ソフトバンク

SoftBankのホワイトプランって何?すぐわかる5つのポイント

blogger-336371_1280
SoftBankのホワイトプランって何?と聞かれてすぐに答えることができますか。
毎月どれくらい携帯電話料金を支払っているか知らない人も多いのではないでしょうか。
例えばSoftBankだ、ショップ店員さんでも苦戦するくらい頻繁に料金プラン変更があることで有名です。良い意味で考えたら、それくらいユーザー視点でサービスを検討してるということです。
だから既存のSoftBankユーザーであったとても料金プランの見直しをしたら、じつは携帯電話料金が安くなるかもしれません。
今回は新規契約を考えている人がSoftBank携帯をお得に使用できるように、すぐわかる5つのポイントにまとめてみました。

通話プランとデータプラン

すべての携帯電話の料金プラン体系は、通話プラン=通話料金、データプラン=インターネット料金の組み合わせから構成されます。
今回は通話プラン(通話料金)に焦点をあてて「ホワイトプラン/ホワイトプラン(i)」「ホワイトプランR/ホワイトプランR(i)」「標準プラン」という3種類の通話プラン、そして「Wホワイト割」「ホワイト家族24」という2種類の割サービスを紹介します。
通話プランだけでも抑えておけば、ショップ店員さんとの会話もスムーズになります。
※プラン名の後にもある(i)はiPhone用プランという意味です

ポイント1 SoftBankといえば「ホワイトプラン/ホワイトプラン(i)」

(1)基本料金980円(税込)
(2)翌1時?夜21時までSoftBank同士の通話料0円
(3)SoftBank同士はメールし放題
(4)翌1時?夜21時以外は21円/30秒(他社・固定回線への通話も同様)
このホワイトプラン4項目は、とても重要なの覚えておきましょう。
基本的に「ホワイトプラン〇〇」となるものは、すべて2年縛りが適用さています。後述しますが、もちろん2年縛りがないプランも存在します。
ほとんど通話しない、もしくは基本使用料を抑えたい人は「ホワイトプラン/ホワイトプラン(i)」を選びましょう。

ポイント2 迷っている人は2年縛りがない「標準プラン」

2年縛り無し:標準プラン(基本使用料1960円)
2年縛り有り:ホワイトプラン/ホワイトプラン(i)、ホワイトプランR/ホワイトプランR(i)
ホワイトプラン4項目のうち基本使用料を2倍にしたものが、標準プランです。他の項目はすべて共通なので覚えやすいですね。
2年縛りを適用すると得られるメリット(キャンペーン期間により異なる)は、たくさんあります。
2年縛りの特典はどれも魅力的な内容が多く、毎月の使用料をとても安く抑えることができます。また契約解除料9975円を支払うと、更新月以外でも解約することができます。
ずっとSoftBank携帯を続けるかどうか迷っている人は、標準プランで検討することをおすすめします。

ポイント3 「ホワイトプランR/ホワイトプランR(i)」と「ホワイトプラン/ホワイトプラン(i)」の違い

ひとことでいえば「Wホワイト」が付くか、それとも付かないかの違いです。こちらも詳細は後述しますが、この「Wホワイト」の存在を知らずにSoftBank携帯を使用している人が、たくさんいるという事実があります。
毎月の明細を見たときに「ホワイトプランR/ホワイトプランR(i)」の“R/R(i)”って何?という経験をされた人は大勢いると思います。実際はお得な割引オプションなので、外す必要はありませんから安心してください。
しかし通話をあまり利用しない人であれば、「Wホワイト」を外すと1年間で1万1760円も安くなります。

ポイント4 「Wホワイト」を追加すると他社携帯電話(ドコモ・au)と通話料が半額になる

「Wホワイト」とは、ホワイトプラン専用の割引サービスです。この割引サービスをきちんと説明できる人はあまりいません。
なので「Wホワイト」って〇〇だよ、と説明してあげるとあなたはSoftBankのプランに詳しい人として友達から頼りにされるでしょう。
(a)+980円(税込)
(b)夜21時?翌1時への通話料が半額10円/30秒
(c)他社携帯電話・固定電話への通話料が半額10円/30秒
ホワイトプラン(980円)+Wホワイト(980円)という組み合わせの利用者がたくさんいます。お友達には『1ヶ月に47分以上電話する(月額2000円を超える)ならWホワイトをつけるとお得だよ』と教えてあげましょう。
逆に電話をほとんど利用しない人は、まったく必要がない割引サービスです。
気をつけてほしいのはiPhone5(iPhone5s)発売時にSoftBankへ乗り換えたユーザーです。
「Wホワイト」に気がついていない可能性が高いです。なぜ気がつかないかというと、明細には「ホワイトプランR/ホワイトプランR(i):基本使用料1890円」という表記となるからです。この基本使用料1890円をSoftBankで一番安い通話プランだと思っている人もいるくらいです。
通話の料金プランを見直したい人は、ぜひ「Wホワイト」に注目してみてください。この“R/R(i)”が目印です。

ポイント5 「ホワイト家族24」で家族と24時間いつでも無料電話できる

SoftBank携帯同士でも有料になる21時?翌1時の時間帯を通話料無料にする割引サービスです。
もちろん、加入料金は0円ですから積極的に付けておきたい割引サービスです。
申込みには家族を証明するための証明書の準備が必要となるため、SoftBankホームページを確認しておきましょう。
どこのキャリアでもある割引サービスですから、同じ内容と考えて大丈夫です。

まとめ

あまり電話しない人   :ホワイトプラン/ホワイトプラン(i)の基本的使用料980円
他社回線へよく電話する人:ホワイトプランR/ホワイトプランR(i)の基本的使用料1960円
まだ契約に迷いがある人 :標準プランの基本的使用料1960円
通話プランはこの3パターンから選ぶことになります。そして、データプラン(インターネット料金)やオプションを追加契約していく流れです。
SoftBankのホワイトプランって何?という疑問をこの記事を読んで解決してもらえたら幸いです。
このすぐわかる5つのポイントだけ抑えておけば、ショップの店員さんの説明にもついていけます。
SoftBank携帯の料金プランは組み合わせが多岐にわたります。それはつまり、あなたに合ったプランが必ず存在するということです。
たまには携帯料金の明細をチェックしてみるといいかもしれません。

関連記事

ソフトバンクでスマ放題!必見のお得ポイント3つを紹介
ソフトバンクで皆お得!主なキャッシュバックサービス3つ紹介
相手がソフトバンクじゃなくても通話し放題の時代到来
間もなく廃止ってほんと?ソフトバンクホワイトプランの現状
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧