iPhone

SoftBankでiPhone6sを運用する時の月々の料金はいくらか?

office-620823_640
皆さんは、どちらのスマートフォンをお使いでしょうか。
従来の携帯電話から、驚くべきペースで進化を遂げている携帯電話です。通話やメールが主流だった携帯電話が、今ではスマートフォンとなり私生活だけに留まらず、あらゆるビジネスで活躍するほどの必需品となり、またさまざまなスマートフォンアクセサリーの登場で、お洒落の一環としても話題を集めております。
現在、大手キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクではさまざまなスマートフォンが販売されており、中でも代表的で高い人気を得ているスマートフォンがアップル手掛けるiPhoneシリーズ、ソニーの手掛けるXperia、そしてギャラクシーやAQUAなど多彩な機能を持った、素晴らしいスマートフォンたちが毎期多くのユーザーを魅了しております。
なかでも、日本国内で高い人気を集めているスマートフォンがアップル手掛けるiPhoneです。日本国内におけるスマートフォンのシェア市場で半数以上の約7割を占めているのがiPhoneなのです。
今や、ソフトバンクのみに限らずauやドコモでも取り扱いが可能となり、シェア数を確実に伸ばしているiPhoneですが、今回はソフトバンクキャリアに的をしぼり、今もっとも新しいiphone6sを持つならば毎月どれほどの料金がかかってくるのかを解説いたします。

ソフトバンクの料金体系を再確認しておこう!

まずはソフトバンクの基本料金の形態を改めて確認しておきましょう。
現在、ソフトバンクではスマ放題をベースにプランを組まれております。
スマ放題とは、24時間、時間を問わず誰とでも通話をし放題でありながら、インターネットの利用もし放題のプラン。
余ってしまったデータ量がある場合には、翌月に繰り越して利用することも可能なお得な新料金プランとなっております。
それでは、月どの程度の支払いになるのか再確認しておきましょう。
ソフトバンクでは、基本使用料は毎月2,700円となっております。これは、2年契約の場合にあたり、2年契約が未加入の方の場合は毎月4,200円の基本使用料となっております。
つづいてSiベーシックパック使用料が毎月300円です。これは、インターネットを利用する際に必ず必要となってくるものです。
次にソフトバンクのデータパケットの種類を見ておきましょう。iphone6sをご利用になるうえでは欠かすことのできないプランです。
基本データ量が2GBのプランの場合は月額3,500円、標準タイプである5GBの場合は5,000円、大容量の10GBの場合は8,000円、15GBの場合は12,500円、20GBの場合は16,000円、30GBの場合は22,500円となっており、たとえば標準タイプの5GBパックでiphone6sをご購入されるのならば、毎月の使用料は8,000円となります。これにiphone6sの本体価格が加わります。
ちなみにあまりインターネットは利用しないユーザーやご自宅にWi-Fi環境が整っていらっしゃるユーザーであれば2GBのデータパックでも十分でしょうから、毎月の使用料は6,500円プラスiphone6sの本体価格となります。
反対にご自宅にWi-Fi環境を整えておらず、でも毎日YouTubeなどの動画閲覧やアプリケーションをいろいろとダウンロードしたいヘビーユーザーならば大容量の30GBのパケットパックでもよいでしょう。
30GBのデータパックならば、毎月の使用料は25,500円プラスiphone6sの本体価格となります。

iPhone6s本体の価格

新規契約やMNPにやるお乗り換えの本体価格をまずはご説明いたします。
16GBをご購入の場合、本体価格は70,080円ですが割引き適用により実質負担金は0円となります。
64GBをご購入の場合、本体価格は83,280円ですが割引き適用により実質負担金は12,960円となります。
128GBをご購入の場合、本体価格は94,080円ですが割引き適用により実質負担金は23,760円となります。
上記の実質負担金をさきほどご説明した毎月の使用料にプラスした料金がiphone6sの毎月の使用料金となります。
つづいて機種変更の場合も確認しておきましょう。
16GBをご購入の場合、割引き適用により実質負担金は14,520円となります。
64GBをご購入の場合、割引き適用により実質負担金は27,480円となります。
128GBをご購入の場合、割引き適用により実質負担金は38,280円となります。
上記の実質負担金をさきほどご説明した毎月の使用料にプラスした料金が機種変更によるiphone6sの毎月の使用料金となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ソフトバンクといえば、どのキャリアよりも真っ先にiPhoneを取り入れ、またiPhoneの販売にもっとも力を入れ、さまざまなサービスやキャンペーンを行っています。
iPhoneといえばソフトバンクという根強いイメージをつけ、iPhoneユーザーの多くはソフトバンクという結果も出ているほど。
ソフトバンクでiphone6sのご購入をご検討中の方の参考になりましたら幸いです。

関連記事

iPhone6sが欲しい!ソフトバンクでお得に買えるのは今だ!
ソフトバンクのiPhone6sに機種変更!一番お得な方法解説
iPhone6sの最新価格で見る!ソフトバンクへの乗り換え方法5選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧