中古スマホを買うならどれ?全キャリアおすすめランキング


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

usedsmartphone-ranking-768x512

スマホの高性能化によって、最新スマホの機種代金は年々高くなってきました。最新のiPhone XのSIMフリー版やキャリアの一括払いでは、10万円以上かかります。一方、格安SIMで取り扱うスマホは、低価格で性能が低いものも多い状況です。

こうしたことから、iPhoneやXperiaなど、有名どころの機種を使いたい方は中古を買うことが多くなってきました。

そこで今回は中古スマホの注意点と、各キャリアのおすすめ中古スマホをランキング形式で紹介します。安くいい機種を使いたい方はぜひ参考にしてください。

なお、ドコモ利用中かつ故障が原因で中古スマホを探している方は、dカードGOLDに加入して補償を使う方がお得なケースが多いです。詳しくは「スマホの画面が割れた!反応しない端末を修理に出してみた。ドコモ・au編」で解説しているのでチェックしてください。

ドコモ の中古スマホランキングはこちら
au の中古スマホランキングはこちら
ソフトバンクの中古スマホランキングはこちら

1 中古スマホを購入する時の注意点をおさらい

usedsp-chuuiten-300x194

初めて中古スマホを購入する方は、次のことに注意が必要です。

  • 多少の傷がある可能性
  • SIMロック中の中古スマホは他社のSIMが使えない
  • 端末代金が残っている中古スマホは利用制限の可能性がある

たとえ安く購入できたとしても、SIMロックや利用制限にかかってしまうと購入金額が丸ごと損になってしまいます。まずは中古スマホの注意点をしっかりチェックしてください。

1-1 多少の傷がある可能性

53246727eca5f287d30f2ac6c4312b28_s-300x214

当然のことですが、中古スマホは前の所有者がある程度利用しています。そのため、中古スマホの販売業者は独自に「S、A、B、C」でランク付けし、次のような基準になっています。

  • S:未開封もしくは未使用
  • A:使用済みだがかなりキレイ
  • B:ある程度使い込まれ傷などがある
  • C:落ちない汚れや大きな傷がある

つまり、Aランク以下は使用済み端末なので、美品であっても多少の生活傷があると考えて購入するべきでしょう。

1-2 SIMロック中の中古は他社SIM利用不可

smartphone-1284501_1280-300x200

ドコモやau、ソフトバンクなどが取り扱う中古スマホは、基本的に「SIMロック」がかかっています。

SIMロックとは、販売したキャリア以外のSIMカードを入れても認識しないようにする機能です。2015年5月以降のモデルはSIMロック解除が義務付けられていますが、初めからSIMロックが外れている訳ではありません。さらに、通常はSIMロック解除手続きは購入した人が申請する必要があります。

つまり、中古スマホとして購入した場合はSIMロックができないということです。販売時にどのキャリアが販売したモデルか明記されているので、使いたいSIMカードと同じキャリアのスマホかSIMフリーモデルを選ぶようにしましょう。

なお、格安SIMを利用する場合も、格安SIM事業者が回線を借りているキャリアを確認する必要があります。

【主要な格安SIMの対応キャリア】

  • UQ mobile : au
  • mineo :ドコモ / au
  • U-mobile :ドコモ / au
  • IIJ mio:ドコモ / au
  • DMM mobile :ドコモ
  • b-mobile:ドコモ / softbank
  • 楽天モバイル:ドコモ
  • Y!mobileは独自回線のためY!mobile販売端末かSIMフリー

1-3 端末代金が残っている中古スマホは利用制限の可能性がある

saya160312050i9a3455_tp_v4-300x197

中古スマホで一番怖いのが、購入した人が料金を滞納した場合です。各スマホキャリアは、購入者の料金未払いが続くと「ネットワーク利用制限」をかけます。このネットワーク利用制限がかかったスマホは、どのキャリアのSIMカードを入れても一切通信できないようにロックがかけられてしまいます。

利用制限に関するトラブルが増えているので、最近では中古スマホの販売者がネットワーク利用制限がかかったら交換や返金対応してくれるところが増えています。必ず利用可能なスマホだと保証しているお店で購入しましょう。

ちなみに、各キャリアのWebサイトでネットワーク利用制限がかかっているか確認できます。確認には製造番号(IMEI)が必要なのでネット通販では確認できませんが、お店で購入する場合には店員さんにお願いすれば確認できます。

  • ドコモ端末のネットワーク利用制限確認サイトはこちら
  • au端末のネットワーク利用制限確認サイトはこちら
  • ソフトバンク端末のネットワーク利用制限確認サイトはこちら

ここまでの注意事項に問題がなければ、中古スマホでスマホ代を大幅に節約することができます。この先のおすすめ中古スマホランキングはキャリア毎に分けているので、ご利用のキャリアに対応したランキングをチェックしてください。

ドコモ / ドコモ回線の格安SIMで使える中古スマホランキングはこちら
au / au回線の格安SIMで使える中古スマホランキングはこちら
ソフトバンク / ソフトバンク回線の格安SIMで使える中古スマホランキングはこちら


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない