iPhone

ソフトバンクの解約について

f070a1fe6e90cd2ba289116eabb00a8e_s
いろいろなプランでお得さをアピールしているケータイ会社や安さが売り物で人気を伸ばしてきている格安スマホの面々を前にし、長年○○のケータイ使ったから今度は××にのりかえようかと検討中の方もきっと多いはず。
でもちょっと待ってください。
キャリア携帯には2年縛りという恐ろしいものがあり、上手く更新の年月を捉えて行動しないと無駄にお金を使ってしまうことになります。
今回はソフトバンクに焦点をあてて、解約についてみていきましょう。

解約すると料金がかかるの?

ソフトバンクのケータイを解約したい、他社にのりかえたいと思っても、契約更新月以外での解約にはお金がかかります。
その契約解除料は0円から24,500円(以下金額は税抜き)というものです。その上、機種の分割代金が残っている人はその金額も加算されます。
他社にのりかえを希望するMNPの場合は別に転出手数料が3,000円かかります。
最初に契約解除料から詳しく見ていきましょう。

契約解除料

契約解除料は、ケータイ(iPhone、 SoftBankスマートフォン、SoftBank 3G、 みまもりケータイ)の場合9,500円です。
契約プランによっては3,000円で済む場合もあります。それはオレンジプランの年間割引、学生割引、ハートフレンド割引の3つとブループランの1年割引が対象となります。
ハートフレンド割引とは身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、特定疾患医療受給者証、特定疾患登録者証のどちらかを持っている人が対象の割引です。
ほとんどの方がスマ放題やスマ放題ライト、そしてホワイトプランではないかと思うのですが、これらのプランの契約解除料は9,500円となっています。
ただ、昔からソフトバンクに契約していて、その契約がホワイトプラン(i)になっている人もいるかもしれません。
その人は、途中の更新月に契約内容の変更をしていなければ契約解除料が発生しません。だから0円からになるのです。大抵の人がプランを変更しているでしょうから滅多にはいらっしゃらないでしょうね。
N695_iPadnoaiconwomitumeruahirucyan500
次に、iPad タブレットの場合ですがこちらも9,500円かかります。
それとお店なんかではよくみかけるフォトビジョンも契約解除料がかかります。金額は9,334円です。なんかキレの悪い金額ですね。
そして、モバイルデータ通信にも9,500円の契約解除料がかかります。
また、短期で解約した場合はもっとすごいことになります。
ソフトバンクでは2013年9月28日以降に新規で契約したスマート一括やUSIM単体契約の場合、3ヶ月以内に解約したときスマート一括は24,500円、USIM単体契約のとき19,800円の契約解除料が発生するのです。
ここで最高金額の24,500円が登場するのです。3ヶ月でケータイ変えようと思う人はあまりいないでしょうけど、これはかなり痛い出費ですね。

手続きはどうするの?

ソフトバンクのケータイなどを解約するときの方法は2種類あります。
1つ目は、契約者本人が店頭に行くことです。まあ当然といえば当然のことなんですけどね。
解約に必要なものは、免許証やパスポートなど本人と確認ができる書類と印鑑(忘れた場合は本人のサインで良いそうです)、それに利用中のUSIMカード(紛失した場合は不要)です。
先ほどからUSIMカードという言葉が出てきますが、SIMカードのことですので一言添えさせていただきます。ソフトバンクのSIMカードのことをUSIMカードといいます。
2つ目は、代理人が店頭に行く場合です。
このときに必要なものは、契約者本人直筆で押印をした委任状と、代理人の免許証やパスポートなどの本人確認書類、そして代理人と契約者が家族であるという証明のできるものです。つまり代理人は他人ではダメということですね。
もし契約者が施設等に入所している場合は、施設の関係者や後見人でも認められています。
施設関係者が代理人となるときは、契約者の自筆押印の委任状と、その代理人(施設関係者)の本人確認のできる書類と施設関係者であるということを確認できる書類が必要となります。
後見人が代理人となるときは、後見人の記載がされた登記事項証明書もしくは戸籍謄本が必要となり、契約者の委任状は不要です。
委任状の様式はソフトバンクのホームページからダウンロードできますし、店頭にも置いています。
また本人が直接お書きになっても良いそうです。
そのときは、ホームページに必要記入事項を載せていますので参考にしてお書きくださいね。
他社にのりかえの場合はソフトバンクの店頭には行く必要はありません。
電話でMNP予約番号を取得して、移転先のケータイ会社のお店でそのMNP予約番号を提示し、転入手続きをするだけです。移転先で契約が完了すれば自動的にソフトバンクの解約も完了となります。
このとき注意するのは、MNP予約番号は15日間しか有効期限がないということです。
この期間が過ぎればそのままソフトバンクを継続して使うことができますので、その間まだ考えてもいいですね
また、短期で他社へのりかえる場合は転出手数料が5,000円となります。
2013年9月28日以降に新規契約した、みまもりケータイ、シンプルスタイル(プリペイド携帯電話)、スマート一括、USIM単体を3ヶ月以内でのりかえるときには、通常3,000円の転出手数料が5,000円になるということです。契約解除料の場合と同じですね。

まとめとして

ソフトバンクでケータイを解約する場合に発生する料金や、手続きをみてきましたが、2年縛りというのはかなり大きな枷となっていますね。
各ケータイ会社共に顧客の流出を防ぐために行われている決まりごとなんでしょう。
こうしてみると、契約更新日を確実に活かすことが何よりの手段となるでしょう。
契約更新日はソフトバンクのホームページからマイソフトバンクで確認できますし、その時点で解約した場合の契約解除料等もわかりますので是非ご利用ください。
もし、契約更新日以外に解約する場合でも店頭で現金を払うようなことはありません。
最後の請求日に差し引かれることになりますので通帳の残高も要確認ですね。

関連記事

【徹底解説】自分にピッタリなソフトバンクのプランの選び方
ソフトバンクでキャッシュバック!MNPで乗り換えのススメ
いつ変えていいの?いくらかかるの?ドコモの違約金についてまとめ
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧