iPhone

ソフトバンクで機種変更する前に決めておきたい5つのコト

発売から数ヶ月が経過しても依然品薄状態が続くiPhone7。
早く申し込んでおいた方が良いのは分かっていても、いざ申し込むときには手続きが大変だったり、料金が複雑で分かりにくかったりして、つい後回しにしてしまいがちです。
今日は人気のiPhone7やXperiaXZなどを賢く、かつ簡単に手に入れるために、事前に決めておきたい5つのポイントについて解説します。
結論から言うと、賢く簡単に申し込む方法は、ずばり「ソフトバンクオンラインショップ」で申し込む事です。
ソフトバンク直営サイトのため、在庫の確保が非常に有利なことや、10分で申し込みが完了するオンラインの利便性は無視できません。
この記事を読んで5つのポイントを決めておけば、ショップ店員の案内という名のプッシュ営業を受けることなく、簡単に機種変更を済ませることができるはずです。
お父さんトランプ

その1.支払い方法はどうすればいいの?

ソフトバンクで機種変更をした後の月々の支払い方法は、クレジット支払いか口座引き落としのどちらでも選ぶ事ができます。
気をつけることとして、ソフトバンクオンラインショップで機種代金を一括購入する場合、月々の支払いがクレジットカード払いなら一括代金もクレジットカードで、月々の支払いが口座振替の場合は代金引き換えでの支払いになります。
もちろん、機種代金は通常通り分割で購入する人がほとんどでしょう。

その2.データ定額パックは何ギガを選べばいい?

 
データ定額パック
softbankdataplan
 
2016年9月から、ソフトバンクではデータ通信プランが刷新され、大容量の通信プランが割安な「ギガモンスター」プランが登場しました。
データ通信プランは5GB程度が標準とされており、多くの方がこのプランを選択しているのではないでしょうか。しかし、月末近くになって僅かにデータ通信容量をオーバーしてしまい、追加で容量の購入をしたという経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
注目していただきたいのは、ギガモンスターの20GBの料金です。5GBプランは5,000円/月ですが、容量が4倍となるギガモンスター20の通信プランの料金は僅か1,000円差の6,000円です。
20GBもあれば、出先でデータ通信容量を節約するためにWi-Fiスポットを探したり、動画や音楽のストリーミング再生の頻度を少なくなるように節約することもなく、思う存分に楽しむことができてしまいます。
iPhone7など最新スマホへの機種変更をお考えの方は、このようなお得なデータ通信プランを検討してみてはいかがでしょうか。

その3.ソフトバンクユーザーだけ旧プランも選べる?

通話定額プランや、通話定額ライトプランが提供されるようになってからは、ソフトバンクショップの店員さんも基本的には、これら通話定額プランである「スマ放題」や通話定額ライトプランの「スマ放題ライト」プランのみを勧めてくれるため、ソフトバンクの料金プランはこの2つのみと思われがちです。
しかし、ソフトバンクでは、通話定額プランが提供される前までは定番であった「ホワイトプラン」の新規申し込みをすることもできます。
先日発売されて依頼、品薄状態が続いていたiPhone7の購入を検討されている方もいらっしゃるかと思いますが、iPhone7などのスマホの場合には、090などの番号を使った音声通話の他にも、LINEによる通話やSkypeアプリを使った電話など、データ通信を利用した通話方法を選択することもできます。
ここで紹介する「ホワイトプラン」音声通話に定額部分はなく20円/30秒の通話料金が発生しますが、データ通信容量は7GBと比較的容量が多めに設定されています。
そのため、基本的に音声通話は使わないという方や、ほとんど発信しないという方の場合には、通話定額プランや通話定額ライトプランよりも、ホワイトプランを選択した方が、無駄がなくお得になる可能性もあります。

その4.家族データシェアはおトク?

ソフトバンクの場合には、家族でソフトバンクを利用する場合には、データ容量を家族間でシェアすることができる「家族データシェア」を使って家族間でデータを無駄なく使うことができるサービスがあります。子回線の利用料金は500円/月となっています。
例えば、家族3人が通話定額ライトプランとデータプラン5GBを選択した場合には、1,700円+300円+5,000円=7,000円。7,000円×3人で合計21,000円となります。
これを家族データシェアを使うと、親契約:1,700円+300円+12,500円(家族データシェア 15GB)=14,500円。子回線:1,700円+300円+500円=2,500円。2,500円×2人で5,000円。
家族3人の合計は14,500円+5,000円で19,500円で利用することができます。
他のキャリアを使っているご家族がいらっしゃる場合には、家族みんなでソフトバンクを使うと、このような方法でおトクにすることも可能になります。

その5.ソフトバンクオンラインショップと通常の店舗はどっちがいいの?

機種変更したりオプションを購入したり、今やたくさんの方法があります。その中でも迷うのはオンラインショップか店舗かだと思いますが、機種変更であれば、お勧めするのは「ソフトバンクオンラインショップ」です。
iPhone7などの新機種は入荷が安定していないため、1店舗毎のショップの在庫に頼るよりも、ソフトバンク直営サイト(ソフトバンクオンラインショップ)で申し込むことで、機種変更でも最短で在庫を確保することができます。
特にソフトバンクオンラインショップでは様々な特典が用意されていることがあります。例えば特定の機種に機種変更すると提携企業でのお得なクーポンがついてきたり、毎月の使用料が割引されたり、ちょっとしたプレゼントがあったり、などなど。
しかもソフトバンクオンラインショップは当然のことながら24時間いつでも購入手続きをすることができるため、急にiPhone7が欲しくなってもすぐに手続きをとる事ができます。
ネットで賢く購入するこの時代、ソフトバンクからソフトバンクの機種変更であれば、ソフトバンクオンラインショップを賢く使いましょう。
ソフトバンクオンラインショップイメージ

その6.ショップのキャッシュバック一覧

[RankingVer1]

まとめ

ここ最近になってスマートフォンの性能があがり、使用用途がどんどんと増えています。料金プランも新しくなり、時代が動いていることがわかりますね。
そんな中でも賢く高機能マシンを使いこなして行くためには先ほどお勧めしたソフトバンクオンラインショップのような特典を使ったり、機種変更によるキャッシュバックサービスを利用したりと、うまく利用料金を抑えることも大切になってきます。
特にここで書いたようなデータプランの比較検討や家族シェアなどのシミュレーションもソフトバンクオンラインショップであれば簡単にいつでもどこでも行う事ができます。
自分が求めている情報がすぐにわかり、しかもすぐに手に入れる事ができるソフトバンクオンラインショップを使い、快適なスマホライフを楽しみましょう。

関連記事

今回ご紹介したソフトバンクオンラインショップはこちら。
ソフトバンクオンラインショップ
docomoやauからiPhone6に乗り換えなら、こちらの乗り換えキャッシュバックを活用して下さい。
【iPhone6s &iPhone6s Plus】MNPキャッシュバックで3万円開催!
iPhone6sに乗り換えで高額MNPキャッシュバックを貰う方法
iPhone6sの機種変更なら絶対公式サイトを利用すべき理由8選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧