格安SIM

そろそろ節約の常識?2台目スマホをSIMフリーで使うには

11
皆さんは、スマホをお使いになられる際に節約を意識されたことはございますでしょうか。ビジネスマンや学生の方々ですとスマホを2台持たれていらっしゃるユーザーもいらっしゃるでしょう。
いかがでしょうか、毎月のスマホの料金は正直高くないでしょうか。
もちろん、スマホをお使いになられるうえでスペックやスタイルの外観は必要なことですので、重要視しておきたいポイントではあります。
しかし、SIMを利用することで毎月のスマホの料金を今よりもっと安く節約することができるのです。
もちろん、安くなるからといって音声通話の質が下がってしまったり、使用することができなかったり、インターネットが全然使用することができないなんてことはありません。
通常、ご契約されていらっしゃるであろうdocomoやSoftBankやauなどの大手の通信キャリアからSIMフリーにすることで毎月の携帯電話の料金は3分の1や2分の1にまで下げることができます。
そのため、今回はまず、SIMフリーをご存知ではない方のためにSIMの基本をご案内していき、SIMを利用したスマホの節約術をいくつかご紹介していきます。
毎月の携帯電話の料金でお悩みの方は、今回はぜひとも要チェックです。

SIMとは?

SIMカードや格安SIM、SIMフリーいう言葉をよく耳にされることが近年は多かったのではないのでしょうか。
しかし、格安SIMやSIMフリーがなんなのかなんて、いまさら人に聞きづらいと感じていらっしゃる方もいることでしょう。
また、皆さんはスマホユーザーが何割が格安SIMやSIMフリーを利用されていらっしゃるのかご存知でしょうか。
実は、すでに格安SIMをご利用されていらっしゃるユーザーは、全体の約2割ほどまでに増加してきており、格安SIMはスマホのご契約の選択肢として一般的になりつつあるようです。
そのため、今回は皆さんが格安SIMとは、SIMフリーとは何かを分かった上で、安心してSIMに着手して決めていただけるように、わかりやすくSIMとは何かについてご説明していきます。

SIMカードの役割

まず、そもそもSIMカードとはスマホをご利用されるうでのデータ通信を行っていくためのカードとなります。
スマホでメールやインターネットをご利用されるためには、このSIMカードが絶対に必要不可欠なのです。
そのため、今みなさんがお使いになられていらっしゃるスマホの中にSIMカードが入っております。
このSIMカードをスマホから抜いてしまうと、データ通信ができなくなり、スマホはデータ通信ができないただのモノになります。
そして、よく耳にすることの多い格安SIMとは、通信料が格安SIMカードのことを申します。
みなさんが一般的にご契約されるdocomoやSoftBankやauのスマホをご購入される場合は、スマホをご購入されると同時に、このSIMカードもそのスマホの中に入った状態で受け取ります。
そのため、直接ユーザーがSIMカードを目にすることはあまりありません。
格安SIMやSIMフリーとは、このようにdocomoやSoftBankやauなどから渡される通信料が高価なSIMカードではなく、docomoなどの大手通信キャリアから回線を借りた業者であるMVNOが大手通信キャリアなどに比べて低価格で提供しているSIMカードのことになります。
大手通信キャリアであるdocomoやSoftBankやauの場合、スマホの端末代金を除いたとしても毎月6,000円前後の通信料が必ずかかってきます。
しかし、格安SIMやSIMフリーご利用の場合は、毎月の料金は電話を多用しなければ。高くともおおよそ3,000円前後になります。
つまり、月々の料金を今現在お支払いされていらっしゃる料金の半額以下に抑えることが可能となります。

SIMのメリットを活かしてスマホの料金を節約しよう!

Cashback Image
格安SIMやSIMフリーが安い理由は、docomoやSoftBank、auが設備投資にお金をかけていることに対し、格安SIMを売っている業者の場合は、その回線を大手通信キャリアなどから借り受けていることです。
そのため、回線を整備するための設備投資費を大幅に削減することができるのでSIMの活用次第でスマホを安く持つことができるのです。
docomoやSoftBankやauなど大手通信キャリアと違って基本的に携帯電話のショップがないため、大幅に人件費を削減することもできます。
だからこそ、格安SIMを売っている業者は大手通信キャリアとは異なり格安でSIMカードを販売することができるのです。
皆さんの月々のスマホの代金の平均額が6,500円であることを考えると、格安SIMのご利用はとてもお得なわけです。
また、格安SIMの中には、データ通信のみの月額480円のプランなどもありますがSMSが使えて、通話も使用することのできるSIMカードを選ぶことがおすすめです。
スマホのご使用において、SMSが使えないと、アプリケーションなどの認証ができないことがあります。そして、音声通話が使用できなければ、いざというときの連絡手段がないなどの問題があげられるためです。
また、docomoやSoftBank、auのスマホの場合ですと、ご契約してから2年以内の解約をすることは、別途解約手数料として9,500円取られます。
一方、格安SIMであれば、ご契約の縛りがあったとしても6ヶ月や1年の期間なので、状況に応じて柔軟にご契約内容を見直して通信キャリアを変更することもできます。

SIMの注意点

201409_arrows_f02g_03
格安SIMにてスマホをお乗り換えされますと、「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」などの携帯電話の各通信キャリア公式のメールアドレスが一切ご利用できなくなります。
そのため、携帯電話の各通信キャリア公式メールによる認証を求められるサービスに登録することができなかったり、各通信キャリア公式メール以外の受信を拒否している人とのメール連絡ができないという注意点があげられます。
しかし、最近では、通信キャリアメールでしか認証ができないサービスはほとんど少なくなっております。
現在、主な連絡手段もメールからLINEやSkypeなどへと移り変わりつつありますので、それほど通信キャリアメールが必要となる場面は現代においては多くはないかもしれません。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、スマホのご使用にあたってSIMをうまく活用されることで現在ご契約されていらっしゃる料金よりも安くすることができることについてお話しをしてきました。
スマホの毎月の料金で最近お悩みの方やSIMフリーの存在は知っていても、なかなかアクションを踏み出せないでいる方も一度格安SIMやSIMフリーについて調べて、うまく活用していきましょう。

関連記事

格安スマホ戦線激化!各会社の格安スマホを徹底比較
格安のSIMを手に入れろ!話題の携帯を5台ピックアップ!
格安SIMなら候補に入れたい!NifMoについて絶対知っておきたい10のポイント
格安SIM探し、SIMを取り替える時は5つの失敗に注意!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧