ソフトバンク

本当にNo.1?ソフトバンク 4G回線は速いのか調べてみた

men-97291_640
ソフトバンクの4Gってなによってよく聞かれます。確かに3Gとか4Gとか、4G/LTEとかあります。
それぞれに意味が在るのですが正直、それって何よっていう人の方が多いのではないでしょうか?
通信回線の種類で、それによって通信速度が変わってくるのですが、中にはパケット容量の3GB、4GB (ギガバイト)と混同している人もいました。
もう一度復習と思って調べてみると意外とNTT東日本のホームページに解りやすい解説がありました。
簡単に言うと3G、4Gの”G”は「Generation」(世代)という意味なのだそうです。ということは”3G ”は「第3世代」、”4G”は「第4世代」ということになります。
じゃあ、第1世代と第2世代はと言うと、第1世代はアナログ、第2世代は最初のデジタル世代ということなのだそうです。私の亡くなった父がアナログの携帯を持っていてずぅっと使っていました。
その父に携帯会社の方から何回も、何回もサービスするから機種変更をしませんかと案内が来ていました。1つのアナログ回線を廃止するといくつものデジタル回線が確保できるためだと思ってみてましたが、父は中々、機種変更をしませんでした。
携帯会社の意図を察することが出来なかったのです。もう、それもかなり古い話になりました。
第2世代のデジタル創世記は携帯でメールやネットの利用始まったころです。
そのころはPCの方もそんなに早かったわけではありませんが携帯でネットを見るなどと言うのは遅さを我慢して観られれば良いという時代でした。液晶ディスプレイも今となっては、そんなんだったんだという程度です。
2000年代になって3Gの第3世代に入って、携帯でやっとまともなスピードでインターネットにアクセスできるな思ったものです。
知らなかったのはその次に来た第4世代”4G”は、複数の通信規格を総称した呼び名であり、LTEはそのうちの一種なのだそうです。
国内の大手携帯会社は、独自の名称でLTE対応のサービスを提供していてNTTドコモは「Xi」(クロッシィ)、ソフトバンク「SoftBank 4G LTE」、au「au 4G LTE」などであり、そのほかにも「WiMAX」が4Gに相当する通信規格なのだそうです。
つまり「4G LTE」は第4世代の中の「LTE」という規格。「4G WiMAX」は第4世代の中の「WiMAX」という規格ということになります。

Gから4Gに

3Gから4Gに進化してどう変わったのでしょうか?
一番違うのは通信スピードで、通信スピードが大幅にアップしました。
そのためスマホに要求される大量の通信量を得ることができスマホの時代をもたらしました。
ただ、そのためにアンテナの整備が必要となり、まだ3Gのカバーエリアまでは達していません。料金が上昇してきたという側面も持ち合わせてます。
スマホの時代になり、3Gの時代が終わって4Gの時代が来て、それで3Gが無くなったというわけではありません。実際こんがらかるのは3Gも4Gも現在、併存しているということなのです。
ソフトバンクの状況を見て4Gを考えてみたいと思います。

SOFTBANKの4G回線と他の回線

先ほど4Gの規格の中に「LTE」が含まれると説明しました。ソフトバンクは自社の通信規格の表示のに「4G」と「4G LTE」を別に表示しています。
これはどういうことでしょう。
またソフトバンクは従来からの「3G」に加え「ULTRA SPEED」と言う種類の規格も持っています。それぞれはどのように違うのでしょうか?

ソフトバンク4Gと4G/LTE

・4G

超高速データ通信「ソフトバンク 4G」は下り最大165Mbpsで通信ができ、モバイルインターネットに最適な「AXGP」システムを世界に先立って提供しています。
その他のSoftBank 4Gエリアでも下り最大110Mbpsの高速通信が可能です。

対応機種

iPhone7、iPhone7Plus
iPhone6s、iPhone6sPlus
iPhone 6、iPhone 6 Plus
iPad Air 2
SoftBank 4G 対応スマートフォン
Hybrid 4G LTE 対応スマートフォン
303ZT、304HW、301HW、203Z、102HW、102Z、101SI
タブレット
 

・4G/LTE

FDD-LTE方式(Docomo、auに同じ)による超高速データ通信で下り最大112.5Mbpsを実現する超高速通信サービス。
動画閲覧や音楽ダウンロードなどの大容量データ通信もストレスなくサクサク楽しめます。(SOFTBANK)

対応機種

iPhone7、iPhone7Plus
iPhone6s、iPhone6sPlus
iPhone 6、iPhone 6 Plus、
iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5
iPad Air 2、iPad mini 3、iPad Air、iPad mini 2、iPad Retinaディスプレイ モデル、iPad mini
Hybrid 4G LTE 対応スマートフォン303ZT
下り最大112.5Mbps対応機種は、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPadAir、303ZT、
2013年冬以降発売のAndroid™ 搭載機種に限られます。このようにソフトバンクは2種類の4Gがあります。
iPhone7などは両方に対応していてその時の電波状況でどちらかが選択されるのでしょう。
ソフトバンクはこのほかにも、これ以上より速いLTE-Advancedと言うものも近々、実用化していくとのことでした。
ソフトバンクの紹介のページにはスピードは書いてなかったのですがドコモでは最初220Mbpsのスピードから始めて最終は1G(ギガ)とのことでした。
ソフトバンクも目標値は同じだと思います。そこまで行くと、もう光もいりませんね。
 

ちょっと紛らわしいプラチナバンドLTE

ソフトバンクのカタログやホームページでは4G/LTEの他にネットワーク技術としてソフトバンクの売りにしているものがもう一つあります。
それはプラチナバンドです。しかし、これは4Gとは関係ありません。
このソフトバンクの言うプラチナバンドと言うのは周波数のことで700〜900MHzの周波数は電波が遠くまで届きやすい性格をして通話品質が高いと言われています。
ただのプラチナバンドですと3Gの通話に強い回線とということなのですが、それをLTEに対応させて通信品質を高めようとしたのがプラチナバンドLTEでスピードではなく通信品質を高めるというの目的になります。
auなどは元々その周波数に強くアンテナも整備されていたために3Gの通話品質はソフトバンクより高いと言われてきました。
それはソフトバンクにその周波数が割り当てられなかったからでj2014年春からはその周波数も割り当てられソフトバンクとしてはプラチナバンドとして宣伝しているわけです。
ソフトバンクにとってその恩恵は3Gエリアの急速な拡大として帰ってきています、
また、そのプラチナバンドの一部をLTEに割り当てることにより、4G/LTEのエリアの拡大も図っているということです。

ULTRA SPEEDは3G回線

この技術は3Gから4Gに進化していく途中で生まれてきたスピードアップ技術です。
ソフトバンクの説明を抜粋してみますね。

「ULTRA SPEEDは下り最大42Mbpsを実現した高速データ通信サービスです。
ULTRA SPEEDならインターネットや大容量コンテンツをより快適に利用できます。
隣り合った2つの帯域を1つの端末で同時受信することで、高速データ通信を実現する通信方式です。」(ソフトバンク)

これは3Gの付加サービスで4Gではありません。またデータ通信のみで通話は3Gの通話回線になります。
スマートフォンの発達とともに4G、4G/LTEと進化する中で、その途中に生まれて技術ともいえますが、4Gが発達するとともに消えゆく運命にあります。

このようにソフトバンクの回線の技術の変遷と今を見ていくと面白いと思いませんか。

wifi-297697_640
ソフトバンクの4G回線は速い方 。
ただカタログ値で見る限り、ソフトバンクの2種類の4Gが他の2社(ドコモ,au)より速いとは言えません。
しかし、いろいろな雑誌やネットの情報を見ると街中での実用上のスピードはソフトバンクが良い数字を出しているというのが現実のようです。
その理由はいくつか考えられます。
1) 以前、プラチナバンドが使えなかった頃、ソフトバンクが扱っていた周波数は 直進性が高く、通信通話エリアを広げるためにはアンテナをたくさん設置しな ければなりませんでした。
しかし、その結果、アンテナ間のバランス取りがうまくいった場合、電波の届 かない場所を少なくすることが出来るということになったのでしょう。
ソフトバンクは”小セル化”と言っていました。
2) ドコモは携帯のシェアの60%を持っています。アンテナもたくさん持っています。
しかし、ユーザーが多い場合、ある一定の時間にたくさんのユーザーの使用が 集中すると実質スピードが落ちてしまうという弱点も持っています。
そう言う意味でソフトバンクのアンテナ間のバランスを取り最適化し通信品質 を維持するという方法は間違っていないといえます。
私の弟は地方に住んでいてauのiPhone6を使っています。地方とはいえ弟はKDDI光の契約をし、自宅ではWIFIをフルに使っていて自宅でのインターネットはスマートフォンといえども、すべてWIFI経由で使っています。
その弟がある日、iPhone6のスピードテストをしてみました。
自宅のKDDI光、WIFI経由で来たスピードは
下り 77.63Mbps  上り 58.23Mbps
au 4G LTE
下り 11.35Mbps  上り 3.65Mbps
auの4Gエリアとしては150Mbpsの中に入っているはずなのですが、そんな、素晴らしい速度は出ないようです。
そこから考えるに携帯通信各社が唱えている高速通信のスピードのエリアに入っていようが、それに対応した通信端末を持っていようが、ただそれだけでは、そこで唱えた最高スピードは出ないということです。
結局はソフトバンクの4GはauやDocomoに比べて若干遅いですよと言っても、それはあくまでカタログ値であって、実際はその使用する場所とアンテナや基地局との相性次第で実際のスピードが変わるということです。
それは、超高速と言われる光通信でさえ基地局と設置モデムとの距離によってスピードが変化してしまい理想のスピードとはいかないということと同じです。
そう言った場合、そこでスマートフォンを使う時、何がそのスピードを決めるのかと言うと、ユーザーが使う場所における通信、通話の電波の品質がスピードを決めるということなのです。
以前、ソフトバンクの技術者が雑誌のなかで言っていました。
”小セル化”という形で、基地局を埋めていって、位置による速度の低下が起こりにくくするという対策を取って、電波の品質を上げるという話をしていました。
なるほどなと思ったのですが、その話を具現化したのが、カタログ値は他社よりか若干落ちるが、実際はそこそこの場所で他社より早いよ、という結果を生み出しているのではないでしょうか。
ソフトバンクの4G、そこそこ速いですよ。これからも、ソフトバンク、au、ドコモ、それぞれの技術競争を見守っていきたいと思います。

関連記事

ついに始まった!お得なソフトバンクのインターネット
相手がソフトバンクじゃなくても通話し放題の時代到来
【徹底解説】自分にピッタリなソフトバンクのプランの選び方
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧