ソフトバンク機種変更の全方法|超お得なキャンペーン・クーポン活用法まとめ!


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-yk0i9a6188

ソフトバンクで機種変更をするときには少しでもお得にしたい思いませんか?

お得に機種変更をするときにまずチェックしたいのがクーポンやキャンペーンですよね。話題の新機種が出るたびにソフトバンクではお得な情報が出されています。しかし、どんなクーポンやキャンペーンを活用することが一番お得になるのでしょうか?

 

今回の記事では、ソフトバンクで機種変更するときにお得なキャンペーンやクーポンの情報をお伝えします。ソフトバンクでは多くのクーポンやキャンペーンを実施しているので、中でも超お得なものを厳選しました。ここで紹介している方法を使うと最大で36,000円もお得に機種変更できる可能性もあるんです。

 

機種変更を予定していたり、クーポンやキャンペーンの内容次第で考えたいという人も、今回の記事を参考にしてお得に機種変更をしてみてはどうでしょうか?

 

1. 機種変更の全方法

uni_monv15002722_tp_v

ソフトバンクで機種変更をする際には大きく分けて2つの方法があり、どちらの方法にもメリットとデメリットがあります。

余計な手間や出費にならないようにそれぞれの特徴をよく理解して機種変更をするのがおすすめです。

ここでは2つの方法とそれぞれのメリット、デメリットを詳しく見ていきます。

1-1. ショップで機種変更をする

hongkong_dsc02637_tp_v

おそらく一番メジャーな方法であるソフトバンクショップや家電量販店などのショップで機種変更する方法です。

ふらっと立ち寄ってみたり、料金プランなどの相談、各種手続きなどでなにかとお世話になることも多いショップですが、やはりショップで機種変更するのにもメリットとデメリットがあります。

 

まず、店員さんと相談しながら自分の用途に合った機種や料金プランを選べるのが魅力です。また、デモ機が設置されていることもあるので希望の機種を実際に見て触ることもできます。

逆に、デメリットとしては店員さんの話に乗せられてついつい不要なオプションを付けてしまい余計な出費につながってしまうことと、時間がかかることがあげられます。

少しでも無駄な時間を減らすために事前に免許証などの本人確認書類と印鑑、現在利用している端末を忘れずに持っていきましょう。

 

デメリットを少しでも減らすためにはどうしたらいいでしょうか?料金プランやオプションについては慎重に選ぶことです。時間がかかることに関しては、近くのお店で買い物をするなど、待ち時間を有効に使える準備をしてからショップを訪れるといいでしょう。

1-2. オンラインで機種変更をする

mbp9v9a8418_tp_v

ショップで機種変更をする方法以外にはオンラインショップで機種変更をする方法があります。

オンラインショップでの機種変更については細かい説明や疑問点を解決してくれる店員さんがいないので自分で判断しなければならないというデメリットがあります。

一方で、手間がかからず自宅でできてしまうというメリットもあります。

 

ショップでの機種変更に比べてオンラインショップでの機種変更にはなじみのない人も多いと思われるので、簡単に申し込みから受け取るまでの手順を説明していきますね。

1-3. オンラインショップでの機種変更の手順

imaric20160805210023_tp_v

オンラインショップで機種変更をする時に必要なものと、その手順をご紹介します。

オンラインで機種変更をするのに必要なもの(ソフトバンクの場合)

  • 「Mysoftbankアカウント」
  • 「利用中の携帯番号+契約時に決めた4桁の暗証番号」

以上のうちどちらか1点があれば大丈夫です。

念のために「Mysoftbankアカウント」について説明しておくと、料金明細や各種オプションサービスの確認、申し込みなどを行うMysoftbankというサイトで使うアカウントのことです。それほど頻繁に利用するものではないので忘れてしまっている人も多いと思いますが、忘れていても携帯番号と暗証番号があれば大丈夫なので心配しなくても大丈夫ですよ。

 

さて、準備が整ったらソフトバンクのオンラインストアにアクセスします。自分が欲しい機種を探してそのページを開き、そこから申し込みをします。申し込みについては画面の指示に従っていけばいいのでそれほど難しくはありません。

しかし、デメリットのところでもお話ししたように、料金プランやデータ量などについて店員さんに相談できないので、自分で調べたり、157に電話することでも詳しい説明を聞くことができます。

 

機種変更を申し込んだら、機種の受け取りです。受け取りには自宅で受け取る方法と希望するソフトバンクショップで受け取る方法があります。

自宅で受け取る場合は開通手続きなどを自分でやる必要がありますが、ソフトバンクショップで受け取る場合には店員さんに手伝ってもらうこともできるので、データ移行など不安な人はソフトバンクショップで受け取る方法を選んだ方がいいかもしれません。

2. 機種変更前にやっておきたい準備

ソフトバンクで少しでもお得に機種変更をするために、気を付けてほしい注意点があります。。キャンペーンやクーポンで出費を抑えることはもちろん大切ですが、ここにある注意点を知っておくことで余計なストレスや無駄な時間を少しでも省くことができます。機種変更の前にしておくと便利なデータ移行の準備についてまとめました。

2-1. データ移行の準備

みなさんはスマホにどんなデータを入れていますか?連絡先や大切な写真に動画など、本当に大切なものが詰まっていますよね。機種変更をする時にはこのデータも新しい機種に移し替える必要があります。

機種変更をしたときに、スムーズにデータ移行できるようにあらかじめ準備をしておくといいですよ。データ移行をする前にしていくと便利な準備をまとめました。

  1. データのバックアップをする(iphoneならばiTunes、AndroidならSDカードがおすすめ)
  2. 引継ぎ準備が必要なアプリの準備(LINEやゲームアプリなど)

 

それぞれの詳しい手順はお使いの機種やアプリからご確認ください。この準備をせずに店頭で機種変更を行うと、端末の下取りで大切なデータが移せない、なんとことにもなるかもしれません。

もちろん、そんなことにならないようにお店で手伝ってくれますが、時間がかかってしまいます。

 

やはり、事前に準備をしっかりしてから機種変更の手続きをしたいですね。

2-2.  AndroidからAndroidへのデータ移行のやり方

Androidのスマホは機種も豊富で自分好みにカスタマイズできるところも魅力ですよね。機種が豊富で選べるということで機種変更する機会も多いスマホかもしれません。まずは、AndroidからAndroidへのデータ移行の手順について確認してみましょう。

Androidのデータ移行には

  • 【SDカード】を使う方法
  • 【赤外線通信】を使う方法
  • 【Googleアカウント】での移行

 

の3つの方法があります。このなかで一番手軽なのはSDカードを使う方法です。データをSDカードに入れて新しい機種にSDカードごと移せば完了です。とても簡単でおすすめです。

 

その他の赤外線通信を使う方法はお互いに赤外線通信ができる機種でなければできません。また、時間がかかってしまうことも欠点です。

Googleアカウントを使う方法でああれば、写真やアドレス帳の移行は簡単にできますが、その他の設定はできません。

 

以上のように、AndroidからAndroidへのソフトバンクのスマホの機種変更にはSDカードを使うのが簡単でよさそうです。

2-3. iPhonからiPhoneへのデータ移行のやり方

iPhoneからiPhoneへのデータ移行は【iTunes】を使うことになります。古いiPhoneのデータを【iTunes】にバックアップし、新しいiPhoneで復元するだけです。

PCを使うのが一番簡単ですが、PCをお持ちでない場合はiCloudを使ってデータ移行をすることになります。iCloudを使うにはiPhoneの【設定】から【iCloud】の設定画面に行き、【バックアップ】を有効にします。

 

バックアップについては機種変更のときだけでなく、普段からしておく習慣にしておくことをおすすめします。大切なデータはバックアップをとっておく、デジタル生活を送るうえでの基本です。

2-4. iPhone⇔Androidのデータ移行

データ移行の中でももっともややこしいのがiPhone、Android間のデータ移行です。このデータ移行が面倒なために、Androidを使う人はずっとAndroidを、iPhoneを使う人はずっとiPhoneということも多いようです。iPhone、Android間のデータ移行をマスターして、機種変更の幅をぐんと広げましょう。

 

といっても、実はデータ移行に関しては便利なアプリや基本的な操作で完了できるのでそれぞれをよく確認して大切なデータがなくならないようにしましょう。

 

  • アドレス帳、写真

アドレス帳や写真は【JSバックアップ】というアプリを使うのが便利です。元の機種にJSバックアップをダウンロードし、指示に従って【バックアップ】します。次に新しい機種にもJSバックアップをダウンロードし、【復元】をすることで完了です。

 

  • 音楽データ

音楽データはどのようにデータを管理しているかによってやり方が変わります。基本的にはパソコンを通じてデータを移行するのがおすすめです。

 

  • その他アプリのデータ

LINEやゲームなどのアプリには機種変更の時の引継ぎ設定があります。それぞれのアプリの引継ぎ設定をしてから機種変更をしましょう。

 

ここまで機種変更のやり方と、機種変更時にやっておきたいデータ移行の方法についてまとめてみました。次はいよいよいかにお得に機種変更をするか、お得なキャンペーンやクーポンの情報をお伝えします。

 

3. 機種変更をお得にするソフトバンクのキャンペーン

機種変更をするときにやはり一番気になるのは、その料金です。端末代金を少しでもお得にして機種変更したいと思うのが人情というものですよね。

ソフトバンクでは、お得に機種変更ができるキャンペーンを実施しています。こちらのキャンぺーンの中に利用できるものがあれば積極的に利用してお得に機種変更をしてください。

3-1. タダで機種変更キャンペーン

iPhone7やiPhone7plusにお得に機種変更ができるソフトバンクのキャンペーンです。

 

iPhoneシリーズやソフトバンクの下取り対象スマホを下取りすることでiPhone7、iPhone7plusなどの機種代金が割引になります。下取り対象の機種はのちほどご紹介しますが、こちらのキャンペーンを利用することで最大36,000円もお得に機種変更をすることができます。

36,000円お得になるということは、iPhone7(32G)のモデルに機種変更すれば実質0円でさらに15,480円の割引も受けられるということです。現在使っている機種が下取り対象になっていればぜひ査定を受けてみたいですね。

 

下取り対象機種

  • iPhone

iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、iPhone 4s、iPhone 4、iPhone 3GS、iPhone 3G

  • スマートフォン

Xperia™ X Performance、AQUOS Xx3、DIGNO® F、AQUOS Xx2 mini、AQUOS Xx2、Nexus 6P、Xperia™ Z5、AQUOS CRYSTAL 2、AQUOS Xx、Xperia™ Z4、Galaxy S6 edge、DIGNO® U、シンプルスマホ2、AQUOS CRYSTAL X、Xperia™ Z3、AQUOS CRYSTAL、AQUOS Xx 304SH、AQUOS PHONE Xx mini 303SH、AQUOS PHONE Xx 206SH、AQUOS PHONE Xx 302SH、ARROWS A 301F

  • ケータイ

DIGNO® ケータイ、DIGNO® ケータイ for Biz、かんたん携帯9、AQUOS ケータイ、COLOR LIFE 5 WATERPROOF、かんたん携帯8、COLOR LIFE 4 WATERPROOF 301P、THE PREMIUM 10 WATERPROOF 301SH

  • その他機種

101DL、001DL、001HT、X06HTⅡ、X06HT

 

割引対象機種

iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、4G スマートフォン

 

対象の機種であっても電源が入らないなどの故障の場合は下取りしてもらえない場合もあるので気を付けてくださいね。故障してしまっている機種から機種変更をする場合は次のキャンペーンを利用するといいかもしれません。

 

3-2. 故障端末買取キャンペーン

故障した機種を下取りしてもらうことで、Tポイントがもらえるキャンペーンです。ソフトバンクのスマホが最大9,000ポイントのTポイントと交換できるので、壊れてしまった機種を機種変更するときには申し込むといいかもしれません。

 

機種変更のきっかけとして使っている機種の故障というケースも多いと思います。そんな時に使えるのがソフトバンクの故障端末買取キャンペーンです。このキャンペーンでは、水没や電源が入らなくなってしまった機種をTポイントで引き取ってもらえます。

直接の割引にはなりませんが、Tポイントはいろいろなお店やネットショッピングで使うこともできるのでお得です。

 

壊れた機種をリサイクルショップなどに持ち込む人もいるかもしれませんが、その前に一度こちらのキャンペーンで確かめてみることをおすすめします。

 

3-3. 機種変更先取りプログラム

指定の機種を購入するときにこちらのプログラムに参加することができます。このプログラムは12ヶ月以上の利用で機種変更するときに、機種代金の残金を最大7ヶ月分を免除してもらえます。

 

例えば、iPhone7(256GB)の機種代金の実質負担額は月月1830円なので、12,810円もお得になる計算です。ただし、プログラムは対象機種を購入時に申し込む必要があります。また、プログラム利用料として月月300円かかるので注意してください。

 

プログラム対象機種(購入時にプログラムに加入できる)

iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、Xperia™ XZ、Xperia™ X Performance、Xperia™ Z5、Xperia™ Z4 、AQUOS Xx3、AQUOS Xx2、AQUOS Xx2 mini、AQUOS CRYSTAL 2、DIGNO® F、DIGNO® U、Nexus 6P、Galaxy S6 edge、SoftBank 503LV、STAR WARS mobile

 

機種変更対象機種

iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、Xperia™ XZ、Xperia™ X Performance、Xperia™ Z5、AQUOS Xx3、AQUOS Xx2、AQUOS Xx2 mini、AQUOS CRYSTAL 2、DIGNO® F、Nexus 6P、Galaxy S6 edge、SoftBank 503LV、STAR WARS mobile

 

新しい機種がでたらすぐに機種変更したいという新しい物好きの人は月月300円かかっても加入する価値のあるプログラムだと思います。ちなみに、プログラムを利用せずに機種代金を払い終えるとプログラム料金は全額返金されます。

 

3-4. スマホデビュー割

2016年12月21日から始まる新しいキャンペーンで、これまでの【スマホデビュー月月割】や【スマホへ無料交換プログラム】に代わるキャンペーンです。

 

ソフトバンクのケータイからスマホに機種変更する場合、月々2,100円の割引になります。しかもこの割引は次に機種変更するまでずっと続くので、2年で50,400円、3年使えば75,600円もお得になるんです。ガラケーからスマホへの機種変更をお考えであれば一番にお勧めできるキャンペーンです。

 

しかも、対象のスマホに機種変更する場合、機種代金が特別価格となりさらにお得になります。

対象機種と特別料金

  • DIGNO F 特別価格80円/月
  • iPhone SE 16GB 特別価格1,080円/月
  • iPhone SE 64GB 特別価格1,580円/月

 

3-5. お得に機種変更サポート

ソフトバンクの指定機種から対象機種に機種変更する場合、毎月1,000円、最大5ヶ月分5,000円が割引になるキャンペーンです。

 

指定機種(機種変更前の機種)

  • スマートフォン

003P、005SH、006SH、007HW、007SH、007SH J、007SH KT、008Z、009SH、009SH Y、009Z、101F、101K、101N、101P、101SH、102P、102SH、102SH 2、103SH、104SH、106SH、107SH、107SH B

  • スマートフォン(シンプルスマホ)

204SH

 

対象機種(機種変更後の機種)

iPhone、スマートフォン、ケータイ

ただし、下記機種を除く。

  • スマートフォン:003P、005SH、006SH、007HW、007SH、007SH J、007SH KT、008Z、009SH、009SH Y、009Z、101F、101K、101N、101P、101SH、102P、102SH、102SH 2、103SH、104SH、106SH、107SH、107SH B、200SH、201F、201HW、201K、201M、202F、202K、203SH、205SH、206SH
  • シンプルスマホ:204SH
  • ケータイ:001P、001SC、002SH、004SH、004SH PJ、841SH、841SH s、842SH、941P、942P、943SH、944SH、945SH、945SH G

 

ここまでご紹介してきたキャンペーンは2016年12月現在のものです。キャンペーンは摘要の対象が変わったり、終了することもあるので詳細はソフトバンクの公式サイトで確認してくださいね。

 

3-6. 事務手数料無料キャンペーン

ソフトバンクが指定する機種から機種変更する際に、通常3000円かかる事務手数料が無料になるキャンペーンです。

 

意外に表に出てこないのが事務手数料。機種変更をする時に手数料として3000円も取られていることをご存知でしたでしょうか?たったの3000円と思うか、3000円もと思うかは人それぞれだとは思いますが、お得になるならたとえ3000円でもお得に機種変更したいものです。

自分が使っている機種が指定の機種でキャンペーンが適用されるか確認してみてください。

 

指定機種(機種変更前の機種)

  • ケータイ

001P、001SC、002SH、004SH、004SH PJ、841SH、841SH s、842SH、941P、942P、943SH、944SH、945SH、945SH G Ver.GP30th

  • スマートフォン

003P、005SH、006SH、007HW、007SH、007SH J、007SH KT、008Z、009SH、009SH Y、009Z、101F、101K、101N、101P、101SH、102P、102SH、102SH II、103SH、104SH、106SH、107SH、107SH B、204SH

  • スマートフォン(シンプルスマホ)

204SH

  • シンプルスタイル(プリペイド携帯電話)

101P、107SH、101N、101SH、102P、009SH、102SH II、007SH、101K、201HW 3G

 

対象機種(機種変更後の機種)

iPhone、スマートフォン、ケータイ、シンプルスタイル(プリペイド携帯電話:BLADE Q+、AQUOS CRYSTAL)

ただし、下記機種は対象外。

  • ケータイ:001P、001SC、002SH、004SH、004SH PJ、841SH、841SH s、842SH、941P、942P、943SH、944SH、945SH、945SH G Ver.GP30th
  • スマートフォン:003P、005SH、006SH、007HW、007SH、007SH J、007SH KT、008Z、009SH、009SH Y、009Z、101F、101K、101N、101P、101SH、102P、102SH、102SH II、103SH、104SH、106SH、107SH、107SH B、204SH、200SH、201F、201HW、201K、201M、202F、202K、203SH、205SH、206SH

 

話題のiPhoneが対象機種になっているのがうれしいですね。

 

4. これは裏技と言っていいレベル MNP引き止めポイントを活用しよう

通称コジ割とも呼ばれるMNP引き止めポイントを知っていますか?機種変更ではMNPを利用してソフトバンクから他社に乗り換える方がお得だと思われていますが、実はコジ割を使うことでソフトバンクのまま機種変更をする方が断然お得になるんです。それではコジ割について詳しく見ていきます。

そもそもコジ割とはどのようなものでしょうか?

SoftBnak、au、docomoの各キャリアでMNP番号の発行申請を電話で行うと、他社にMNP(移行)しないでくれたら3万円分の機種変更に使えるポイントを付与します、といった案内がなされる非公式サービス。
ポイントは1万〜3万円分と幅があり、貰えない場合もある。しかし、複数回チャレンジすると2回目、3回目で付与されるなどといった実績もあり。条件は不明だが、長期契約者は概ね3万円分のポイントが付与される傾向がある、そんな知らない人は大損してしまう超お得な裏技。

 

このMNP引き止めポイント(コジ割)を実際に利用した人は

 

と、このようにかなりお得に機種変更ができているようです。

 

4-1. MNP引き止めポイントのもらいかた

MNP引き止めポイント、通称コジ割は正式に公表されていません。ですが、さきほどのツイッターからの引用にもあるように、特にソフトバンクではよくもらえるようです。

具体的なもらい方ですが、電話のオペレーターとのやりとり次第という側面もあります。基本的なもらい方を紹介するので何度か挑戦してみて引き止めポイントをもらってくださいね。

 

  1. ソフトバンクのスマホ、ケータイから【157】に電話する(無料通話)
  2. 音声案内に従って【6→1】を入力する
  3. オペレーターが出たら「【MNP予約番号】をください」と言う
  4. オペレーターはソフトバンクからどこに転出するかを聞いてくるので【au】と伝える
  5. 転出の理由を聞かれることもあるので「自宅にauひかり回線があってお得になる」「家族がauなので」「機種変更するのに他者に乗り換えた方がお得だから」などと答える
  6. 少し間があってオペレーターから「ソフトバンクにとどまるならば〇万円分のポイントを付けることができる」と提案される
  7. 「それならばとポイントをお願いします」と伝える

 

これで機種変更をお得にすることができます。ポイントはオンラインショップやソフトバンクショップで使うことができます。ソフトバンクの場合、3万円分のポイントをもらえることも多いのでほんの少しの手間はかかりますが、引き留めポイントをもらってお得に機種変更をしてください。

 

4-2. 引き止めポイントをもらう時のコツ

基本的な流れはすでに紹介しましたが、時期や手順5の答えによっては引き止めポイントの提案がされないこともあります。しかし、そこであきらめてはいけません。その場合は1週間後にもう一度挑戦してみてください。何度か挑戦することも大切です。

何度も挑戦するのと同時に、乗り換えの理由もいろいろ試してみましょう。先ほど紹介した

  • 「自宅にauひかり回線があってお得になる」
  • 「家族がauなので」
  • 「機種変更するのに他者に乗り換えた方がお得だから」

 

の他にも

 

  • 「auウォレットのポイントが魅力的だから」
  • 「お得なクーポンを近くのショップでもらったので」

 

などいろいろな理由で試してみてはどうでしょう。間違っても「引き留めポイントが欲しいので」とは言わないようにしてくださいね。

 

それから、乗り換え先の他に、新しく機種変更を考えている機種について聞かれることもあります。その場合は、機種変更を考えている機種名を正直に答えるのがよさそうです。

そうすることによって、その機種に変更するときにだけ使えるポイントがもらえることもあるそうです。

 

5. 機種変更をよりお得にするポイント2つ

機種変更の時には、機種代金や事務手数料をお得にするほかにも毎月の支払いをお得にするための方法が2つあります。一つは料金プランを見直すこと。もう一つはオプションサービスを見直すことです。

これら2つはこまめに確認して見直せればいいのですが、なかなかそうはできないものです。機種変更を機会に2つのポイントを見直すことで少しでもお得に機種変更したいですよね。

 

それでは、料金プランとオプションサービスの見直しのポイントを見ていきましょう。

 

5-1. 料金プランの見直し

機種変更をよりお得にしたいならば料金プランはぜひ見直しましょう。ソフトバンクの料金プランは変更になることもあるので、定期的に見直すことで自分にあった無駄のないプランを選ぶことができます。契約した時のまま、という人は特に機種変更を機会に料金プランを見直してみましょう。

 

料金プランを見直す時に確認しておきたいポイントは次の2つです。

  • どのくらい通話しているか?
  • 毎月の通信量はどのくらいか?

 

ソフトバンクショップなどで確認してもらって、店員さんと一緒に最適なプランを選ぶのも一つの方法です。特に通話については【かけ放題プラン】もあるので必ず確認しておきたいポイントです。

通信量についてもよく動画を見たりする人であっても、自宅でWi-Fi環境で見ている人は意外に通信量は少ないものです。自分の感覚ではなく、きちんとしたデータを基にしっかりと見直したいですね。

 

5-2. オプションサービスの見直し

オプションサービスについてはショップで機種変更する時のデメリットでもお話ししましたが、契約した時に店員さんに勧められるままに加入しているものもあるかもしれません。月々300円程度であっても見直すことで長期的にはかなりお得になります。

 

特に気を付けたいオプションサービスはこちら

  • 留守番電話サービス
  • 〇〇取り放題、見放題系のサービス

 

留守番電話サービスは使っているようで使っていないという人も多いようです。もし使う機会が少ないならば思い切って外してしまうのも一つの方法です。

〇〇取り放題、見放題といったサービスは店員さんに勧められることの多いサービスです。自分にとって必要なものかどうかを見極めて加入するようにしましょう。

 

オプションサービスは機種変更をしたその場でなければ加入できないものと、後からでも加入したり外したりすることのできるものがあります。あとからでも加入できるものであれば、その場はいったん断る、というのも手かもしれませんね。

 

まとめ

ここまで、ソフトバンクの機種変更の方法とお得なキャンペーンの情報を見てきました。

キャンペーンは種類も多く、自分がどのキャンペーンを使えるのか分かりにくいという場合もあると思います。そんな場合はまずショップで相談することをおすすめします。

その際には、「乗り換えを検討している」ということを伝えるといいかもしれません。MNP引き止めポイントがあるぐらいですから、きっと親切に対応してくれますよ。

 

ソフトバンクでお得に機種変更するための方法をもう一度まとめてみると、

  1. MNP引き止めポイントを活用する
  2. 使えるキャンペーンを逃さず使う
  3. 料金プランを見直す
  4. オプションサービスも見直す

 

となります。特に1番の引き止めポイントはかなりのお得になります。ショップでもオンラインでもまずは引き止めポイントをもらってから機種変更をするとお得になります。

キャンペーンを適用したり料金プランについてはソフトバンクの公式サイトでシミュレーションすることもできるので試してみるのもいいかもしれませんね。

 

本記事を参考にお得にソフトバンクで機種変更してください。

 


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない