誰もが失敗してしまうワイモバイルの選び方とその対策法


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

smartphone-564152_640

イー・アクセスとウェルコムが合併してできたワイモバイルですが、これまでの携帯キャリア大手であるdocomoやau、Softbankとは異なる料金プランやサービスを展開しています。

スマホが半額で使えるということもあり興味を持っている方もいらしゃるのではないでしょうか。

プランはスマホプランS/M/Lの3つでとてもシンプル。

無料で通話できるなどメリットがたくさんありますが、後々こんなはずじゃなっかったということにならない様に、ワイモバイルを選択するうえで失敗しないための注意点と対策方法について紹介します。

ワイモバイルへの乗り換えを検討している方は是非参考にしてみてください。
また、ワイモバイルへ乗り換える場合は、店頭ではなく、ワイモバイル直営の『Y!mobile Online Shop』を利用することで、より賢くお得に乗り換えることができます。

いつまでも同じ料金ではない

ワイモバイルはスマホプランS/M/Lの3つのプランで展開しています。

1カ月あたりのデータ使用量により以下のようになっています。

スマホプランS:高速データ通信容量1GB 2,980円/月

スマホプランM:高速データ通信容量3GB 3,980円/月

スマホプランL:高速データ通信容量7GB 5,980円/月

ここに記載されている料金は「スマホプラン割引」が適用された料金となります。

スマホプラン割引の内容はスマホプランにご加入いただいた際に、ご利用開始月より25か月間に限り基本使用料から最大1,080円(税抜1,000円)割引き、ということになっています。

具体的にはスマホプランSを申込むと最初の2年間は2,980円ですが、3年目に入ると3,980円になってしまいます。

最初の2年のみ安い金額で運用し、2年契約の更新のタイミングで他社へ乗り換える、あるいはMVNOなどの格安SIMでの運用に切り替えるなど、2年先の運用方法をある程度考えておく必要があります。

 

全ての人が安くなるわけではない


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない