ソフトバンク

ソフトバンクのスマホ料金プランで抑えたい3つのこと

ソフトバンクでスマートフォンといえば、現在発売されているiPhone7/Plusに至るまで、長年取扱いを行なっているiPhoneをイメージする方が多いことでしょう。
しかしここ最近は、ソニーのXperia XZなど他社でも扱っている端末や、シャープのAQUOS Xx3といったオリジナリティ溢れる端末など、Android勢でも注目の機種が登場しています。

お父さん携帯


こうして続々と注目の端末に惹かれて購入を検討する際、端末本体の価格や割引の有無をチェックされてはいると思いますが、毎月支払う通話や通信料金についても比較検討されていますか。
ひょっとして、新規契約した時からずっと同じ料金プランのままで、必要以上に料金の支払いをしていませんか。
電気や水道などと同じく毎日使う携帯電話ですから、料金プランについても特徴をしっかり理解して、皆さんの用途に合ったおトクなプランを選びたいものですね。
ソフトバンクで提供されている料金プランで、ポイントとなるものをピックアップしてみましたので、料金プランの検討にお役立てくださいね。

1.「かけ放題」は、電話だけじゃない?

いわゆる新料金プランと呼ばれるサービスは、通話がし放題となる基本料金プランと、パケット通信の定額制サービスとを組み合わせた形で提供しています。
denwa
 
ソフトバンクも『スマ放題』という名前で提供していますが、通話の「基本プラン」は月額2,700円と金額面では他社と同様ではあるものの、特徴として他社では対象外となるSMSの送信も対象に含まれるという点です。

手軽にやり取りできるSMSの利用が多いという方は、通話と併せてチェックしてくださいね。

2.データ容量は、自分ひとりだけじゃなく家族の事も考えて!

『スマ放題』『スマ放題ライト』の「データ定額パック」は、データ容量が1GBから30GBまで(このほか「シンプルスマホ」専用のコースもあり)と幅広いコースが用意されていますので、メールやホームページを少しチェックするだけだったりWi-Fiでの利用が中心という方は少ないデータ容量で、家でも外出先でもどんどん利用したいという方は多いデータ容量でと、選択肢も様々です。
3
また他社も同様のサービスを提供してはいますが、余ったデータ容量を翌月に繰り越して利用したり、家族間で余ったデータ容量を共有する事もできます。
1人でスマホやタブレット端末などを複数台持っていたり、家族全員スマホを持っているけど、お子さんはSNSやゲームで、お父さんは仕事でスマホを多く使うものの、お母さんはたまにホームページを閲覧する程度といったように家族間で使用するデータ容量がバラバラであってもムダなく有効活用する事ができます。
2年間の契約更新のタイミングで、MNPするということがお得な利用方法として定着しつつありますが、ソフトバンクでは長期利用者に対しても優遇するキャンペーンを実施しています。
毎月500円相当のTポイントまたは200円の割引を受けることができる他、2年間の契約更新をする度に3,000円相当のTポイントを受け取ることができます。
最終的に2年間使い切ると、15,000円相当のTポイントが貰えることになるため、機種変更の機種代金の一部にしたり、普段の買い物にも使えるため実質的な値引きと同等ということになります。

3.徹底的に利用料金を抑えるなら『ホワイトプラン』

XperiaZ3
少し前までのソフトバンクの料金プランといえば『ホワイトプラン』が馴染み深いですね。
月額980円で、ソフトバンクどうしの通話が1時〜21時まで無料なので、周りにソフトバンクのユーザーが多い人にとってはメリットが大きくなります。
この『ホワイトプラン』、当初は2014年8月末で新規受付を終了予定でしたが、その後変更され、現在も新規受付を継続しています。
auで同様の料金プランを継続している事もあるのでしょうが、やはりニーズがあるからこそ継続する事を決めたのでしょう。
ニーズの一つには、やはり毎月の維持費の安さにあると思います。
『スマ放題』では、最も安い組み合わせでも5,900円〜(「基本プラン」+ S!ベーシックパック + データ定額パック1GBの合計。消費税や月々割などは加味せず)ですが、『ホワイトプラン』なら1,234円〜(『ホワイトプラン』+S!ベーシックパックの合計。通話料や通信料、消費税などは加味せず)利用可能なのは大きいです。
既に他の電話機を使用していたり、通信の利用はWi-Fiが中心でパケット通信はたまにしか使用しないのであれば、『ホワイトプラン』で利用するというのも手です。
ただし上記の組み合わせでは、毎月の基本使用料や通話料などから2年間一定額を割り引く「月々割」は利用できませんので、その点は注意が必要です。

まとめ

以上、ソフトバンクのスマホの料金面でのポイントを3つ挙げましたが、料金面以外に忘れてはならないのが、様々な調査結果において高速で通信できるという結果が出ているといったように、品質面でも優れているという点です。
ソフトバンクなら、用途に応じて料金プランやサービスの様々な組み合わせができますし、また1人で使う場合も家族で使う場合もメリットがありますので、おトクにそして快適なスマホライフをおくってくださいね。

関連記事

ソフトバンクオンラインショップ
ソフトバンクで手に入る実質負担金0円の人気機種まとめ
ソフトバンクで絶対見逃したくない得するキャンペーン6選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧