MNP

スマホ乗り換え時にキャッシュバックで得をする方法3選

MOK_ichimanensatu2mai500
今まで、スマホやスマホを変える時、お店で「iPhone6に変えるといくらかかりますか?」「iPhone7にするといくらかかりますか?」と聞いて、「iPhone7は、いくらです。支払いの明細はこちらになります。」と言われ、「ああ、そうですか。じゃあ、それでお願いします」といって、スマホの契約書にサインしてきました。
MNPでスマホ乗り換えして会社を変えると、すごく安く変えられるよとか友人からは聞いていたし知ってはいたけれど、お店で言われたわけではないので、家族と同じスマホ会社にしておくと家族割引があるから、その方が良いんじゃないとその程度の考えでした。
でも、最近は何か違うような気がします。

お得にスマホ乗り換え

「スマホ乗り換え 」で「本体が0円で」「キャッシュバック」も付くよとか人が話しているのを聞いたりしたからです。
「キャッシュバック付くよ。」と言われて「キャッシュバックて何?」と言うのが地方の人の発想じゃないかなと思うのですが。
つらつら考えるのに、だいぶ前にDELLのPCを購入する時、光回線を同時契約すると3万円(?)キャッシュバックするよという選択項目を見たような気がします。
しかし、もう、その時は光は入っていたし、その当時は光と言ってもフレッツ光しかなかったから競争なんてなかったわけです。
スマホだって、そうです。
最初はドコモしか選択肢はなかったのです。auが出てきて、ソフトバンクが出てきても、一度、キャリアを決めてしまったら、ずっとそのキャリアのままと言うのが当たり前で、新規にスマホを買うときだけドコモにしようかな、auにしようかな、ソフトバンクにしようかなと考えるだけでした。
それでも、決めた後はずっとそのまま、家族も同じ。
それって、すごく律儀な日本人の姿ですよね。しかし、MNPの制度が出来てから段々、変わってきたように思います。
今、登録されているスマホ、スマホは合わせて1億4000万台を超えているのだそうです。国の人口より多いわけですから、新規の人よりか乗り換えの人の方が実質多いわけです。
3月になるとキャリア同士の競争は激化していて新規なら学生の取り込みで学割、家族シェア。
乗り換えなら、MNPで2台契約や3台契約でキャッシュバックとかわけのわからない競争があちらこちらで繰り広げているようなのですが、今まで考えもせず、スマホやスマホを使っていた地方出身者などは毒気にあてられてしまうのです。
正直、田舎の子供が高校や大学に入る時、よくスマホの購入をします。しかし、その時契約者はたいていの場合”親”です。
高校生の子供くらいだったら「お父さん、どうしよう?」「これが良いのだけれど、これで良い?」「お前が欲しいならそれでも良いよ。」こんな会話が当たり前だと思います。
ですが、その時”親”が考えるのは月々どれくらい支払いが増えるのかなとか、インターネットばかりやっていたら困るなとか、家族割が出来るよう親と同じスマホの会社じゃないと不味いなとか、その程度です。
子供が大学生くらいになると、「この機種を東京のショップで買うと一括0円で、キャッシュバックが20,000円付くんだってさ。」などと言う会話が混ざってきたら、さあ大変です。
自分の経験値にない会話ですから「ここは、東京じゃないよ。」と思いつつ「へぇ??、そんなのあるんだ。安くなるならその方が良いから、調べてみて・・・。」とか言うのは、すごく良い方で、頭ごなしに「そんなおかしなことには関わんねえ方が良い。」と決めつけてしまったら最悪です。
まあ、それだけ”スマホ乗り換え競争”は、単なる”競争”を超えて”戦争”状態になっているのを普通の親は知らないのです。

各社のスマホ乗り換え キャッシュバック

最初、キャッシュバックてスマホ会社の割引のことじゃないのと思っていました。
スマホ乗り換えでiPhone6 plusを買うときauだったら現金で買うと96,120円が72,360円値引きしてくれて23,760円。その値引き分がキャッシュバックだと思っていたのです。
まあ、それも間違いではないのでしょうが。
まとめサイトで有名なサイトに「NAVER まとめ」と言うサイトがあります。ここに次のような記事が出ていました。
auスマホ一括0円速報(MNP・乗換え・新規・機種変更・キャッシュバック・激安)
ーーーーーーーーーー
台数限定!!【#au】  #SOL26 MNP一括0円 1台で2万円CB♪ 2台で6万円CB♪ クーポン利用可♪ ウォレット最大2万還元♪ 【条件】2年契約、auオプション、フラット、ウォレット、有料コンテ4個/台 まずはお電話下さい!!
ーーーーーーーーーー
#ドコモ で一括0円 #docomo #MNP #SO-01G #sony #XPERIA #Z3 2台で #一括0円 +90,000円CB #おかえりボーナス 含む #家族まとめて割 含む #コンテンツ 含む #」
ーーーーーーーーーー
スマホや携帯の記事は好きでよく見るのですが、こういった「スマホ乗り換え」の情報「一括0円」、CBは「キャッシュバック」というような記事は気が付きませんでした。
気づいてみると、本当にたくさんあるのですね。
格安スマホ・スマホTwitter情報
こちらには「一括0円、キャッシュバック」で検索したTwitterの情報が表示されます。検索条件をいろいろ変えれば、それぞれの条件のTwitterの情報が表示されます。

一括0円

ところで先ほどから何回か出てきている「一括0円」と言うものは何でしょう。
先に例に挙げたスマホ乗り換えに”iPhone6 plusを買うときauだったら現金で買うと96,120円が72,360円値引きしてくれて23,760円”の実質負担金が「23,760円」ですが、ここが0円になるということなのでしょうか?
わかりにくいのはその辺です。
iPhone6 plusの96,120円が最終的に96,120円値引きしてくれたら、最終的に実質0円になるのですが、「一括0円」とは「実質0円」とは違います。
「一括0円」は別な言い方をすれば「本体は最初から0円、無料」と解釈してよいと思います。
あいまいな言い方してますが、「本体0円」はあくまで建前であって違う計算式で、ちゃんと儲けてますからと言われるのではないかと言われそうです。
ですが、各キャリアともある期間はスマホごとに月々割と言う値引きを設定しています。
お店の方が製品代を「0円」で売ったとしても、その値引き期間に当てはまるスマホは本体代金を払ってないのにスマホ端末機の値引き分として支払からまたいくらか値引きされるのです。
もう本体代金は「0円」で支払う必要はないのですから、基本料金+通信料の使用料金から引かれます。
「スマホ乗り換え実質0円」で買った場合は、その機器(iPhone6 plusとか)の月の分割金額が値引きされて機械の支払いは実質0円になりますけど、使用料からは全然引かれません。そこで月々の支払いはだいぶ違ってきます。
「一括0円」で本体の代金は払ってないのに値引き分だけはもらえるというのは、それこそキャッシュバックと言えるかもしれません。

キャッシュバック

最近ドコモとソフトバンクが光回線などのセット契約ででも割引がされます。まあそれも「キャッシュバック」の一種なのでしょう。
しかし「1台で2万円CB♪ 2台で6万円CB♪ 」とか書いてあるのは、文字通り月々の値引きではなくて現金やauだったらauウォレットのポイントなどで支払ってくれる、戻し金のようです。ショップによっては、そのショップ専用値引き券かもしれません。
しかし「一括0円」でなおかつ「キャッシュバック」をもらえるなんて、そんな上手い話などあるのでしょうか。
結局「違う計算式で、ちゃんと儲けてますから」ということなのでしょう。
一般のユーザーは違う計算式というところで損しないように注意して「スマホ乗り換え」 「一括0円」「キャッシュバック」で安くスマホを購入できるよう考えた方がよいということになります。

結局何が一番お得なの??

C778_konokane500
一番お得なのは、それは当然「スマホ乗り換え、一括0円、 キャッシュバック在り」ですよ。
ですがiPhone7 plusのような最新の機種で「一括0円」ということはなかなか難しいと思います。
たいていの場合「スマホ乗り換え」で「一括0円」を設定するのは最新機種ではなくて古くなりかけの機種と言うものが多いのです。
しかし、「スマホ乗り換え」時に2台購入とか3台購入とかならiPhone7 plusでも「一括0円」もあるかもしれません。
かもしれないというのはインターネットのキャリアごとのオンラインショップなんかでは分からないということです。
たいていの場合、「一括0円」はショップレベルの「スマホ乗り換え」販売政策の中から出てくるので、個々のショップのTwitterなどの毎日々々の情報を追いかけていないと、その日の一番お得な「スマホ乗り換え」「 キャッシュバック」情報は分からないというのが現実です。
そこで、私は困るのです。実は私は田舎に住んでいます。自分が住んでいる地区で「スマホ乗り換え キャッシュバック」情報をTwitterで流しているショップがあるのか調べてみたのですが、残念ながら見つかりませんでした。やっぱり都会とは違いますよね。
では「スマホ乗り換え、一括0円、キャッシュバック」は地方在住者には期待薄なのでしょうか?一応あります。
一応と言うのは、ごくまれにドコモのオンラインショップでも一括0円販売を行うそうです。見てないのでどれくらい得かはわかりません。
あとインターネットで「スマホ乗り換え キャッシュバック」をうたっている販売サイトがありますが、最終的には来店契約ですから予約サイトみたいなものです。
ですから、地方では「スマホ乗り換え」時に 「実質0円」は可能でしょうが、「本体一括0円」や「キャッシュバック付き」とかいう美味しい話は近所にそういった販売政策を取るショップがないとどうしようもないです。
また、そういった「スマホ乗り換え」時の販売政策を取るショップであるならばTwitterなどに情報を流すはずです。
auのホームページやドコモやソフトバンクのホームページなどの料金情報はあくまで建前の情報で我々も簡単に手に入る情報です。
それに対して「スマホ乗り換え、本体0円、キャッシュバック付き」とかいう情報は言ってみれば裏情報でいくら魅力的でも、こちらに流れてこないと、いかんともしがたいというのが現実でしょうか。情報がないと誰も反応しないですから。
ただ「auショップ」や「ドコモショップ」「ソフトバンク・ショップ」でも「スマホ乗り換え 」時に「一括0円」「キャッシュバック」をするところもあります。
ほとんどのショップはキャリアの直営ではないですから独自の販売政策をとるところもあるのです。
ところが、そういうショップも都会近辺にあるというのも確かなことなのです。なにせ潜在顧客の人口が違いすぎます。
逆に言うと都会の近くの方々は、とても安く「スマホ乗り換え一括0円」「キャッシュバックあり」という条件にたどり着けると思いますので、損をしないように契約していただきたいと思います。
最後の書きますが「有料コンテ4個」「#コンテンツ 含む 」ここに注意してください。コンテンツ4つは良い方ではないでしょうか。
「コンテンツ 含む」ではいくつコンテンツを契約させられるか分かりません。これが条件なのです。
「スマホ乗り換え」初月無料のコンテンツなら良いのですが、初月の内に解約しないとコンテンツ料だけで結構な金額を払わなくてはならないかもしれません。
あと、高額なキャッシュバックには2台買い、3台買いが条件に付いている場合が多いです。
家族何台分を一度に「スマホ乗り換え」ということになりますから、そのつもりで家族の足並みをそろえなければならないのですが、見落としがあると損しますよ。注意して「スマホ乗り換え」をしてください。

関連記事

結局どこがお得?賢くMNPキャッシュバックを貰う方法5選
携帯をMNPしただけでキャッシュバックがつく理由は?
MNPはWEBからがお得!高額キャッシュバックがもらえる理由
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧