スマホのデータ移行に失敗しないために、データ移行の前に確認すべき手順【保存版】


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

iPhone7も実質0円、学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んでケータイ番号だけ入力し、料金プランなどを確認してみてください(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

pasona160306390i9a2166_tp_v

スマホの機種変更する前って、いろいろ不安なことがありますよね。
不安なことのひとつが、データ移行だと思います。
スマホには、写真や電話帳やアプリのデータなど、重要なデータがたくさん入っています。

 

それらのデータを、新しいスマホにちゃんと引き継げるかどうかは、誰だって気になるところだと思います。ついついうやむやにして、勢いで機種変更してしまって、大切なデータが消えてしまったりということのないように、この記事でしっかりデータ移行について確認しておいてください。

 

この記事では、スマホを大きく「iPhone」と「Android」に分け、「iPhone同士」「Android同士」「iPhoneからAndroid」「AndroidからiPhone」の4パターンに分けて、データ移行の手順を紹介します。保存版ですよ!

 

1.iPhoneからiPhoneへのデータ移行

goriimg_9640071101839_tp_v

まずは、iPhoneからiPhoneへのデータ移行について紹介します。機種変更前と機種変更後のOSが同じだと、複雑な操作もなく、比較的少ない手順でデータ移行ができるから安心ですね。
それぞれのデータ移行のやり方によって、微妙に必要な環境などが違うので注意してください!

1-1.iCloudを使ってデータ移行する

akane072160504_tp_v

まずは、iCloudを使ってiPhoneからiPhoneへデータ移行する方法を紹介します。iCloudとは、クラウド上にあるデータベースのことで、一時的にそのデータベースにデータをバックアップして、そこから新しいiPhoneにデータをダウンロードする方法です。

 

この方法にはWi-fi環境が必要なことと、iCloudの容量が十分にある必要がありますが、もっとも手軽な方法なので、まずはこのやり方でiPhoneからiPhoneへのデータ移行を試してみることをオススメします。
具体的なデータ移行の方法を紹介します。

 

・データ移行元のiPhoneを、Wi-fiに接続します。
・「設定」→「iCloud」→「バックアップ」の順に選択します。
・「iCloudバックアップ」がオンになってることを確認します。
・「今すぐバックアップを作成」をタップします。
・バックアップが終わるまで、Wi-fiに接続したままにしておいてください。

 

ここまで終わったら、次はデータ移行先のiPhoneでの操作となります。
機種変更前後で同じSIMカードを使う場合、SIMカードを差し替えましょう。新しいSIMカードがある場合は、新しいiPhoneに新しいSIMカードを差し込みましょう。

 

準備ができたら、データ移行先のiPhoneで以下の操作を行います。

 

・新しいiPhoneの電源を入れます。「こんにちは」画面が表示されます。
(ここでもし、iPhoneの設定がすでに終わっている場合は、これ以降の手順に進む前に、iPhoneのデータをすべて消去する必要があります。 データの削除は「設定」→「一般」→「リセット」→「全てのコンテンツと設定を消去」の順にタップします。)

 

・「こんにちは」画面が表示されたら、ホームボタンを押し、画面の指示に従って設定を進めます。Wi-fi の画面が表示されるまで、手順を進めます。

・Wi-fi設定の画面になったら、「Wi-fiネットワーク」をタップします。そのあと、「Appとデータ」画面になるまで画面の指示に従います。「iCloudバックアップから復元」→「次へ」の順に選択します。

・AppleIDとパスワードを入力し、iCloudにサインインします。

・次の選択画面で、「バックアップ」を選択します。この画面で、複数バックアップが表示される場合があるので、自分でバックアップした日付と時間を確認し、正しいバックアップを選択しましょう。

 

ここまでで、ほとんどの場合はバックアップが復元します。ただ例外的に、さらにApple IDの入力を求められる場合がありますが、その場合はApple IDとパスワードを入力してください。

このままWi-fiと接続したままにしておくことで、追加のコンテンツなどの同期も完了されます。

1-2.iTunesを使ってデータ移行する

9v9a1715_tp_v

iTunesを使う場合はパソコンが必要になりますが、iCloudと違ってwi-fi環境のなくてもデータ移行をすることができます。iTunesを使ってバックアップする手順を紹介します。

 

・移行元のiPhoneを、ケーブルを使ってパソコンに接続します。
・パソコンでiTunesを開きます。このとき、必ず最新バージョンを使ってください。
・画面の左上にある(バージョンによって変わります)iPhoneマークのついたボタンをクリックし、デバイスを選択します。

 

ここで「自動でバックアップ」にチェックが入っている場合は、勝手にバックアップがとられることになりますが、そうでない場合は、「手動でバックアップ」内の「今すぐバックアップ」をクリックします。

 


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない