ソフトバンク

家族割対象者必見!ソフトバンク新料金サービス「スマ放題」を賢く使う

icatch-sumahoudai6月からdocomoが開始して話題になった国内通話かけ放題の「カケホーダイプラン」。ついに、ソフトバンクもそれに対抗して新料金サービス「スマ放題」を7月1日から提供開始すると発表しました。

スマ放題の目玉は2つあります。
1つは、ソフトバンク以外の他社や固定電話宛の電話を含め、どこに電話をしても2700円の一定額におさまる「通話し放題プラン」。もう1つが、インターネットのデータ通信量を6段階から選ぶことのできる、「データ定額プラン」です。
今までの料金プランでは、どの携帯会社でも通話料金のプランや計算方法がいくつもありました。そのため、よく料金内容が分からないまま高い通話料金を払い続けていたという方もいたかもしれません。あるいは、ほとんど通話していないはずなのに、思ったより携帯電話の料金がかかっているという方もいたはずです。
今回の新料金サービスは、通話も定額、インターネットのデータ通信も定額という、一見すると理解のしやすいシンプルな料金体系です。
しかし、家族向けの料金プランでは併用のできないプランもあるため、大きく分けて2つのパターンから選ばなくてはなりません。
この記事では、新料金サービスの基本が理解できるだけでなく、低料金で利用するために料金プランを選べるように解説します。一度理解してしまえば、もう中身がよく分からないままに高い携帯料金を払うことなく、気持ちよくスマホ・携帯電話を使いこなせるようになるはずです。

通話し放題プラン

sumahoudai01

通話し放題プラン スマートフォン

iPhoneやAndroidなど、スマートフォンの基本料金「通話し放題プラン」は月額2700円です。
通話の相手がソフトバンク以外のauやドコモ、固定電話でも、時間帯も通話時間も気にすることなく電話することができます。

通話し放題プラン 3Gケータイ

折りたたみなど従来の携帯電話の場合は基本料金「通話し放題プラン」の月額料金が2200円と若干低く設定されています。

タブレット

iPadなどのタブレットは、「タブレットプラン」という基本プランになり、月額料金は1700円です。

ほとんどの場合、ウェブ基本使用料「S!ベーシックパック」への加入が必要

インターネット接続には、「S!ベーシックパック」月額300円への加入が必要です。
タブレットプランは必ず加入する必要があります。
スマートフォンや従来の携帯電話でも、メールやwebサイトを全く使わないという場合を除いて、基本的には加入が必要になってしまうでしょう。
ドコモでいうiモード、auのezwebのようなサービスです。

データ定額パック

sumahoudai02

6段階から選ぶ「データ定額パック」

インターネットのデータ通信をどの程度利用するかによって、選ぶことができます。
1GBごとに1,000円でデータ通信量を追加購入することもできます。
例えばデータ定額パック10を選んでいたけど、もう少しインターネットをしたいという場合には、追加で1000円払うことでその月は合計11GBまで利用することができます。

1GBってどのくらい?

たくさんのデータ通信を必要とするのは、動画の閲覧をしたり、たくさんのファイルを送受信や同期したりするような場合です。
逆に言えば、文字がメインのwebサイトであれば、長時間インターネットをしていても、ほとんどデータ通信を行わなかったということが多いでしょう。
しかし自分や自分の家族が、どの位のデータ通信量を必要とするか分からないという方も多いかと思います。
正確に知るためには、今までの通信量を自分のスマホや、料金の明細などから知ることもできますが、ここでは簡単なアンケートの統計から、大まかに予想してみましょう。
下記のグラフは、一般ユーザーは1ヶ月にどの程度のデータ通信を行っているかのアンケート結果です。
86%のユーザーは1ヶ月あたり7GB以内に収まっており、半分近いユーザーは1GBで足りてしまっているようです。

sumahoudai03

調査結果について詳しくはTouch Labのこちらの記事をご覧下さい。
「iPhoneのデータ通信量、86%のユーザーは1ヶ月7GB以内〜上位10%が全体の半分を消費」

データ通信1GBあたりはいくら?

1GBあたりの料金を下記の表のように計算してみました。
定額パック2と定額パック5の間、定額パック10と定額パック15の間には、1GBあたりの料金に大きく差がでることが分かります。
そのため、特に1ヶ月の通信量が2GBを超えるかもしれない、10GBを超えるかもしれないという場合には、1つ大きな定額パックを検討する方が良いかもしれません。
特に家族で2台以上利用する際には、この後に解説する「データくりこし」と「家族おトク割」か、「家族データシェア」かは併用できず、どちらかを選ばなくてはなりませんので、是非下記の表も見ながら検討してみて下さい。

sumahoudai04

使用制限に注意

データ通信量をオーバーしてしまうと、請求月末まで通信速度が送受信時最大128Kbpsと低速化されてしまいます。

データくりこし

sumahoudai05

データ定額パックの通信量を利用しきらずに余ったデータ容量を、100MB(=0.1GB)単位で翌月に繰り越すサービスです。
データ定額パック2を除いた、データ定額パック5以上のプランが対象です。
「家族データシェア」「U25ボーナス」と併用することはできません。

家族おトク割

sumahoudai06

「家族おトク割」は、家族で2回線以上利用する場合、データ定額パックの料金を2年間割引するものです。
また、「定額パック2と定額パック5」の組み合わせでは適用されず、合計で10GB以上のデータ定額パックの利用が必要です。
こちらも、「家族データシェア」「U25ボーナス」との併用はできません。

家族データシェア

sumahoudai07

ひとつのデータ定額パックのデータ量を家族で共有できるサービスです。
子回線1回線につき500円が必要で、10GBから30GBのデータ定額パックを分け合うことができます。

長期継続ボーナス

sumahoudai08

ソフトバンクは、携帯料金に応じてもらえるポイントサービスを「ソフトバンクポイント」から「Tポイント」に移行しました。
長期継続ボーナスは、これからソフトバンクを長く利用すると、Tポイントを多く貰える仕組みです。
通常は利用料金1000円あたり5ポイントですが、3年目以降は2倍、11年目以降は5倍のポイントを貰うことができます。

U25ボーナス

sumahoudai08

「U25ボーナス」は、25歳以下だと基本料金を500円割引、さらにデータ量を1GB追加するという特典です。
26歳の誕生日まで、毎月特典を提供するサービスです。

まとめ

・新しいスマホの基本料金は「通話し放題プラン」で月額2700円。
・データ定額パックは、インターネットの通信量によって選択する必要がある。
そして、家族で合計10GB以上の定額パックを利用する場合には、プラン併用可否の関係で、データくりこし&家族おトク割を取るか、家族データシェア&U25ボーナスを取るか選ばなければいけません。
・データくりこし&家族おトク割を選ぶと、1人300〜3000円ずつ安くなり、余った通信量は翌月に繰り越せる
・家族データシェア&U25ボーナスを選ぶと、インターネットをほとんどしない人がいても、ムダなく家族で分け合うことができる
・さらに、家族に25歳以下の人がいる場合には500円安くなる上に1GBの通信量が増えます。
もし家族の中にスマホを使う25歳以下の人がいる場合には、U25ボーナスを受けることができるので、家族データシェア&U25ボーナスを選んだ方がお得になるケースが多いでしょう。
また、家族のデータ利用量を合計すると10GB以上必要なものの、もしくはほとんどインターネットを使わない人がいるような場合にも、家族データシェアの方が良いかもしれません。
今回の記事をもとに賢くプランを決めたら、あとは時間を気にせずに長電話をしたり、インターネットやアプリを思いっきり楽しんで下さい。

iPhone(アイフォン) ブログランキングへ
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へ
にほんブログ村

ブログランキング

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧