高い料金でお悩み?!あなたの知らないスマホ節約術5選


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

月々のスマホ料金の明細を見て「高いなぁ……」とため息をつかれたことはありませんか?私もその1人です。

ガラケーの頃は5000円もしなかった月額料金が、今では10000円違いことも珍しくありません。

できればこうした出費は抑えたいところですが、どう対策をとればいいのか、悩んでしまうもの。

そこで少しでもスマホの月額料金を抑えるためにも、その節約術となるポイントを5つまとめてみました。

1.通話料金のプランを見直す

1

月の通話時間はそんなにないのに、カケホーダイプランにしていませんか?あるいは逆に、月に何時間と通話をするのに、カケホーダイプランに入っていない、ということはありませんか?

通話料金のプランは、1番見直しやすいポイントです。

各キャリアでは、webで今までの仕様履歴から簡単におすすめプランを診断してくれるサービスがあります。ぜひ活用してみて下さい。

もし、毎月50分以上の通話をしている、という場合でしたらカケホーダイプランに入ってしまった方が断然お得です。電話料金はかけた分だけお金がかかります。当たり前のことですが、意外と忘れがちです。

今一度、ご自身の通話時間をチェックして、プランを見直してみましょう。

また、50分以内という人はカケホーダイプランを使用せず、LINEやSkypeなどの無料通話アプリで通話料金を抑えるようにしましょう。

詳細は以下を御覧ください。

ドコモ……料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」→ https://www.nttdocomo.co.jp/charge/new_plan/

au……スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)→ http://www.au.kddi.com/mobile/charge/pr/

ソフトバンク……スマ放題ライト→ http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/sumahodai/

2.「家族間」での割引を利用する

family

家族で同一のキャリアを仕様しているなら、各キャリアの「家族割」を適用しましょう。

ひとりでも割引のきくプランももちろんありますが、それにドッキングする形で家族割を適用すれば、さらに割引率が上がります。

とくにソフトバンクの「家族割」は様々な種類があり、現在の料金を大幅に見直すことも可能です。

ソフトバンク ホワイト家族24→ http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/options/white-kazoku24/

3.ガラケーとスマホの2台持ちという選択

wifi-640404_640

ガラケーの基本通話料金のみを契約し、スマホはWi-Fiのみ使えるようキャリアで契約をします。

Wi-Fiの使えるエリアではfreeWi-Fiを使って、フル活用しましょう。FreeWi-Fiのないエリアでは少し不自由をしますが、最近は様々な場所でfreeWi-Fiを提供しています。

自宅にいればWi-Fiは自宅のものを使えばいいので、料金はかかりません。

具体的な値段は各キャリアによって違いますが、2台持ちではありますが、料金はかかって4000円程度になります。

下記に挙げるSIMフリースマホを利用するには少し抵抗がある……という方には安心して使える形ではないでしょうか。

4.データの通信料プラン・オプションを見直す

11

契約の際にあれもこれもと余計なオプションで2000から3000円ほど損をしていませんか?

使わないオプションをつけられて、「初月30日だけ無料です」などと言いくるめられ、そのまま解約せずに使わないプランの月額料金を払っていた……というのはありがちなことです。

今一度、請求書の一覧を御覧ください。最後の行に「なんだろうこれ?」というような覚えのないプランがあったら、それが損をしているものの1つかもしれません。

また、データ通信量も、見合った物ではないかもしれません。ついついもしものときに備えて大型のパケットプランで契約してはいるものの、実際その従量の半分も使っていない、などということはありませんか?

各キャリアの通信料を含めた料金プランの見直しができるサービスがありますので、活用して、料金を見直して見て下さい。もしかしたら、思わぬムダがあるかもしれません。

5.格安SIM・MVNOを利用する

mvno

MVNOという言葉を聞いたことはありますか?

MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」のそれぞれの頭文字をとった略語です。日本語に直訳すると「仮想移動体サービス事業者」という言葉になります。

「仮想」、すなわち実態のない会社のサービスということです。携帯電話の回線や通信などを、他の通信事業者から借り受け、独自のサービスをくわえて提供する企業のことを指しています。

現在MVNOのサービスを行っている会社は20社以上にわたり、各社が3大キャリアよりもずっと割安な「格安SIM」のプランを用意しています。

とてもここには書ききれないほどのMVNOと格安SIMのサービスが存在します。

下記に一覧でまとめてくれているサイトのURLを参考として貼っておきます。恐らく3大キャリアを使用するよりも半額は月額料金が安くなるはずです。少し敷居が高いイメージが拭えないサービスですが、ぜひ参考にされてみてください。

SIMチェンジ

まとめ

節約術5つをとりまとめました。下記に箇条書きでおさらいしてみましょう。

1. 通話料金のプランを見直す
2.「家族間」での割引を利用する
3. ガラケーとスマホの2台持ちという選択
4.データの通信料プラン・オプションを見直す
5.格安SIM・MVNOを利用する

以上の5つです。

この中でもスマホの料金をぐっとおさえてくれるのは5の格安SIM・MVNOです。

使ってみると「なんで今まであんなに高い料金を支払っていたんだろう」と思うほど格安の料金で、とても満足するそうですが、メリットデメリットもそれぞれありキャリアにこだわりたい人には、少し難しいかもしれません。

しかし、料金の見直しは意外な盲点だったりします。

ぜひ次回の請求書を確認して、できることから少しずつ高い料金を切り崩していくようにしていきましょう。

関連記事

スマホが高いと思う人必見!確実に料金が安くなる技5選

スマホ料金高いと思う人がみる料金を抑える5つの方法!

【ここまで安くなる!】スマホ通信料を節約する5つの裏技

Wi-Fiを使ったお得なスマホ節約術で通信費を削減しよう


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない