スマホの料金・価格を徹底比較!携帯料金を最も安くする方法とは?


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

iPhone7も実質0円、学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んでケータイ番号だけ入力し、料金プランなどを確認してみてください(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

euro-870754_1280

スマホ利用者の1ヶ月あたりの利用料金は8,000円から10,000円程度と言われており、スマホを利用されている方の多くはこの利用料金が高いと感じているのではないでしょうか。

また、現在ガラケーを利用されている方もスマホの便利さは理解しつつも、利用料金の高さがネックになりガラーからスマホへの乗り換えることに、二の足を踏んでいると言う方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、スマホの料金や価格を徹底比較することで携帯料金を最も安くする方法を探って行きます。現在スマホを利用していて料金が高いと感じている方や、ガラケーからスマホへの乗り換えを検討しつつも料金の高さから踏み切れずにいるという方は是非参考にしていただけたらと思います。

 

 

1.スマホの料金の構造を理解する

electrician-1080554_1280

まずはスマホの料金の仕組みがどのようになっているのかを理解したうえで、どのような方法で安くするのかを検討してみます。

以下は多くの方が利用している国内の携帯電話キャリアである、ドコモ、au、ソフトバンクの料金の仕組みになります。

 

1-1.ドコモの料金プラン

image2

音声通話
プラン種別 プラン名称 基本料金 通話料金
通話定額プラン カケホーダイプラン 2,700円
通話定額ライトプラン カケホーダイライトプラン 1,700円 20円/30秒
(1回あたりの通話5分超過分)

インタネット接続料
サービス名称 料金
 SPモード 300円

データ通信
プラン名称 データ通信容量 料金
データSパック 2GB 3,500円
データMパック 5GB 5,000円
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円

 

 

 

2-2.auの料金プラン

gnav_logo

音声通話
プラン種別 プラン名称 基本料金 通話料金
通話定額プラン カケホ 2,700円
通話定額ライトプラン スーパーカケホ 1,700円 20円/30秒
(1回あたりの通話5分超過分)
非定額プラン LTEプラン 934円 20円/30秒

インタネット接続料
サービス名称 料金
 LTEプラン 300円

データ通信
プラン名称 データ通信容量 料金
データ定額1 1GB 2,900円
データ定額2 2GB 3,500円
データ定額3 3GB 4,200円
データ定額5 5GB 5,000円
データ定額20 20GB 6,000円
データ定額30 30GB 8,000円
LTEフラット 7GB 5,700

※LTEフラットはLTEプランでのみ選択可能です。

 

3-3.ソフトバンクの料金プラン

logo-2015-rf2

音声通話
プラン種別 プラン名称 基本料金 通話料金
通話定額プラン スマ放題 2,700円
通話定額ライトプラン スマ放題ライト 1,700円 20円/30秒
(1回あたりの通話5分超過分)
非定額プラン ホワイトプラン 934円 20円/30秒

インタネット接続料
サービス名称 料金
ウェブ使用料 300円

データ通信
プラン名称 データ通信容量 料金
データ定額ミニ 1GB 1GB 2,900円
データ定額ミニ 2GB 2GB 3,500円
データ定額 5GB 5GB 5,000円
データ定額 20GB 20GB 6,000円
データ定額 30GB 30GB 8,000円
パケットし放題フラット for 4G 7GB 5,700

※パケットし放題フラット for 4Gはホワイトプランでのみ選択可能です。

 

携帯電話大手キャリア3社ともに「音声通話+インターネット接続料+データ通信」という構造になっています。

通話料金が完全に定額となる「通話定額プラン」と5分までの通話が定額となる「通話定額ライトプラン」が共通で選択可能でありauとソフトバンクでは通話が定額とならない非定額プランが選択可能になっています。非定額プランの特徴としては同じキャリア間の通話が1時から21時までが無料になるというというものがあります。

インターネット接続料は必須のため省くことはできませんが、音声通話の料金とデータ通信料金そして、端末代金それぞれをどのように安くするかがポイントになってきます。以下ではそれぞれの項目について料金を安くするための方法を紹介して行きます。

 

 

2.音声通話部分で料金を安くするには

girl-1245713_1280

スマホの料金の基本契約部分となる音声通話プランですが、音声通話をどれぐらい利用するかによりプランを選択することになります。

 

2-1.基本料金と通話料金で判断する

通話定額プランの場合には、スマホからスマホの他、固定電話への通話も完全に定額となるため使いすぎて料金が高くなるということはありません。しかし、中には音声通話をほとんど利用しないという方もいらっしゃるでしょう。

通話定額プランは3社ともに2,700円、通話定額ライトプランは1,700円となっています。料金の差は1,000円となっています。通話定額ライトプランの場合には1回あたりの通話時間が5分を超えた場合には、20円/30秒の料金が発生します。この料金の差を通話単価で考えると25分ということになります。

そのため、音声通話の頻度が高く5分を超える可能性が高いという方の場合には通話定額プランがお得ということになりますが、音声通話の時間が5分以内で終わることが多く、1ヶ月あたり5分を超える通話の総時間が25分以内である場合には通話定額ライトプランを選択したほうがお得ということになります。

そして、auとソフトバンクで選択が可能な非定額プランの基本料金は934円となっており、通話定額ライトプランの1,700円と比較すると766円安いプランになっています。単純に料金さを時間に置き換えて考えると19.15分の差ということになります。

待ち受けがメインであり、発信する頻度が低く1ヶ月あたりの総通話時間が19分に満たないという場合には通話定額ライトプランよりも非定額プランを選択したほうがお得になります。

 

2-2.アプリで音声通話料金を安く

ここまでは、利用状況に合わせた料金プランを選択することでスマホの利用料を安くする方法を紹介してきましたが、アプリ通話を利用することで音声通話に利用時間を抑えることも可能になります。以下はスマホで通話をすることができる主なアプリになります。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない