iPhone

ソフトバンク強し!iPhone6s購入で乗り換える3つの理由

ガラケー時代は、○○はつながる、つながらないとか、キャリアメールがあったので、「ドコモor「au」or「ソフトバンク」、どこにするかは、大きな問題でしたが、スマホ時代の今、シェア圧倒的No,1のiPhoneはどこのキャリアでも出ているし、メールからLINEに連絡ツールは変わりつつあるから、前程、どこのキャリアが良いとは言われなくなりました。
では、どこのキャリアでも同じなのでしょうか?しかし、それはNOなのです。料金設定やサービスなど、携帯電話キャリアの競争はややこしかったりするので、分かりづらかったりしますが、意外と調べてみると、差があったりするのです。
9月には新型iPhoneであるiPhone7が発売されるなんて言われるapple。今までの流れを考えると、iPhone7が発売されることで、一世代前のiPhone6sの本体代が安くなるので、そのタイミングを待っている人も多いのではないでしょうか。
そんな人は、特に必見!iPhone6s購入でソフトバンクを選ぶお得な理由3つを紹介します。

キャッシュバック率が高い

money2
国の規制が入ってしまった為、以前ほど大きな額にはなっていないMNPなどで機種変更した際のキャッシュバック。しかし、ソフトバンクを始め、どこのキャリアでもキャッシュバックは存在している場合が多いです。
どうせ本体代もバカにならないし、キャッシュバックで少しでも戻したいところですよね。例えば、一番キャッシュバック率が高いと言われているオンライン上のWeb販売店などでは、30000円ほど付く場合も。基本、ドコモ、ソフトバンクどこでもキャッシュバックが付くことも多いのですが、Web販売店に限らず、どこでも基本ソフトバンクが高い傾向があります。
ソフトバンクから奨励金の高さでしょうが、後述もするようにどこもほぼ機能は変わらないiPhone6s、どうせなら高キャッシュバックでお得しちゃいましょう。やはりお金がバックしてくるのは、無条件に嬉しいものですからね。

Wi-Fiスポットが多い

今や、スマホは電話やメールをするだけでなく、地図を見たり、音楽を聴いたり、ポケモンgoなどのゲームを楽しんだりとマルチデバイスとなっていますよね。便利なのは嬉しいのですが、やはり困りものがパケット代の高さ。基本値である5GB程度で契約していると、YouTubeなどの動画を見まくっていたりすると、意外と月末を迎える前に速度制限なんて悲劇も。
そこで、便利に使いたいのがWi-Fi。最近では、コンビニやカフェなど無料でWi-Fiを使えるスポットも増えてはいるものの、海外などに比べるとまだまだなことも事実。そこで、便利に使いたいのがキャリアが出しているWi-Fi。つまりソフトバンクWi-Fi、ドコモWi-Fi、auWi-Fiのことですね。
それらは、もちろんそのキャリアと契約していないと使えないのですが、現在の設置数がソフトバンク(全国46万ヵ所)au(全国24万ヵ所)ドコモ(全国12万ヵ所)と言われており、ソフトバンクが圧倒的に多いのです。
あまり気にしていないと気付きませんが、ファミレスやカフェなどの店頭に、よくお父さん犬のソフトバンクWi-Fiのシールが貼ってありますよ。ちょっと街中を歩いてみて下さい、あちこちで見かけますから。

ソフトバンクだけの機能/サービスが充実

YUKA20160818503514_TP_V
iPhone6s自体の機能は、どこのキャリアでも同じ本体だから機能は一緒です。ならどこでも一緒!?と考えると、それはちょっと違ったりするのです。各キャリアが出している独自のサービス/機能が存在しています。
そこで、特筆しているのがソフトバンクなのです。例えば、契約当日から8日以内に電波が繋がりにくいと判断した場合、契約のキャンセルができるプログラムである『電波保障プログラム』や、TwitterやfacebookなどのSNSやキャリアメールなどを1つのアプリで電話のメッセージの送受信や発着信履歴できる『電話帳統合』など喉から手が出るようなサービスが充実。
特に、『電話帳統合』はSNSだけで連絡とっている人などもいる、この時代にマストなサービスかもしれませんね。

キャリアごとのiPhoneの違いは?

ずばり結論から言ってしまうと、大きな違いはないのです。
前述したようなキャリア独自のサービス/機能はあるものの、iPhone6s自体は、どこでもapple製ですから同じものというわけです。あとは、上記で書いたような違いでお得に選んでいきたいですね。

ソフトバンクはつながりにくい?

昔から携帯電話を使っている人だと、ソフトバンクはつながりにくい?なんてイメージを持っている人もいるのでは!?
確かに、他の2社と比べると後発企業なので、アンテナの設置なども始めは出遅れている感がありました。しかし、大幅な予算を使い、アンテナを増強、今では3社との違いはほぼないほど電波状況はよくなっています。
更に言うと、SONYやシャープ、Samsungなどandroid携帯に始めは尽力していたドコモ、auと異なり、iPhoneを最初で出したソフトバンクは、iPhoneに注力しており、予算額も高いなんて言われていますので、やはりiPhone6sを選ぶならソフトバンクということになりそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
同じiPhoneだったら、見た目どこのキャリアなんて分からないし、お得に手に入れられるなら、それに越したことはないですよね。
結構、今の制度だと、知っている人だけが得をするようなシステムが多いので、情報を仕入れて、勝ち組になりましょう。

関連記事

ソフトバンクiPhone6sを最もお得に手に入れる方法3選
買い替えですか!3分でわかるソフトバンクのお得なMNP
どこで買う?iPhone6sはソフトバンクがいい5つの理由

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧