ソフトバンク『スマ放題』の料金を3000円安くする7つの方法


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

smahoudai-otoku-5ways

ソフトバンクには、「スマ放題」「スマ放題ライト」という名前の料金プランがあります。

スマ放題は24時間、何回電話をしても通話料金が定額となり、スマ放題ライトは1回あたりの通話が5分までは定額ですが、5分を超えた分についてのみ20円/30秒の通話料金が発生します。

通話については、利用状況に応じて、どちらかのプランを選択することで、基本料金内で通話を楽しむことができます。

料金プランを形成しているのは、音声通話のプランのほかにデータ通信プランがあります。

データ通信プランは1ヶ月あたりの利用量1GBかで2,900円/月のプランから30GBで8,000円/月まであり、どのプランを選択するかが悩みどころです。

もし、1ヶ月あたりのデータ通信容量を使い切ってしまうと、通信速度が128Kbpsに制限されてしまい、インターネット閲覧もまともにできない状態になってしまいます。

そこで今回は、今のスマホの使い方に合わせて「スマ放題」「スマ放題ライト」の通信料金を安くするための具体的な方法7つのパターンを紹介します。

この記事を読んでデータ通信プランを最低プランである1GBや2GBなどの最低プランに収めることができると毎月の通信料金を3,000円以上安くすることも可能になります。

スマホの料金が高いと感じている方であっても、これから長く続くであろう「テータ通信料との戦い」に怯えることなく、安心してスマホでインターネットやアプリを楽しめるはずです。

また、記事の最後では、auやドコモからソフトバンクにMNPで乗り換える場合の、キャッシュバック比較表もご紹介しています。
おとくケータイなどのスマホ購入サイトは、店舗費や営業費用をカットすることで、通常のショップよりもユーザーへの還元が大きいことで知られています。
ぜひキャッシュバック比較表なども参考にしながら、賢く携帯を利用してください。

 

 

知りたいランキング7位
web販売店を使うだけで実質的に1000円以上安くなる!

by:Romain Pruvost


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない