格安SIM

誰もが失敗してしまうワイモバイルの選び方とその対策法

smartphone-564152_640
イー・アクセスとウェルコムが合併してできたワイモバイルですが、これまでの携帯キャリア大手であるdocomoやau、Softbankとは異なる料金プランやサービスを展開しています。
スマホが半額で使えるということもあり興味を持っている方もいらしゃるのではないでしょうか。
プランはスマホプランS/M/Lの3つでとてもシンプル。
無料で通話できるなどメリットがたくさんありますが、後々こんなはずじゃなっかったということにならない様に、ワイモバイルを選択するうえで失敗しないための注意点と対策方法について紹介します。
ワイモバイルへの乗り換えを検討している方は是非参考にしてみてください。
また、ワイモバイルへ乗り換える場合は、店頭ではなく、ワイモバイル直営の『Y!mobile Online Shop』を利用することで、より賢くお得に乗り換えることができます。

いつまでも同じ料金ではない

ワイモバイルはスマホプランS/M/Lの3つのプランで展開しています。
1カ月あたりのデータ使用量により以下のようになっています。
スマホプランS:高速データ通信容量1GB 2,980円/月
スマホプランM:高速データ通信容量3GB 3,980円/月
スマホプランL:高速データ通信容量7GB 5,980円/月
ここに記載されている料金は「スマホプラン割引」が適用された料金となります。
スマホプラン割引の内容はスマホプランにご加入いただいた際に、ご利用開始月より25か月間に限り基本使用料から最大1,080円(税抜1,000円)割引き、ということになっています。
具体的にはスマホプランSを申込むと最初の2年間は2,980円ですが、3年目に入ると3,980円になってしまいます。
最初の2年のみ安い金額で運用し、2年契約の更新のタイミングで他社へ乗り換える、あるいはMVNOなどの格安SIMでの運用に切り替えるなど、2年先の運用方法をある程度考えておく必要があります。
 

全ての人が安くなるわけではない

LIG_konoapuritukaenai500
スマホプラン割引の説明欄を確認すると以下の項目があります。
ソフトバンクモバイルからの番号移行、またはディズニーモバイル・オン・ソフトバンクから乗り換えのお客様はご利用開始月から4,298円(税抜3,980円)となります。
ヤフーと提携していることもあり、系列会社であるソフトバンクの契約を持っていかれたくないということでしょう。
残念ながら現在ソフトバンクの携帯電話をご利用中の方がMNPでワイモバイルに変更しても表示されている通りの料金とはなりません。
スマホプランSを選択したとしても3,980円となりますので注意が必要です。
ここをよく確認せずにソフトバンクでMNPの手続きをしてしまうと後で後悔してしまうことになりかねませんのでご注意ください。
 

通話は無制限に0円ではない

ワイモバイルのスマホプランには「通話無料サービス」が含まれていますが、この通話無料サービスの詳細は以下のようになっております。
他社のスマホやケータイへ。自宅・会社の固定電話へも。
1回あたり10分以内の国内通話が、すべて0円。(月300回まで)
1回あたりの通話が10分を超えた場合、10分超過分について20円/30秒の料金がかかります。
また、月に300回を超える通話をした場合にも、301回目の通話以降は20円/30秒の料金がかかります。
携帯電話の大手キャリアであるdocomoやau、Softbankで取り扱っている通話定額プランとは異なりますのでここを理解したうえで契約しなければ、通話料金が大変なことになってしまう可能性もあります。
もし、仕事などの利用をお考えで10分以上の通話や月に300回を超える通話を行う可能性がある場合には「スーパーだれとでも定額」のオプションを付加することで一回あたりの通話時間や一カ月の回数が無制限となり、国内通話がかけ放題の完全定額になります。
 
ワイモバイルへの乗り換えを検討している方は是非参考にしてみてください。
また、ワイモバイルへ乗り換える場合は、店頭ではなく、ワイモバイル直営の『Y!mobile Online Shop』を利用することで、より賢くお得に乗り換えることができます。

端末料金は一括または分割で支払わなければならない

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-0I9A350615032140wakaranai (1)

ワイモバイルはスマホプランの料金は通信料のみで、実際に契約するためには対象の端末の料金を契約時に一括で支払うか分割で支払う必要があります。
以下はNexus6をスマホプランSで新規契約にした場合とMNPで契約した場合の機種代を含めた金額です。

Nexus6を新規契約で一括購入した場合

●スマホプランS
端末代金:51,948円(購入時一括支払い)
スマホプランS:3,218円/月
合計:3,218円/月

Nexus6を新規契約で分割(24回払い)購入した場合

●スマホプランS
スマホプランS:3,218円/月
分割支払金:2,160円/月
月額割引:-540円/月
ワンキュッパ割:-1,080円/月(12ヶ月間)
合計:3,758円/月

Nexus6を他社からのりかえ(MNP)で一括購入した場合

●スマホプランS
端末代金:51,948円(購入時一括支払い)
スマホプランS:3,218円/月
月額割引:-1,080円
ワンキュッパ割:-1,080円/月(12ヶ月間)
合計:1,058円/月

Nexus6を他社からのりかえ(MNP)で分割(24回払い)購入した場合

●スマホプランS
スマホプランS:3,218円/月
分割支払金:2,160円/月
月額割引:-1,080円
ワンキュッパ割:-1,080円/月(12ヶ月間)
合計:3,218円/月
基本的に端末代金は月々の支払額に上乗せになりますが、MNPと一括払いをうまく利用することで割引額の分、月々の支払額を安く抑えるという方法もあります。
ワイモバイルへの乗り換えを検討している方は是非参考にしてみてください。
また、ワイモバイルへ乗り換える場合は、店頭ではなく、ワイモバイル直営の『Y!mobile Online Shop』を利用することで、より賢くお得に乗り換えることができます。

まとめ

TAKA160421400I9A2651_TP_V

ここまでワイモバイルを検討する際に失敗しがちな項目をピックアップしてみましたが、決して悪いサービスというわけではありません。
従来の携帯キャリアに慣れてしまい、なんとなくこうだろうと思っていると詳細が若干異なっている部分もあります。
その違いを踏まえたうえで契約するととても安く快適に使うことができるのではないでしょうか。
現在docomoやauをお使いの方はMNPの割引も大変大きいため、端末一括払いなどと併用することで月々の支払を大幅に安くすることも可能になります。
通話の利用頻度やデータの通信料を確認し、プランを選択してみると現在よりも通信費を抑えられる方も多いと思いますので、ここで紹介した内容を参考に検討いただけたらと思います。
ワイモバイルへの乗り換えを検討している方は是非参考にしてみてください。
また、ワイモバイルへ乗り換える場合は、店頭ではなく、ワイモバイル直営の『Y!mobile Online Shop』を利用することで、より賢くお得に乗り換えることができます。

関連記事

すぐ行こう!格安スマホを提供する良心的なスマホ会社TOP3
選ぶべきはこれ!人気急上昇中の格安スマホ徹底比較
格安SIMカート?って本当にお得?
格安SIM探し、SIMを取り替える時は5つの失敗に注意!
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧