ソフトバンク

SoftBankの解約金、0円にするには一体どうすればいいの?

36
番号を変える事なく、乗り換えが可能なMNP。MNPを対象としたキャンペーンも充実しており、乗り換えを検討している人も多いのでは。
日本では主要キャリアと言われている、SoftBank、au、docomoの3社。さらには、格安スマホも充実している今。SIMフリーのスマホを格安SIMで使うなど、スマホの幅は広がっています。
MNPをする際に、今使っているキャリアを解約しなければいけません。しかし、解約する際には気を付けなければならないポイントがある事を覚えておきましょう。

SoftBankを解約する際には

37
SoftBankから乗り換えをする際には、SoftBankを解約しなければいけません。
その際には、解約金が発生することもあるのです。解約金は9,500円。
せっかくMNPでお得になるのに、できれば支払いたくありませんよね。

2年縛りとも言われる契約プラン

2年縛りという言葉。聞いた事がある人も、多いのではないでしょうか。
SoftBankの契約プランも、安く使える代わりに最低でも2年間使うといった内容のものが多いです。
これはMNPをする際のキャッシュバックを、お小遣い目的とする人が増えたため、それぞれのキャリアが対策として2年間の契約プランを作りました。これは、2年縛りと言われる事もあり問題視される事も。
2年以内に解約をする場合、解約金が発生してしまいます。解約金が発生しないタイミングで、MNPをすることがよりお得に使うためのポイントです。

契約更新月で解約する

では、解約金が発生しないタイミングとはいつなのでしょうか。
契約プランは2年間。契約が満了した月が、解約金の発生しないタイミングです。この契約更新月である1か月間に解約すると、SoftBankへ解約金を支払う必要がありません。
電話で問い合わせると、契約更新月を確認することが出来ます。しかし電話は、混雑している場合が多いです。
SoftBankの契約プランは、インターネットから確認することも可能です。まずは、My SoftBankへアクセスしログインをして確認をしていきます。
料金プランの項目の下に、契約更新月がないか確認しましょう。この契約更新月に解約手続きを行うと、解約金を支払わずにMNPが可能です。

契約は自動で更新される

SoftBankを2年以上使っている場合、解約金は発生しないと思いがち。
しかし、契約プランは自動更新となっている場合が多いです。
そのため、SoftBankを2年以上利用している場合も注意が必要です。再び2年間の利用となっているので解約金は発生します。

解約金以外にも注意したいポイント

39
契約更新月をチェックすると、解約金の発生しないタイミングが分かります。しかし乗り換えをする際には、解約金以外にも注意したい事があるのです。
乗り換えキャンペーンを活用すると、手数料を支払ってもお得になる額が大きいです。
しかし初月の請求や、SoftBankの最後の請求に上乗せされる手数料を知っておく事も大切です。

MNPをする際の手数料

SoftBankを解約してMNPを行う場合、解約金の発生しないタイミングであっても手数料は発生します。
まずはSoftBankを解約する際に、同一の番号を新しく契約するキャリアでも使用します。そのため、MNP転出番号を発行しなければいけません。その際のMNP転出手数料として、3,000円が必要です。
またSoftBankが発行したMNP転出番号をもとに、新しく契約するキャリアで手続きを行います。MNP 転出番号をもとに、SoftBankと同一の番号で契約可能です。その際に新規契約事務手数料として、2,000円が発生します。
解約金の発生しない月に乗り換えをしても、手数料は必ず必要です。また最後の月の請求は、日割りで計算されます。解約金の発生しない契約更新月に、なるべく月の早い日に手続きを行った方がより費用を抑える事が可能です。

解約金以外に注意したい2年以内の解約

解約金が発生するタイミングであったとしても、欲しい機種がある場合、あるいは家族とキャリアを統一する場合など、SoftBankを2年以内に解約する場合もあると思います。
この際に気を付けたいのは、解約金ばかりではありません。解約金の他に注意したいのは、端末の支払い料金です。
多くの場合、スマホを購入した際にその場では支払いをしていないと思います。それはキャリアが実施するさまざまなキャンペーンを活用して、割引された金額を分割で支払っているから。
もし2年以内にSoftBankを解約する場合、端末料金の支払いが残っている事も。早い段階で解約するほど、解約金以上に支払い残高が高額の場合もあります。
また、端末料金の支払いを一括で行わなければならない事も。キャンペーンなど毎月のサポートがなくなるため、高額な場合もあるので注意しておきましょう。

契約プランの変更の場合も解約金が発生する

15
SoftBankに支払をする解約金。イメージとしては、乗り換えなどSoftBankを利用しなくなる場合に、解約金の支払いが必要な印象。
しかし注意したいのは、契約プランを変更する際などにも解約金が発生するという事です。SoftBankにはパケットし放題フラットや、スマ放題といったプランがあります。
いずれも2年以内の解約には、解約金が発生します。新しいプランに変更したい場合も解約金が必要になるので注意が必要です。

自分に合ったプランを

契約プランを変更する際にも、発生する解約金。しかし通話料金が毎月高額の場合など、スマ放題にすることでお得になる額が、解約金を上回る事も。
パケットし放題フラットには、ホワイトプランの通話プランがペアになる場合が多いSoftBank。しかしこの場合は、SoftBank意外への通話など高額になる場合も。
通話量が多い人は、解約金が発生してでもスマ放題の24時間通話無料プランがおすすめです。

まとめ

契約プランは、自分に合ったプランを選ぶ事が重要になってきます。
他社へ乗り換える際にも、契約プランをきちんと理解しておく事も大切です。

関連記事

SoftBankの解約金っていくら?知りたい人に1から教えます
ソフトバンクで解約違約金を取られない方法まとめ
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧