ソフトバンク一括0円のMNPでお得に機種変更するための5つのポイント


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

4.解約金を支払わないようにする

freee151108039472_tp_v

4-1. MNPはお金がかかる

実は、MNPをする場合は現在契約しているキャリアと、新しく契約するキャリアに対して手数料を払う必要があります。手数料は大きく分けて次の2つです。

4-2. MNP転出手数料

現在契約しているキャリアに支払う手数料を「MNP転出手数料」と言います。MNP転出手終了は契約しているキャリアによって異なります。国内の三大キャリアの場合は以下のようになっています。

  • ドコモ: 2,000円
  • au: 2,000円
  • ソフトバンク:3,000円

4-3. 契約事務手数料

新しく契約するキャリアに支払う手数料を「契約事務手数料」と言います。こちらはキャリアに関係なく必ず3000円かかります。

4-4. タイミングによっては契約解除料がかかることも!

MNP転出手数料と契約事務手数料はMNPをする際に必ずかかる料金です。さらに、MNPをするタイミングによっては「契約解除料」がかかってしまうことがあります。

大手キャリアとの契約の場合は契約を2年毎に更新する、いわゆる「2年縛り」というものが存在します。2年縛りがある契約の場合、更新期間以外の期間にMNPを行うと契約解除料として9,500円を払わなければならなくなります。

一括0円でのMNPをしたい場合、9,500円という額は非常に大きなものです。出来る限り契約更新期間にMNPをして、契約解除料がかからないように注意しましょう。

4-5. その他のお金

各種手数料や契約解除料の他にも、その時の契約状況によってはさらにお金がかかってしまう場合があります。たとえば端末代金を分割払いで購入し、その支払金の残額が残っている場合は解約後も引き続きそのお金を払わなければなりません。

しかも、そういった分割の場合は料金が割引になっていることが多いですが、MNPをして解約してしまえば当然そういった割引はなくなってしまい、端末を購入した当初よりも払う額が高くなってしまうことがあります。

MNPをする際は自分の今の契約を見直し、無駄に払うお金が発生してしまわないか、今すぐMNPをすべきか、契約更新月まで待つべきかを、十分に検討しましょう。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない