PR

ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する方法|料金はいくら?

ワイモバイルアイフォン

毎月の通信費を安く抑えたいなら、格安SIMへの乗り換えがおすすめです。

格安SIMの中でもワイモバイルは、料金の安さに加えてショップ数も多いことから特に人気を集めています。

最近では通信費への関心も高く、大手キャリアから格安SIMに移行する人も多くなりました。

そこで今回は、ワイモバイルにiPhoneを持ち込んでお得で快適に利用する方法を紹介します。

ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する方法
  • 今使っているiPhoneをそのままワイモバイルに持ち込む
  • SIMフリーのiPhoneを購入してワイモバイルに持ち込む
  • 中古のiPhoneを購入してワイモバイルに持ち込む

画像引用元:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで

ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用する方法

ワイモバイル

画像引用元:オンラインストア|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

格安SIMといえば、大手キャリアと比べて月額料金が安く、大手キャリアと比較しても負けず劣らずのサポートサービスを提供しているワイモバイルが人気を集めています。

しかし、ワイモバイルを中心に格安SIMでは、取り扱い端末の種類が少ないというのが難点です。

特にiPhoneは型落ちのものが順次取り扱い端末として販売されていくので、最新機種の取り扱いはありません

現状ではワイモバイルの取り扱い端末の中で、最も新しいiPhoneはiPhone7です。

「iPhoneをワイモバイルで使いたいけど、今さらiPhone7を購入するのは・・・」と、思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そんな人にはiPhoneを持ち込んで利用するのがおすすめです。

持ち込みのiPhoneでワイモバイルの契約をすれば、自分の欲しいモデルのiPhoneを利用できます。

今回は、ワイモバイルで持ち込みのiPhoneを利用する方法を解説していきます。

まず前提として、ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用する方法は2種類あります。

1つは利用中のiPhoneを持ち込む方法と、もう1つは新しく購入したiPhoneを持ち込む方法です。

では、それぞれの方法について詳しく解説していきます。

利用中のiPhoneを持ち込んで利用する場合

まず、今現在利用しているiPhoneを持ち込んでワイモバイルを利用する方法について紹介します。

この場合、利用しているiPhoneがどこで購入したものかによって方法が変わってきます。

キャリアで購入したものの場合

1番多いのは、大手キャリアで購入したものであるケースでしょう。

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアで購入したスマホには、もれなくSIMロックがかけられています。

SIMロックというのは、販売したキャリアのSIMカード以外を認識しないようにかけられているロックのことで、これを解除しない限り他社の通信回線を利用することができません。

なので、大手キャリアで購入したiPhoneをワイモバイルで利用するには、まずこのSIMロックを解除する必要があります。

iPhoneを一括購入した場合には購入翌日から、分割購入や購入サポートなどの割引が適用されている場合は購入から101日目以降にSIMロック解除が可能となります。

SIMロック解除をするには?

SIMロック解除は各キャリアのポータルサイト(My docomo/My au/My Softbank)から可能です。

ポータルサイトからの解除では手数料もかからず、いつでもどこからでも手続きが可能なのでおすすめです。

ただし、修理や交換でIMEIが変更になっていたり、契約内容によってポータルサイトからのSIMロック解除ができない場合があります。

このような場合や、操作方法がわからない場合は各キャリアショップでSIMロック解除の手続きが必要になります。

キャリアショップでSIMロック解除をする場合には、手数料として3,000円かかります。

可能であれば、ポータルサイトからSIMロックの解除をするのが良いでしょう。

また、すべてのiPhoneでSIMロック解除ができるというわけではありません。

全キャリアがSIMロック解除に対応するようになったのは、2015年5月以降発売に端末に対してです。

iPhoneで言うと、iPhone6s以降がSIMロック解除に対応しているというわけです。

残念ながら、iPhone6などSIMロック解除対応前に発売された端末に関しては、SIMロック解除をすることはできずワイモバイルで利用することもできないので注意が必要です。

Apple Storeで購入したものの場合

Apple Storeで販売されているiPhoneには、キャリア版のようなSIMロックはかけられていません

そのため、基本的にはそのままワイモバイルに持ち込んでも使うことができます。

ただし、あまりにも古い機種だと電波形式が対応していないので使うことができません。

ワイモバイルで使うことができるのはiPhone5s以降の機種となります。

新しく購入したiPhoneを持ち込んで機種変更をする場合

続いて、新しく購入したiPhoneを持ち込んでワイモバイルで機種変更をする方法について見ていきましょう。

元々使っているiPhoneが古い機種で、ワイモバイルに変えるのと同時にiPhone XRやiPhone XS、iPhone 11などワイモバイルに取り扱いのない端末に変える場合におすすめの方法です。

多いのは、Apple Storeで購入してワイモバイル使うという方法になりますが、中古販売店で中古のiPhoneを購入して使うという方法もあります。

最近はスマホの中古市場も活発になっており、中古のiPhoneも簡単に手に入れることができるようになりました。

このため、比較的安価に入手できる中古端末を利用するという選択肢も増えました。

Apple Storeで新たに購入したiPhoneに関しては、SIMロック解除が必要なありません。

Apple Storeで現在発売しているiPhoneであれば、ワイモバイルで問題なく利用できます。

ですから、そのままワイモバイルに持ち込んで機種変更が出来ます。

それに対して、中古のiPhoneを購入した場合には、元々どこで購入されたものかを確認する必要があります。

中古端末購入時の注意点

中古のiPhoneの場合、Apple Storeで購入されたものもあれば、大手キャリアで購入されたものもあります。

Apple Storeで購入されたものなら、当然SIMロックはかかっていないのでなんら問題はありません。

大手キャリアで購入されたものの場合は、SIMロック解除がすでにされているものかどうかの確認が必要です。

もしSIMロック解除がされていない場合には、購入後に販売元のキャリアでSIMロック解除をしなくてはなりません

また、中古端末を購入する際には、もう1点確認しなくてはならないことがあります。

それは「ネットワーク利用制限」にかかっていないかどうかです。

ネットワーク利用制限とは、大手キャリアで購入されたスマホの分割支払金が支払われなかった場合などに、制限がかけられて一切の通信ができなくなる状態を言います。

ネットワーク利用制限がかけらた端末は、ワイモバイルはもちろんどこの通信会社でも使うことはできません。

ネットワーク利用制限はIMEIを使って、各キャリアの公式サイトから端末ごとに判定を調べることができます。

判定結果には3種類あります。

ネットワーク利用制限のステータス
  • ○:端末の代金が完済、問題なく通信できる状態
  • ▲:端末の残債が残っている、現状問題なく利用できるが未払いなどによって×になる可能性あり
  • ×:端末の残債が支払われていない、通信の制限がかけられて通信が使用不可

ネットワーク利用制限判定が×となっているものが販売されていることはほとんどありませんが、▲のものは販売されていることがあります。

▲はネットワーク利用制限によって使えなくなるというリスクがあるということを認識しておいたほうが良さそうです。

iPhoneの中古端末を購入する際には、ネットワーク利用制限の判定結果が○になっているものが望ましいでしょう。

ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用する時の手順

アイフォンとシムカード

ここまで説明してきたように、ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用するには、まずSIMロックがかかっていないiPhoneを用意する必要があります。

ワイモバイルで使うことのできるiPhoneを用意できたら、いよいよワイモバイルで機種変更の手続きを行なっていきます。

  1. iPhoneを購入する
  2. ワイモバイルで申し込み
  3. APN設定用の構成プロファイルをダウンロード
  4. 設定完了

上記の2と3について解説していきます。

ワイモバイルの申し込み手順

ワイモバイルの申し込みをする場所は、

  • 実店舗である、ワイモバイルショップ
  • ワイモバイルオンラインストア

があります。

しかし、待ち時間もなく24時間申し込み可能なワイモバイルオンラインストアがおすすめです。

ワイモバイルを申し込むにあたって、他社からの乗り換えの場合にはまず移転元の通信事業者にてMNP予約番号を発行する必要があります。

利用している通信事業者によって異なりますが、電話またはWEBから取得が可能です。

他社からの乗り換えならこのMNP予約番号を使って、ワイモバイルへの申し込みを行います。

新規契約なら、必要なく直接ワイモバイルの申し込みから行います。

ワイモバイルの申し込みをする場合には、

  • 端末同時購入
  • SIMのみ契約

の2パターンがあります。

今回のように持ち込みのiPhoneでワイモバイルを利用する場合には、「SIMのみ」の契約となります。

ショップでもオンラインストアでも、同じように加入審査があり審査に問題がなければ、ワイモバイルへの申し込みは完了し、SIMカードが発行されます。

ショップでの申し込みならその場でSIMカードが発行され、オンラインストアでの申し込みなら後日SIMカードが送られてきます。

これでワイモバイルの申し込みは完了となります。

APN設定用の構成プロファイルをダウンロードする

ワイモバイルの申し込みが完了したら、今度は手元のiPhoneをワイモバイルSIMが使える状態にするため設定をしていきます。

これはApple Storeで販売されているSIMフリー版のiPhoneも、大手キャリアから販売されたiPhoneをSIMロック解除して利用する場合も必要となります。

構成プロファイルに関しては、ワイモバイル公式サイトから簡単にダウンロードすることができます。

ワイモバイルで利用するiPhoneでSafariから、「ワイモバイル iPhone プロファイル」で検索するとすぐにダウンロードページを見つけることができます。

iPhoneの場合は、この構成プロファイルをダウンロードするだけでAPN設定は完了となります。

これで持ち込みのiPhoneがワイモバイルで使うことのできる状態になります。

構成プロファイルはWi-Fi環境下でダウンロードが○

この時に注意しなくてはならないのが、構成プロファイルをダウンロードする時にはiPhoneがネットワークに接続できる環境が必要となります。

Wi-Fiあるいはモバイルデータ通信でインターネットに接続できないと、構成プロファイルはダウンロードできません。

自宅にWi-Fi環境があれば、Wi-Fiを使ってダウンロードすれば良いのであまり気にする必要はないでしょう。

Wi-Fi環境がない場合はワイモバイルへの転入が完了する前に、元の通信事業者の回線でモバイルデータ通信を使って事前に構成プロファイルをダウンロードしておく必要があります。

ワイモバイルにiPhoneを持ち込みで利用する時の料金

電卓とペン
iPhoneをワイモバイルに持ち込みして利用する場合の料金はいくらかかるのでしょうか。

この時にかかるのは、初期費用と毎月かかる月額料金の2種類があります。

初期費用

初期費用としては、事務手数料の3,000円が必ず発生します。

持ち込みのiPhoneに機種変更する場合にワイモバイル側でかかる料金はこれだけです。

他社からの乗り換えの場合は、転出元での転出手数料がかかります。

またタイミングによっては契約解除料金がかかる場合もあるので、移転元でかかる費用についてはそれぞれの事業者で事前に確認しておきましょう。

月額料金

ワイモバイルに乗り換える人のほとんどは、月額料金を安くしたいということが理由でしょう。

格安SIMのワイモバイルは、通信費の節約に関心のある人にとって1番に候補に上がる通信事業者です。

ワイモバイルは、2019年10月1日から新しい料金プランが提供されます。

今回は新しい料金プランの内容を踏まえてワイモバイルの月額料金について簡単に解説をします。

従来のワイモバイルの「スマホプランS/M/L」は2019年9月30日をもって受付終了となります。

10月1日からは元々ワイモバイルの年契約の縛りがない料金プランの「スマホベーシックプラン」に料金変更を加えた「スマホベーシックプランS/M/R」の受付が開始されます。

スマホベーシックプランの料金体系は以下の通りです。

スマホベーシックプラン S M R
基本料金 2,680円 3,680円 4,680円
おうち割光セット適用時 2,180円 3,180円 4,180円
新規割適用時(6ヶ月間) 1,480円 2,480円 3,480円
データ通信量
(データ増量キャンペーン/2年間)
3GB 9GB 13GB

スマホベーシックプランで提供されている2種類の料金割引の「おうち割光セット」と「新規割」はどちらも、持ち込みでの契約(SIMのみ契約)でも適用されます。

例えば、iPhoneを持ち込みでスマホベーシックプランSで契約する場合、おうち割光セットや家族割の適用がなければ、6ヶ月間は「新規割」適用で1,980円、それ以降は2,780円となります。

自宅にソフトバンク光などおうち割光セットの対象回線があって割引が適用できる場合、月額料金から永年500円の割引が適用されます。

この場合、6ヶ月間は「新規割」適用で1,480円、それ以降は2,180円となります。

今までの2年契約のような契約期間の縛りはありませんので、契約後途中解約をしても契約解除料金がかかる心配のない料金プランとなっています。

従来の料金プランと比較をしても、全体的に値下げされており今まで以上にお得にワイモバイルに乗り換えることができるようになりました。

ワイモバイルにiPhoneを持ち込んでお得に利用!

アイフォンイレブン

画像引用元:iPhone 11 Pro – 仕様 – Apple(日本)

ワイモバイルにiPhoneを持ち込んで利用をすると、大きなメリットがあります。

ワイモバイルに持ち込みのiPhoneで機種変更をするメリット
  • ワイモバイルでは取り扱いのないiPhoneも使える
  • これまで使ってたiPhoneを持ち込んで月額料金を安くできる
  • ワイモバイルオンラインストアを使えば手続きも簡単

格安SIMのワイモバイルでは、新型のiPhoneの取り扱いがないため大手キャリアを使っているという人も少なくはないでしょう。

格安SIMならではの弱点も持ち込みで一発解決です。

最新機種であるiPhone11も購入後にワイモバイルに変更すれば格安料金で運用することができます。

法律や関係省令などの変更による、2年契約の見直しなどで、はるかに乗り換えのハードルも下がりました。

最新のiPhone11の購入を検討している人も、通信料金に関心があるなら是非一度ワイモバイルでの持ち込み契約を検討してみてはどうでしょうか。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧