料金いくら?ソフトバンクからドコモにするメリット、デメリット


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

ソフトバンクからの乗り換えをする際のデメリットとしては、以下が挙げられます。

・初期費用がかかる
・メールアドレスが変わる
・ポイントが失効する
・家族割が失効する

初期費用は、乗り換えの際だけではなく新規契約にも発生するものですが、その他のデメリットはすでに契約している場合に発生してしまうことになります。

これらのデメリットもうまく時期を合わせることで費用を抑えることが出来ますので、ご自身のお得な時期を確認してみましょう。

 

ドコモへのMNPで乗り換えなら公式「docomo Online Shop」がオススメです。

オンラインショップなら、お家にいながら最新機種を好きな時間に申し込むことが可能です。

 

乗り換え時の初期費用

PAK105215431_TP_V

乗り換えをするときに利用するのは【ナンバーポータビリティー】という制度になりますが、この制度を利用するためには少しお金がかかります。

ナンバーポータビリティーにかかる費用は以下の3つです。

【現在契約中のソフトバンクへ支払う費用】
・MNP転出手数料:3,000円(契約から2ヶ月以内は5,000円)
・契約解除料:9,500円

【新規契約のドコモへ支払う費用】
・契約事務手数料:3,000円

絶対に支払う必要があるのは、MNP転出手数料と契約事務手数料です。

同じ電話番号を使って乗り換える場合には必ず発生します。乗り換えではありませんが、新規でキャリアの契約をする場合も契約事務手数料はかかります。

しかし、契約解除料は時期によって発生しない可能性があります。

現在の携帯電話の契約というのは、通常2年使い続けるという約束の元月々の支払料金から割引をするプランが多くあります。

このプランを解除する為に必要なのが契約解除料です。違約金と呼ばれることもあります。

つまり、2年間ソフトバンクの契約を続ければ契約解除料がかからずにドコモに乗り換えることが出来るというわけです。しかしここで注意して頂きたいのが、【更新月】です。

ソフトバンクでは、更新月の確認はインターネット上でも簡単に確認することが出来ますし、非常にわかりやすい表示となっています。

もちろんソフトバンクショップでも確認することが出来ますが、ショップに行く時間がかかってしまいますし確認だけでしたらMySoftbankがおすすめです。

更新月の表示は以下の様になります。

例:【更新月2017年03月20日から1ヶ月間】

この期間であれば、契約解除料がかからずにドコモに乗り換えをすることが出来るので、まずは確認をしてからこの期間に乗り換えるようにすると約10,000円も節約することが出来ます。

メールアドレスの変更

恐らく、携帯電話をお使いの多くの方がメールアドレスはキャリアメールのアドレスを使用していると思います。

キャリアメールとは、例えばソフトバンクでいうところの○○○○○○○○@softbank.ne.jpといったメールアドレスになります。

このメールアドレスは、残念ながらナンバーポータビリティー制度を利用してもドコモで引き継ぐことは出来ません。

そこで、スマホをお使いの方におすすめしたいのが【メールアドレスをフリーアドレスで利用する】ということです。今のスマホでは、Gmailなどのフリーアドレスを携帯電話のアドレスとして登録することが出来ます。

これらフリーメールのアドレスならば、どこのキャリアに変更しても引き続き使用することが出来るメールアドレスなので、ナンバーポータビリティーを使って電話番号もメールアドレスも変更なく乗り換えをすることが出来ます。

ポイントの失効

IMARIC20160805310323_TP_V


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない