スマホ機種変更をする前に絶対やらなければ後悔する5つのこと


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

kawamura20160818403614_tp_v

いい加減、スマホがボロボロになってきた・・・
ガラスが割れてたり、動作が遅かったりして、イライラする時間が増えた!
そろそろ機種変更したい!と思っていませんか?

でも待ってください!
スマホの機種変更って、思いついたらパパッとやっちゃえばいいもの?

そういうわけではないんです。
数万円もするスマホの機種変更なので、絶対に失敗したくないですよね。
大切なデータや個人情報も入ってるので、適当に機種変更しては絶対にダメです。
ということでこの記事では、スマホの機種変更をする前に絶対にしなければいけない5つのことを紹介します。

この記事をしっかり読めば、なんの心配もなく、安心して新しい機種に変更できます。
慣れ親しんだスマホの安心感はそのままに、綺麗で高性能なスマホに変更しましょう!

実際に私が友人にアドバイスをするときは、これらの項目を意識してアドバイスして、いつも感謝されていますよ!

1.全てのサイトのパスワードチェック
max160114164323_tp_v

スマホは、昔のガラケーとは違い、スマホそのものを使っているだけではありません。
スマホを使って、インターネット上にある様々なウェブサービスを使っています。
スマホを機種変更すると、それらのサービスに再びログインする必要があるので、パスワードやユーザーIDをしっかり確認しておく必要があるのです。

これは一見するとめんどくさいようにも思いますが、実際にはそれほど大変な作業ではありません。
最近では、スマホの「電話帳」を使う機会は減っていて、ほとんどのひとは、LINEやFacebookなどのSNSを使えば日常的なほとんどの作業は不便しないでしょう。

機種変更の前にしっかり確認しておく必要があるのは、いまや多くのアプリで「自動ログイン」機能が働いていて、ユーザーIDやパスワードを入力しなくても、ウェブサービスにログインできるようになっているからです。
LINEを使うときに、わざわざ毎回メールアドレスやパスワードを入力しませんよね?あの機能のことです。
自動ログインは便利な機能ですが、弊害もあります。それが「パスワードを忘れてしまうこと」です。
アプリを立ち上げるだけでそのサービスを使えるので、メールアドレスやユーザーID、パスワードを覚えておく必要がないのです。

もしその状態で機種変更をしてしまうと、新しいスマホにしたときにログインできなくなります。LINEやFacebookにログインできないと、けっこう困りますよね?
なので、機種変更の前に各種サービスのパスワードをチェックしておくことは、とても大事なことなのです。

具体的にチェックしておくべきサービスを紹介しますね。

1−1.最重要!グーグルアカウント&Apple ID

一番大事なユーザーID・パスワードは、グーグルアカウントとApple IDです。なぜこの2つが重要かというと、このこのふたつは、「アプリをダウンロードする」のに必要だからです。アンドロイドスマホのひとはグーグルアカウント、iPhoneのひとはApple IDとそのパスワードをチェックしておかないと、新しいスマホにしてもアプリをダウンロードできません。

もちろんアプリをダウンロードできない以外にも、gmailにアクセスできなかったり、icloudのデータを使えなかったりと、大事な機能を使うためにこれらのIDやパスワードは必要です。アンドロイド、iPhoneそれぞれにとっての心臓のような役割を果たしているのが、グーグルアカウントとApple IDなのです。

スマホを機種変更する前に、アンドロイドスマホならグーグルアカウント、iPhoneならApple IDを必ずチェックしましょう!

チェックする方法は、基本的に「一度そのサービスからログアウトして、もう一度ログインする」で構いません。そのときに、メモしていたり頭で覚えているパスワードを使用して、覚えられていればそれでいいし、ダメなようであれば各種サービスの「パスワードを忘れましたか?」等をクリックして、パスワードの再設定をしましょう。

1−2.各種SNS

その次に大切なのは、LINEやFacebook、Twitterなどの各種SNSです。これらはひとによっては利用しておらず、重要ではないかもしれませんが、いまやほとんどのひとはLINEなどで連絡を取り合っていることでしょう。

ほとんどのSNSはいまや「アドレス帳」としての役割も果たしています。スマホに入っているデータが全て消えてしまっても、SNSにログインしさえすれば、ほとんどの友人と連絡がとれるひとがほとんどなのではないでしょうか?

そのくらいSNSのアカウントは重要なので、機種変更の前に、ログインのために必要なユーザーIDやメールアドレス、パスワードをしっかりと確認しておきましょう。一度ログアウトしてもう一度ログインすることで確認できます。

確認したパスワードは、手書きのメモ帳に残しておくのが安全ですが、パソコン内のメモ帳に保存したり、専用のアプリを使ったりして、忘れないようにしながらも、他人には見られないように気をつけましょう。

1−3.各種サービス

そのほかにも、インターネット上にはたくさんのサービスがあります。自分が頻繁に使うもので、スマホにアプリをダウンロードしている場合は、ログインのためのパスワードをしっかりチェックしておきましょう。

アマゾンや楽天のようなお買い物アプリを頻繁に使うようであれば、IDとパスワードを保存しておかないと買い物ができません。HuluやNetflixのような動画アプリも、せっかく映画を観ようと思ったときにパスワードがわからないなんてイヤですよね。
各種スマホゲームも、機種変更したあとにデータが引き継げなかったら本当に残念です。

自分がよく使うアプリで、「これが使えないと困る!」と思っているサービスのIDとパスワードは、一通りチェックしておきましょう。いま紹介したほとんどのサービスで「自動ログイン」が使えるので、意識的にチェックしないと、機種変更したあとに不便な思いをすることになってしまいます。

 

2.移行できるデータとできないデータのチェック

phppak9v9a6869_tp_v

スマホを機種変更するときには、移行できるデータとできないデータもしっかりとチェックしておきましょう。大事な個人情報や思い出の写真などが、スマホの中には詰まっているので、機種変更したあとにそれらが無くなってしまっていたら悲しいですよね。

そうならないためにも、機種変更の前に、移行できるデータとできないデータをチェックしましょう。
そのためのポイントを紹介します。

2−1.クラウドのデータと本体のデータを区別する

移行できるデータとできないデータを考える前に、私たちがいつも見ているデータが、「クラウド」上にあるのか、「本体」にあるのかをしっかりと区別しておきましょう。
「クラウド」とは、それぞれのサービス会社にデータがあることで、「本体」とは、スマホ自体にデータが保存されていることです。

例えばLINEやFacebookなどのSNSは、それぞれの会社にデータが保存されており、僕たちがそのサービスを使うときに、その会社のクラウドにアクセスして、データを使っています。極端な話、スマホをなくしても、別のスマホからログインすればそのサービスが使えるのです。

クラウドにデータが保存されているものは、機種変更のときにもほとんど気にする必要はありません。機種変更したあとも、新しいスマホでログインすれば、いままで通りに普通にサービスが使えます。
しかし注意点として、それぞれの会社ごとに微妙にクラウドに保存されている内容が違う、ということがあります。

例えばLINEでは、LINEでつながっている友人情報は引き継ぎますが、トーク履歴は別のスマホからアクセスすると見ることができません。
このLINEの例はあくまで一例で、それぞれの会社によってサービスや仕様が随時変更になっていますので、絶対になくしたくない大切なデータがある場合は、事前にサービス会社に確認する必要があります。

しっかり調べておけば、事前にダウンロードしておくなど、データを失わない方法が見つかることもあります。

スマホ本体に保存されているデータは、例えば「写真」や「アドレス帳」などです。これらは、なにか手続きをしていない限りはスマホ本体にあるだけなので、スマホを機種変更するときにしっかりと引き継ぎ手続きをする必要があります。

2−2.できるだけデータはクラウドに

ということで、スマホを機種変更するときのデータ引き継ぎで気をつけるのは、まずは本体に保存されているデータです。写真やアドレス帳は、できるだけクラウドに移行しておくことをオススメします。機種変更したあとにケーブルなどで移行することももちろんできますが、そのときに移行できない可能性もあるので、念には念をいれてクラウドに移行しておく方が安心なのです。
iPhoneであればicloud、グーグルであればグーグルドライブがあります。それぞれに、写真や電話帳データを保存できるので、保存しておくと、機種変更したあとにもスムーズにデータを取り出すことができます。ほかにもdropboxやアマゾンドライブなどのサービスも利用できます。
こうして写真やアドレス帳のデータをクラウドに保存して、機種変更したあとにもケーブルなどでデータ移行を行えば、機種変更のデータ移行で失敗することはほとんどありませんよ!無料で使えるクラウドサービスは容量が制限されているので、本当に大切なものだけを保存するか、全て置いておきたいのであれば数千円の利用料を払って、クラウド容量を大きくするのも有効な方法です!

2−3.絶対に残したいデータのチェック

ここでもう一度、スマホを機種変更したあとに「このデータだけはなくなってほしくない」というデータをチェックしましょう。写真や動画かもしれませんし、大切なひととのトーク履歴かもしれません。あるいはゲームのセーブデータかもしれません。

正直言って、スマホの機種変更をしたときには、どうしてもいくらかのデータが失われます。というのも、本体に保存してあるものとか、クラウドに保存しているつもりが保存されていなかったデータなどが必ずあるからです。
とはいえ、そのほとんどはデータがなくなったことに気づきもしないようなものなので、ここで「絶対に残したいデータ」をチェックします。
例えばゲームのセーブデータでも、クラウド上にセーブ状況が保存されており、別のスマホからアクセスしても簡単に引き継げるものと、スマホ本体にセーブデータが保存されているものがあります。【そのゲーム名 データ移行】などと検索して、しっかりデータが引き継げるかをチェックしましょう。
LINEなどのメッセンジャーアプリでは、トーク履歴が引き継げないものがほとんどですが、事前にトーク履歴をダウンロードしておくことができる場合があります。大切なひととの思い出の会話とか、大事な連絡事項など、失いたくないデータがある場合は、そのように対策をとりましょう。

3.本当にまたそのキャリアでいいの? キャッシュバックもらえるかも。

uni16040516img_0017_tp_v

スマホの機種変更をするときって、「めんどくさいし、なんとなく」いままでと同じキャリアにしていませんか?
いままでずっとドコモだったからまたドコモとか、家族みんながauだから次もauとか、ソフトバンクしか使ったことないからソフトバンクとか、「なんとなく」選んでいませんか?

実は、いまのキャリアから別のキャリアに移ることでキャッシュバックがもらえることがあったり、お得にスマホをゲットできたりするんです。そのあたりを紹介していきます。

3−1.ソフトバンクに機種変更して、キャッシュバックゲット!

ケータイショップとか、家電量販店に行くと「キャッシュバック〇万円!」と書かれているのを見たことがありますか?
あれは本当に、他社からそのキャリアに乗り換えると、数万円の現金がその場でもらえたり、後日振り込まれたりするのです。
ただ、実際の店舗ではキャッシュバックを行なっている期間が限定されていたり、いろいろと条件が厳しかったり、条件も変動しているので時期によってお得になったりならなかったりします。
しかし実際の店舗に行かずとも、ネットで手続きすることでキャッシュバックをもらい、キャリアを変更することもできます。むしろ実際の店舗よりも高額なキャッシュバックがもらえてしまうこともあるんです。

そのためのサイトはこちらなどです。
おとくケータイ.net

こちらのようなサイトを利用することで、実際の店舗と同額か、それ以上のキャッシュバックをもらいながら、キャリアを変更することができるんです。
スマホの機種変更のついでにキャリアも変更して、キャッシュバックをもらうことも検討してみてはいかがでしょう?

このようなサービスを利用すると、電話とメールだけで手続きが完了したり、自宅近くまで担当者の方が来てくれたりします。やはり人間の顔を見て、安心して取引がしたい場合はそのようにすると良いですね!急ぎの場合であれば、その会社のオフィスに直接出向くという方法もありますよ!

3−2.キャッシュバック以外でも、お得がいっぱい!

スマホキャリアもとても厳しい状況なので、他社から自分のキャリアに乗り換えてくれるお客様は貴重な存在です。例えキャッシュバックがもらえなくても、大手3社の間でキャリアを変えることで、月々の利用料が安くなったり、新しいスマホを安く買えることもあります。
もちろん、いままでのキャリアのままで機種変更するよりも手続きなどは煩雑になりますが、それでも、月々の利用料が2000〜3000円ほど安くなることはザラです。各キャリアは、声高に「長期契約者は優遇します」と言っていますが、実情は、他社から乗り換えてくれたひとが一番優遇されているのです。
たった一度の手続きだけでスマホ代がグッと安くなるなら、キャリアの変更を考えてみてもいいかもしれませんね。

3−3.キャリアを変更するときは、違約金に気をつけて!

スマホの機種変更に合わせて、キャリアを変更することはとてもいいアイデアですが、そのときに気をつけることがあります。
いわゆる「2年縛り」と言われるもので、もとのキャリアで契約してから2年ちょうどの2ヶ月間の間に解約しないと、違約金として約1万円がかかってしまうシステムです。

最初に契約して2年後の2ヶ月間であれば違約金はかかりませんが、その2ヶ月間を逃すと、また2年後まで、違約金が発生する期間となります。キャリアを変更してキャッシュバックをもらったり、利用料金を安くしたいのに、違約金がかかるなんてイヤですよね。
もしキャリアを変更する場合は、2年ごとの「違約金がかからない期間」を選びましょう。
そのためには、自分が使っているキャリアのショップに足を運んでそのことを聞くか、キャリアの問い合わせ窓口に電話をして確認しましょう。

4.本当にまたそのOSでいいの?

iphonereview4_tp_v

いまiPhoneを使っている人は、次もまたiPhoneにしようとしていますか?いまアンドロイドの方は、次もアンドロイド?
いままで使っていたスマホと同じようなものを使いたい気持ちはわかりますが、iPhone(iOS)にはiPhoneの、アンドロイドにはアンドロイドの魅力がそれぞれにあります。

ひょっとしたらあなたは、もう片方のOSの良いところを知らないだけかもしれません。機種変更のタイミングで、「本当にいまのOSでいいの?」と考えてみましょう。

4−1.OSごとに特徴がある。

iPhoneには、iOS(アイオーエス)と呼ばれるOS(オペレーティングシステム)が搭載されていて、アンドロイドスマホにはアンドロイドOSが搭載されています。OSとは、その機械のベースになる部分で、OSが変わるとスマホのいろいろな機能に違いがでます。
使い慣れたOSの方が安心感もあって、いままで通りに使えますが、せっかく機種変更をするので、別のOSにチャレンジすることも考えてみてもいいかもしれません。世の中にiOSとアンドロイドOSを使っている人がいる以上、それぞれに良さがあるはずですから、この機会に知っておいても損はありません。

4−2.アンドロイドOSの特徴

先にアンドロイドOSから説明しますね。アンドロイドOSは、iOSと比べて「自由度が高い」です。iOSではできないようなことがたくさんできます。
例えば、ホーム画面を自分好みにカスタマイズできます。iOSだと、ホーム画面にアイコンは整列させることしかできないし、ウィジェットを配置することもできませんよね。

ウィジェットとは、大きな時計をスマホのホーム画面に載せたり、各種SNSの最新情報をホーム画面から確認できる機能です。
ウィジェットが使えるだけで、スマホのホーム画面のバリエーションがかなり増えるので、楽しいし便利です。なにより「自分だけのスマホ!」という感じがするようになりますよ。
アンドロイドOSのスマートフォンは、アプリ同士の連携がしやすかったり、iOSにはない特殊なアプリをダウンロードできたりします。スマホや機械関係が好きな方は、iOSではなく、絶対にアンドロイドOSのスマホにしたほうが、いろんなことが楽しめますよ!
4−3、iOSの特徴

iPhoneに搭載されているiOSの特徴は、なんといっても「シンプル」で「使いやすい」ことです。誰が持っても直感的に操作ができることは、アンドロイドにはない特徴と言ってもいいでしょう。あとは「安定性」が特徴です。突然のシャットダウンや不具合が、アンドロイドOSよりも圧倒的に少ないです。

とはいえ、シンプルすぎて「機能が制限されている」と感じることはないでしょうか?ホーム画面にアイコンを好きなように並べたくても、左上から順番に詰めて行くしか選択肢がなかったり、着信音を追加するのがやたらと面倒だったり。

実は、これら全てはiOSによって機能が制限されているのです。アンドロイド端末のように「自分のオリジナリティ」を出しにくいのが、iOSなのです。
必要なことをするだけなのであればそれでも構わないのであればいいのですが、いまやファッションアイテムとなりつつあるスマホなので、オリジナリティを出したいのであれば、iOSは不向きと言えるでしょう。

4−4.iPhoneの価格と実情

おそらくここまで読んでいる方は「それでも結局、iPhoneがいい」と思っているのではないでしょうか?iPhoneはとても使いやすい機種ですし、不具合も少なくてオススメできる機種なのでもちろんそれで構いません。

しかし「なにがなんでもiPhone!」とか「iPhone以外だとダメ!」というのは言い過ぎかもしれません。
その理由は「価格」です。iPhoneは、アンドロイドスマホに比べてとても価格が高いのです。

ドコモやau、ソフトバンクで購入すると、2年間の分割払いになり、しかも様々な割引によって安く感じますが、実際にはiPhoneの価格はとても高いです。最新モデルであれば、最も容量が少なくても7万円代、容量が大きいと10万円することもあります。
これが、同じように最新モデルでもアンドロイド機種であれば、3万円程度で買えるものが普通です。いまや2万円代のものもあります。もちろん7万円ほどする高級アンドロイド端末もあります。
昔はこのような価格の安いスマートフォンは信頼性が低かったのですが、いまはかなり技術も進歩し、3万円代のスマホでもiPhoneとほとんど変わらず快適に使えるようになってきています。これを考えると、iPhoneは「高級品」と言わざるを得ません。
iPhoneは安定していて快適ですが、もっと安くてお手軽に買えるスマートフォンもあることも、ぜひ知っておきましょう。機種変更の際は、それらを検討することでグッとお得になるかもしれません。

5.格安スマホへの検討

yuuki150321140i9a4377_tp_v

「格安スマホ」という言葉は聞いたことがあるでしょうか?ここ数年で急速に広まりつつあり、電車内の広告もよく見かけるようになりました。ドコモ、au、ソフトバンクでスマホを使うよりも、3分の1ほどの利用料金でスマホを使える、というものです。

5−1.月々の利用料が3分の1に

料金が安くなると聞くと「なんだか怪しいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、格安スマホを運営しているのはイオンやTSUTAYAのような有名な会社や、楽天やSONYのような誰でも名前を聞いたことのあるような大企業ばかりです。

格安スマホはそれらの会社が、ドコモやauから回線を借りて運営されているので、とても安心です。いままでと同じように通話もネットもできるし、それらの回線速度や安定性も、ほとんど変わりません。
ただ、いままでのようにお店に行ってお姉さんが丁寧に対応してくれるということはなく、自分でいろいろ調べてネットで手続きをしなければいけないので、「自分で調べる力」がないと契約できません。
しかしその分、余計なオプションや不要なサービスに登録することもなくなり、お得にスマホを使えるようになるのです。

5−2.iPhoneも使えるけど、一括払いの必要あり

「格安スマホ」と聞くと、「格安のスマホ」を想像してしまい、アンドロイドスマホを使わなければいけないと思われがちですが、そんなことはありません。iPhoneで格安スマホを使うことだってできます。

ただしその場合は、iPhoneを分割払いで買うことはできません。前の型でも4万円程度するiPhoneを一括払いで買う必要があるので、それが難しいようであれば、iPhoneを格安スマホで使うのは難しくなります。もちろん、クレジットカードで購入し、分割払い、リボ払いにすることは可能です。

その場合も、格安スマホ会社から購入するわけではなく、Appleから直接購入したり、アマゾンなどのサイトから本体だけを直接購入します。そのときは「SIMフリー」の端末を選べば問題ありませんし、「ドコモシムロック」のものでも「auシムロック」のものでも構いませんが、その場合はそれぞれのキャリアが使える格安スマホを契約する必要があります。

iPhoneを格安スマホで使う場合は、iPhone本体と格安スマホを別々に契約する必要がありますが、アンドロイドスマホを使う場合はそうではありません。ほとんどの格安スマホ会社でアンドロイドスマホを取り扱っており、24回払いでも一括払いでも購入することができます。

5−3.月々2000円になるの!?

格安スマホにすると、月々のスマホ利用料が2000円程度になることもザラです。
ドコモやauなどの大手キャリアでは、スマホ1台を使うとだいたい月に8000〜9000円かかりますが、だいたい3分の1〜4分の1の料金で使うことができるようになります。

もちろんパケット利用料も、大手キャリアと同じように8GBほどでも、そのくらいの料金で使えますので心配いりません。ただ、通話料金は大手キャリアよりも高めに設定されています。無料通話も用意されていないことがほとんどなので、通話を多くする方には、格安スマホは向いていません。

しかしいまは友人同士の通話ならLINEなどで済ませることも多いので、ほとんどの方は格安スマホに変更しても問題はありません。
最初に書いたように「自分で調べる力」がないと難しいですが、当サイトをじっくり読んでいただくと、それも問題ありません。

 

yk0i9a6202_tp_v

いかがでしたでしょうか?スマホの機種変更の前にこれだけやっておくと、きっと後悔せずに機種変更ができます。
まとめると

・各種サービスのユーザーIDとパスワードのチェック
・移行できるデータとできないデータをチェック
・他社に乗り換えてお得になるかもしれないことを検討する
・OSを変えることを検討する
・格安スマホに乗り換えることを検討する

という5つのポイントでした。

スマホの機種変更には、お金もかかるし、大切なデータがなくなったり、大事なサービスにログインできなくなったりとトラブルがつきものです。
しかし機種変更のタイミングで一度立ち止まり、いろいろなことを検討することで、いままでよりもお得にスマホを使えるようになるチャンスでもあります。

それには、慣れない言葉や初めて聞くシステムがあるかもしれませんが、どれもそれほど難しいことではありません。ひとつひとつしっかり調べて実践して、お得なスマホライフを送りましょう!

一度自分でしっかり調べておけば、あなたは周りから「スマホに詳しいひと」と思われて、気づいたらアドバイスを求められるようになるかもしれません!そのためにもぜひスマホの機種変更に関しては、上の5つをしっかりチェックしておきましょう。

では、あなたの機種変更が大成功となることをお祈りします!


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない