スマホのデータ移行に失敗しないために、データ移行の前に確認すべき手順【保存版】


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

iPhone7も実質0円、学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んでケータイ番号だけ入力し、料金プランなどを確認してみてください(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

次に、wi-fi環境がない場合の写真の移行方法を紹介します。
まず、iPhoneとwindowsパソコンをUSBケーブルで接続してください。するとiPhone内のストレージを見ることができるようになります。

 

その中にある「DCIM」内にあるフォルダをドラッグ&ドロップして、一時的にデスクトップに移動させます。次にアンドロイドスマホと同じパソコンをケーブルで接続します。データの保存先となるフォルダを決めたら、先ほどのDCIMフォルダを移動させます。

 

以上の手順を実行することで、「wi-fi環境がる場合」「ない場合」それぞれにおいて、写真や動画を移行することができます。

3-4.iPhoneからAndroidへカレンダーをデータ移行する。

max16011508_tp_v

iPhoneのカレンダーは、基本的に本体に保存されていますが、iCloudと紐づけることでクラウドに保存されている場合もあります。今回紹介するのは、そのどちらの状態でも対応できる方法を紹介します。
カレンダーの場合でも、「JSバックアップ」というアプリを使うやり方を紹介します。

 

・移行元のiPhoneで「かんたんデータ移行」をタップし、「移行元スマホからデータを取り出す」をタップします。
・「無料プラン」をタップし、後で必要になるパスワードをこの段階で設定します。

 

・その次の画面で、QRコードが表示されるので、Android端末で読み込むか、スクリーンショットを撮るかメールを送るかして保存します。

 

次に、移行先のAndroidスマホでも「JSバックアップ」を開き、「移行先スマホへデータを取り込む」を選択します。そして先ほどのiPhoneで取得したQRコードを読み込みます。
そしてパスワードを入力し、「このパスワードで実行」をタップします。

 

このときに、前回バックアップした時刻が表示されていると思うので、直近の時間になっているかを確認してください。OKなら、そのバックアップファイルを選び、「データ取り込みスタート」をタップしてデータ移行を開始してください。

 

 

 

カレンダーはデータのサイズはそれほどないので、さほど時間がかからずデータ移行は完了します。
データの移行が完了したら、「JSバックアップTOPに戻る」をタップし、トップに戻りましょう。
トップのメニューアイコンから「バックアップデータの削除」をしておくことで、安心です。

4.AndroidからiPhoneへのデータ移行

00_pp41_pp_tp_v

さて、最後にAndroidスマホからiPhoneへのデータ移行手順を紹介します。
iPhoneからAndroidは、データの種類ごとにやり方を変えなければなりませんでしたが、AndroidからiPhoneへは、専用のアプリが用意されているためずっとカンタンにできます。

4-1.「iOSに移行」アプリを使ってデータ移行

yota82_sssousa15114445_tp_v

AndroidからiPhoneへデータを移行するには、専用のアプリを使うとカンタンにできます。
そのアプリとは「iOSに移行」アプリといいますので、データ移行元となるAndroidスマホでダウンロードをします。

 

ちなみにこの方法が使えるiPhoneは「iOS9以降」「iPhone5以降」である必要があり、AndroidはOSがバージョン4.0以降である必要があります。これらを確認したら、以下の操作を行ってデータ以降をしましょう。

 

・データ移行先となるiPhoneを立ち上げ、「Appとデータ」画面まで進み、「Androidからデータを移行」をタップします。これは「こんにちは」表示の出る状態から行う操作なので、すでに設定が終わっている場合は、一度iPhoneのデータを全て削除する必要があります。

 

・Android端末で「iOSに移行」アプリを開き、「続ける」をタップします。利用規約に同意して次の画面に進み、「コードを検索」画面の右上隅の「次へ」をタップします。

 

・iPhoneで「Androidから移行」という画面で「続ける」をタップします。10桁あるいは6桁のコードが表示されるまで待ってください。このときに、Androidスマホに「インターネット接続が弱いです」等の警告が表示されても、無視してかまいません。

 

・iPhoneにコードが表示されたら、Android端末でそのコードを入力します。すると「データを転送」画面へと切り替わります。その画面で、転送するコンテンツを選択し、転送の進行状況を伝えるバーが最後まで進むまで、待ちます。

 

・転送が終了したら、Androidスマホで「完了」をタップします。iPhoneでは「続ける」をあtップし、画面上の指示に従い、設定を終わらせます。全て転送されているかを確かめましょう。アプリは、AndroidとiOSで提供されているものに差があるので、完璧には転送されていないものもあるでしょう。

takebe160224110i9a0365_tp_v

いかがだったでしょうか?
スマホのデータ転送に関して、「iPhone同士」「Android同士」「iPhoneからAndroid」「AndroidからiPhone」の4パターンに分けて紹介しました。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない