます。

DIGNO C 404KCはこんな人におすすめ

スペックは高いとは言えませんので、スマホのユーザーレベルが中級以上の方にはおすすめできません。
初めてスマホを使う方や、ガラケーの使用に慣れていて初めてスマホに乗り換えた方、タフな環境で通話・メールと言った基本機能を中心に使いたい方にはおすすめできる機種です。

まとめ

ワイモバイルのスマホは、ここで紹介した5機種の他に「NEXUS 6」、「AQUOS CRYSTAL」などがありますが、これらの機種は大手通信キャリアからも販売されていますので、除外しました。
またiPhoneについては、iPhone5sのみがワイボバイルで販売されています。数年前の機種とは言え、今でも十分使用に耐えうるスペックと片手で楽々操作ができるコンパクトさがあります。iPhone6以降のサイズの大きなiPhoneに抵抗のある方にはうれしいラインアップです。
大手通信キャリアの場合は新しいiPhoneが発売されると、それ以前の古い機種は販売を中止してしまいますから、購入したいと思っても手に入れることができません。
手に入れようと思ったら、中古販売業者に頼るしかなかったのですが、ワイモバイルで購入すると言う選択肢が増えたことになります。
またワイモバイルでは端末のアウトレットセールが開催されることがありますから、タイミングが合えば通常よりもはるかにお得な価格で端末を購入することができます。
大手通信キャリアと同じように、割引キャンペーンやデータ増量キャンペーンなども随時開催されていて、他通信キャリアと比べて見劣りすることはありません。
スマホの選択肢は、ドコモ、au、ソフトバンクの3つしかないと思わず、ワイモバイルも選択肢に入れてみることをおすすめします。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧