スマホのデータ移行に失敗しないために、データ移行の前に確認すべき手順【保存版】


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

iPhone7も実質0円、学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んでケータイ番号だけ入力し、料金プランなどを確認してみてください(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

iTunesの上部に「バックアップ中」という表示が出て、バックアップが始まります。
iPhone内の容量にもよりますが、数分〜數十分でバックアップは完了します。
バックアップが完了したら、正常にバックアップされたかの確認をしましょう。

 

・iTunesの「環境設定」→「デバイス」とクリックすると、「デバイスのバックアップ」という項目が表示されます。そこの画面に、直近の時刻が表示されていれば、バックアップは正常に完了しています。

 

次に、新しいiPhoneを用意します。新しいiPhoneに新しいSIMカードを差し込んで準備をします。
新しいiPhoneの電源を入れて、「こんにちは」が表示されます。もし「こんにちは」が表示されず、既に設定が完了している場合、一旦iPhoneのデータを全て消す必要があります。

 

「こんにちは」画面が表示されたら、画面の案内にそって操作をし、「Appとデータ」画面まで進みます。そこで「バックアップを復元」を選択し、「次へ」をタップします。そして、バックアップを保存したパソコンにケーブルに接続します。

 

「バックアップを復元」を選択し、正しい日付のバックアップを選択します。この画面でパスワードを求められた場合には、パスワードを入力します。しばらく待つと復元が始まるので、待ちましょう。バックアップが完了し、データ移行が確認できたら、iPhoneからケーブルを抜いてください。

 

2.AndroidからAndroidへのデータ移行

pak85_garakebb20141025171133_tp_v

では次は、AndroidからAndroidへのデータの移行方法について解説します。
Android同士のデータ移行の方法には、「OS搭載のバックアップ機能」と、「バックアップアプリを使う方法」と、「パソコンを使う方法」の3種類があります。

 

2-1.OS搭載のデータ移行機能を使う

yota82_sssousa15114445_tp_v

全てのAndroidスマートフォンに、標準で搭載されている機能がこちらです。OSに搭載されている機能なので、Androidスマホであれば、誰でもこの方法でデータ移行をすることができます。やり方を以下で紹介します。

 

・Androidスマホの「設定」を開きます。
・「バックアップとリセット」を開きます。
・「私のデータをバックアップ」の項目をオンにします。

これだけで、自動でバックアップがスタートします。
データ移行のために新しいスマホが手元にあるのなら、同じグーグルアカウントでログインすれば、データ移行をすることができるようになります。

2-2.バックアップアプリでデータ移行

gori9v9a8414_tp_v

データ移行のために、バックアップアプリを使うのも有効な方法です。なぜなら、一度バックアップしたデータを別の端末で引き継ぐことで、データ移行も同時に完了するからです。バックアップアプリは、データ移行アプリとして使うこともできるのです。

 

データ移行に使えるバックアップアプリは複数あるのですが、この記事では、最も有名な「JSバックアップ」というアプリを使った手順を紹介します。
以下に、その手順を紹介します。

 

・Play Storeで「JSバックアップ」と検索し、アプリをダウンロードします。
・スマホにダウンロードされたJSバックアップを起動します。
・「バックアップ」ボタンをタップし、バックアップ先を選びます。

 

ここで、SDカードやクラウドストレージなどを選ぶことができます。SDカードが最も手軽ですが、容量が足りないこともあるので注意しましょう。クラウドサービスをなにか契約しているのであればクラウドサービスがいいでしょう。

 

バックアップ先を選んだら、バックアップデータが抽出されます。数分から数十分ほど時間がかかります。完了したら「バックアップが完了しました」というメッセージが表示されます。

 

次に、新しいAndroidスマホを用意します。
新しいスマホでも「JSバックアップ」アプリをダウンロードし、起動させます。
「復元」を選びます。SDカード経由でデータを移行する場合は、SDカードを差し替え、SDカードを選びます。

 

クラウドサービス経由でデータ移行する場合は、そのクラウドサービスを選択し、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。そのなかにある復元ファイルを選択し、「スタート」をタップします。

 

数分から数十分が経過したら、バックアップの復元が完了し、データ移行が完了となります。

2-3.パソコンを使ってデータ移行

20164044_rtm0895_tp_v

パソコンをお持ちの方は、パソコンを使ってデータ移行することもできます。
この方法だと、wi-fi環境が不要なのでwi-fiがない方にはオススメです。
まず、ケーブルを使ってパソコンにデータを移行する方法を紹介します。

 

スマホにmicroUSBケーブルをつないだら、反対側をパソコンに繋ぎます。
すると自動でスマホ内データが見られるフォルダが開きますが、開かない場合は自分でフォルダの中からスマホフォルダを見つけてください。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない