ソフトバンク

ソフトバンク一括0円のMNPでお得に機種変更するための5つのポイント

img_0015
近年はMNPという言葉もすっかり浸透し、MNPで新しい携帯やスマホを手に入れる方が増えてきています。新規契約や普通に機種変更よりもお得な場合が多いので、機種変更をする際はとりあえずMNPで行う、という方も多いでしょう。
ところが、そんなMNPにも転機が訪れました。総務省からの通達で、2016年4月からは過度なキャッシュバックや一括0円といったものが規制されるようになりました。そのため、何も考えずにMNPをしてしまうと、以前ほどはお得ではなくなってしまいました。
では、一括0円のMNPでお得に携帯やスマホを手に入れることはもうできないのでしょうか?実はMNPの各種キャンペーンやクーポンなどを上手く組み合わせることで、事実上の一括0円のMNPが可能になっています。
そこで今回は対象をソフトバンクに絞り、一括0円のMNPでお得に機種変更するためのポイントを紹介します。

どこで乗り換えるかが、最も重要

main

ソフトバンクに乗り換える場合は、『おとくケータイ』が最もキャッシュバックが多い

ソフトバンクにMNPする際に必ず使いたいのが「おとくケータイ」です。こちらは路面店を持たないネット店であるため、経費を削減してキャッシュバックにあてています。そのため、家電量販店に比べて大幅におとくといえます。
注目するポイントはソフトバンクへのMNPしか取り扱っていないところ。現在、ドコモ・auの方は検討してみる価値はあるといえます。

 『おとくケータイ』のキャッシュバック金額は?

通常時は1〜2万円のところが多いですが、限定キャンペーンで3~5万円というキャンペーン時期もあります。
MNPキャッシュバック方法としては、数カ月~12ヶ月後に振込口座に現金振込というところが主です。
ソフトバンクへのMNPに限られますが、『おとくケータイ』では、ソフトバンクの公式キャンペーンに加えて、5万円程度のMNPキャッシュバックがあります。

下取りプログラムを利用する

fig_main

下取りで購入代金を割引!

ソフトバンクでは現在使っているスマートフォンやタブレット、ドコモケータイなどを下取りしてくれます。下取りしてもらうと、その分を代金を新しい端末の購入費用から割り引いてくれます。
下取りはソフトバンクが販売したスマホはもちろん、auやドコモ、SIMフリーのスマホでも問題ありません。また、店頭への持ち込みが難しい場合は、端末を郵送して下取りしてもらうことがもできます。とっても便利ですね。
ただし、郵送の場合は現金ではなくポイントで支払われ、さらに店頭で下取りしてもらうよりも安くなってしまうので注意しましょう。

どれくらい割り引かれるのか?

下取りに出してどれくらい割り引かれるかは、下取りに出した機種によって異なります。機種による下取り額は以下のようになります。

2-2-1.ソフトバンク以外のiPhone

他事業者の iPhone

2016年11月16日(水)以降に指定機種を購入した場合の特典金額です。

下取り対象機種 特典金額 iPhone 7 32GBに機種変更した場合の実質負担額※3
iPhone 6s Plus 26,400円
(1,100円×24回)
実質0円 さらに割引
-15,600円
iPhone 6s 24,000円
(1,000円×24回)
実質0円 さらに割引
-13,200円
iPhone 6 Plus 21,600円
(900円×24回)
実質0円 さらに割引
-10,800円
iPhone 6 21,600円
(900円×24回)
実質0円 さらに割引
-10,800円
iPhone 5s 16,800円
(700円×24回)
実質0円 さらに割引
-6,000円
iPhone 5c 7,200円
(300円×24回)
実質3,600円
iPhone 5 4,800円
(200円×24回)
実質6,000円
iPhone 4s 2,400円
(100円×24回)
実質8,400円

2-2-2. ソフトバンク以外のAndroid

他事業者のAndroid™ 搭載スマートフォン、従来型携帯電話(ケータイ)、PHS

2016年11月16日(水)以降に指定機種を購入した場合の特典金額です。

下取り対象機種 特典金額 iPhone 7 32GBに機種変更した場合の実質負担額※3
Android™ 搭載
スマートフォン
一部機種※4
21,600円
(900円×24回)
実質0円 さらに割引
-10,800円
その他の
Android™
搭載スマートフォン
10,800円
(450円×24回)
実質0円
従来型携帯(ケータイ)・PHS 10,800円
(450円×24回)
実質0円

下取りしてもらう端末によって条件などが異なる

下取りをしてもらうための条件や、下取り可能な端末、下取り価格などは端末によって大きく異なります。下取りをしてもらう際には以下のページから条件や価格などを予確認するようにしましょう。

ソフトバンクの各種キャンペーンを利用する

graph_down

おうち割

fig_main-1
自宅のインターネット、でんきなど、おうちに関するさまざまなサービスをソフトバンク携帯電話とセットで契約することでおトク・便利になるサービスです。
※1 ソフトバンクでんきのバリュープランにご加入の方が、おうち割光セット/でんきセットにお申し込みいただいた場合。光セット割引額1,522円※2×12ヵ月×3人分=54,792円/年、でんきセット割引額200円※412ヵ月×1家族=2,400円/年の2年間の合計。お客さまのご利用状況によっては上記計算結果と異なる場合があります。
※2 データ定額 5GB/20GBの場合。割引額は対象料金サービスにより異なります。
※3 3年目以降の割引の有無は対象固定通信サービスにより異なります。
※4 ソフトバンクでんき(バリュープラン)ご利用の場合。割引額は対象料金サービスにより異なります。
※5 おうち割 でんきセットにご加入された方向けの特典となります。30分以内の作業料が無料となります。

ソフトバンクカードの Apple Pay 登録で、最大5,000円分プレゼント

fig_main
 
ソフトバンクカードを Apple Pay に登録、さらにおまかせチャージ(クレジット機能)に入会し初回利用で、お買い物で使える最大5,000円分のプリペイドバリューをプレゼントいたします。
キャンペーン1
ソフトバンクカードを Apple Pay に登録するとすぐに2,000円分チャージ!
キャンペーン2
さらに便利!おまかせチャージ(クレジット機能)に入会し、審査完了の翌月末までに初回利用※1をすると3,000円分チャージ!
※1 通信料支払いは対象外となります。
 
 

4.解約金を支払わないようにする

freee151108039472_tp_v

MNPはお金がかかる

実は、MNPをする場合は現在契約しているキャリアと、新しく契約するキャリアに対して手数料を払う必要があります。手数料は大きく分けて次の2つです。

MNP転出手数料

現在契約しているキャリアに支払う手数料を「MNP転出手数料」と言います。MNP転出手終了は契約しているキャリアによって異なります。国内の三大キャリアの場合は以下のようになっています。

  • ドコモ: 2,000円
  • au: 2,000円
  • ソフトバンク:3,000円

契約事務手数料

新しく契約するキャリアに支払う手数料を「契約事務手数料」と言います。こちらはキャリアに関係なく必ず3000円かかります。

タイミングによっては契約解除料がかかることも!

MNP転出手数料と契約事務手数料はMNPをする際に必ずかかる料金です。さらに、MNPをするタイミングによっては「契約解除料」がかかってしまうことがあります。
大手キャリアとの契約の場合は契約を2年毎に更新する、いわゆる「2年縛り」というものが存在します。2年縛りがある契約の場合、更新期間以外の期間にMNPを行うと契約解除料として9,500円を払わなければならなくなります。
一括0円でのMNPをしたい場合、9,500円という額は非常に大きなものです。出来る限り契約更新期間にMNPをして、契約解除料がかからないように注意しましょう。

その他のお金

各種手数料や契約解除料の他にも、その時の契約状況によってはさらにお金がかかってしまう場合があります。たとえば端末代金を分割払いで購入し、その支払金の残額が残っている場合は解約後も引き続きそのお金を払わなければなりません。
しかも、そういった分割の場合は料金が割引になっていることが多いですが、MNPをして解約してしまえば当然そういった割引はなくなってしまい、端末を購入した当初よりも払う額が高くなってしまうことがあります。
MNPをする際は自分の今の契約を見直し、無駄に払うお金が発生してしまわないか、今すぐMNPをすべきか、契約更新月まで待つべきかを、十分に検討しましょう。

キャッシュバックが高額なお店を選ぶ

yen-1576311_640

キャッシュバックはまだもらえる

これまで、MNPをする上でもっとも重視されていたのがキャッシュバックでした。キャッシュバックはお店によって異なりましたが、中には5万円を超える超高額キャッシュバックを出すお店もありました。
しかし、前述した通り総務省の通達があって以降、そういった高額キャッシュバックを出すお店はどんどん減っていき、高額キャッシュバックだけを頼りにすることはできなくなりました。もう、キャッシュバックを貰うことはできないでしょうか?
実は、高額のキャッシュバックがなくなったというだけで、まだまだキャッシュバックを行っているお店はあります。キャッシュバックを貰えるのと貰えないのでは大きな違いがあるので、出来る限りキャッシュバックが貰えるお店で購入したいですね。
では、具体的にキャッシュバックがもらえるお店というのは、どういったお店があるのでしょうか?ここでは、キャッシュバックがもらえるお店をいくつか紹介します。

おとくケータイ

キャッシュバック金額で選ぶなら業界最大手のおとくケータイがもっともキャッシュバック金額が高額になります。一括0円端末+キャッシュバックなどの掘り出しものもあります。

家電量販店

ビックカメラやヨドバシカメラといった家電量販店でも、キャッシュバックを貰えることがあります。家電量販店の場合は各キャリアのスマホがたくさん置かれているので、いろいろと比較しながら検討することができるのがいいですね。
注意点としては、家電量販店はキャッシュバックが現金ではなくそのお店独自のポイントで貰える可能性があります。ポイントの場合は使える範囲が狭いので、自分が良く利用するお店のポイントを貰うとよいでしょう。

softbank online shope

ソフトバンクが運営している公式オンラインショップです。公式のショップなので在庫が安定しており、最新機種もいち早く揃っているのが強みです。店頭と比べると待ち時間等が少ないのもうれしいです。
キャッシュバックはもらえなくはありませんが、出ない事も多いです。キャッシュバックが欲しいならカメラのキタムラか家電量販店が良いでしょう。

まとめ

yk0i9a6212_tp_v
ここまで、ドコモで一括0円のMNPでお得に機種変更するためのポイントを紹介してきました。MNPの一括0円は総務省によって規制され始めていますが、以下の6つのポイントを抑えて置けば、事実上一括0円で購入することも可能になります。

  1. どこで買うかが重要
  2. 下取りプログラムを利用する
  3. ソフトバンクのキャンペーンを利用
  4. 解約金を支払わないようにする
  5. キャッシュバックが高額なお店を選ぶ

MNPは、以前ほどではないものの、上手く活用することでとってもお得に機種変更を行うことができます。ぜひとも、ここで紹介したポイントを参考にして、新しい端末をお得に手に入れてください。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧