ソフトバンク

なぜお得?なぜ安い?ソフトバンクの料金形態を徹底解説

毎月、地味に家計に響いてくるiPhoneなどのスマホ代。
ガラケー時代より確実に高くなっているけど、かといってもうスマホ無しの生活は考えられない!今まで通り、スマホを使いたいけど、料金だけは安くしたい!そんなワガママにも応えてもらえる可能性があるのです。
それは安いと評判のソフトバンクに替えると言う方法。何故、ソフトバンクがお得で安いのでしょうか?料金携帯を徹底解説していきます。

基本料金プランンはこんな人に向いている!

softbank
まずソフトバンクとの契約をする際に、以下の3つの料金プランから選ぶことになります。また、それぞれのなかに、細かい割引プランなどがありますが、まずは基本と言うことで今回は割愛します。
3つのプラントは①スマ放題②スマ放題ライト③ホワイトプランです。
ここでは、それぞれの料金プランの特徴と、こんな人に向いているかをまとめていきます。

スマ放題

【特徴】

・国内通話料無料(24時間、他社携帯、固定電話含む)
・パケット代を翌月に繰り越せる

【基本料金】

基本使用料2700円+ウェブ使用料300+データ定額サービス(パケット量)
※パケット量=1GB2900円、2GB=3500円、5GB=5000円、20GB=6000円、30GB=8000円
※基本使用料2700年は2年縛り契約時。フリープランだと4100円

【こんな人に向いている!】

・通話もネットもとことん使いこなしたい人
・家にPCなどがなく、基本全てスマホでネットなどをしている人
・LINEやメールより通話をすぐするような人(恋人や親友などとの長電話含む)

【平均的な月料金】

8000円程度

スマ放題ライト

【特徴】

・国内通話1回5分以内無料(5分以降20円/30秒)

【基本料金】

基本使用料1700円+ウェブ使用料300+データ定額サービス(パケット量)
※パケット量=1GB2900円、2GB=3500円、5GB=5000円、20GB=6000円、30GB=8000円
※基本使用料1700円は2年縛り契約時。フリープランだと3200円

【こんな人に向いている!】

・電話は要件だけの人(5分以内)
・通話はその迄しなくともネットやゲームなどはとことんしたい人

【平均的な月料金】

7000円程度

ホワイトプラン

【特徴】

・ソフトバンク携帯宛(1時~21時)=無料、それ以外の時間帯と他社=20円/30秒
・基本データ量は7GB。(シンプルスマホのみ例外で500GBあり)

【基本料金】

基本使用料934円+ウェブ使用料300+パケット量
※パケット量=7GB=5700円(パケットし放題フラット for 4G)、従量制(2,000円~6,200円/月(パケット通信料:0.05円/パケット)
※基本使用料934円は2年縛り契約時。フリープランだと1867円

【こんな人に向いている!】

・2台目のスマホだったり、ガラケーから機種変更したばかりで、そこまで使いこなす自信がない
・特定の相手、特定の時間しか通話をしない人(ソフトバンク宛、1時~21時)

【平均的な月料金】

※1日1分ほど通話=8000円前後
以上が、基本の3プランの特徴です。
さすが上手く計算してあって、確実にどっちがお得と使い方次第で変わってくるので難しいところですが、最近では通話はLINEやSkypeで賄っていて、キャリアの通話をしない人はホワイトプランでもよいでしょうね。
しかし、ホワイトプランのデメリットは、パケットが7GBしか選べない点。最近のアプリなどはパケットを喰うものも少なくないので、それ以上必要となると高額な追加料金が課されるか、低速を我慢するしかないので、厳しいところではあります。

MNP乗り換えでお得!

AKANE20160312422213_TP_V
電話番号を替えずキャリアを自由に変更できるサービスMNP。キャリア会社としても、ユーザーが+1になるだけでなく、ライバル会社が-1になるため、最も力を入れているプランです。
残念ながら、国から0円携帯など過剰なサービスに規制が入ってしまったため、昔、ソフトバンクでもあった「乗り換え割」(ソフトバンクにのりかえ(MNP)すると、機種代金もしくはご利用料金から10,368円割引)は終了してしまいましたが、携帯販売店独自にキャッシュバックサービスはいまだに行っており、事実上解約料や本体代が賄えるほどになっており、0円携帯も現実は存在しているようなものです。
そのキャッシュバック、ドコモ、au、ソフトバンクどこのキャリアでも販売店はキャンペーンを行っていますが、ソフトバンクがその額が一番高いと言われています。一説では、ソフトバンクから販売店に支払われている販促代が高いので、キャッシュバックに高額還元できるとか。
なかには80000円ほどにキャッシュバック額がなっており、それを携帯電話代に充足すれば安く感じるのは間違いありません。

おうち割でお得!

3576046683_e2196a6cae
ソフトバンクとの契約をスマホ(携帯電話)だけでなく、家のネット(ソフトバンク光)や電力(ソフトバンクでんき)なども一緒にしてしまうことで「おうち割」の割引を受けることができます。
例えば3人家族のご家庭で、上記の3つ全てをソフトバンクにした場合、毎月4766円割引、2年間でなんと114384円をも値引きされることとなり、かなり大きな金額となります。
スマホも家のネットも電力会社も正直、サービスやクオリティは横並びでどこでも一緒だと思っていませんか?それだったらソフトバンクに統一して「おうち割」を使わない手はありません。

大型パケット量契約で追加料金なし

36
今やスマホは、通話やメールだけでなく、ゲームに地図アプリに、動画閲覧に、音楽視聴になどありとあらゆることに使っています。
それだけ使用するパケット量(データ通信料)は膨大になり、ついつい月々の契約のパケット量を超えてしまい、月末は低速で耐えるか、追加料金を払って元のスピードに戻したことがある人は、一人や二人ではないと思います。
この追加料金が、スマホ代を高くしている大きな要因の一つです。ただ、ソフトバンクの場合、新設された20GB=6000円のプランや30GBプランもあり、とことん使いこなしてもなかなか上限まで達することはないでしょう。
更に、スマ放題なら余ったパケット量はよく月に繰り越せるから安心です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ちょっとした工夫で年間数万円も変わってくることもあるなんて正直驚きですよね。
例えば、iPhone7ならどこのキャリアでも、同じappleの本体で一緒。なら、少しでもお得なプランを見つけて活用しましょう。

関連記事

安くてお得なのは?賢く選ぶソフトバンク料金プラン5選
お得なのは?ソフトバンクの料金プラン比較ポイント5つ
ソフトバンクの料金プラン、一番お得なプランは一体どれ?

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧