格安SIM

SIMカードを比較するときに重要なポイントはこの3点!

現在、携帯電話業界はスマートフォンの普及にともなって、多くのユーザー数を抱えております。
また、携帯電話を取り扱う通信キャリアは主にdocomoやau、SoftBankがあります。おそらく、多くのユーザーの方がご利用になられていらっしゃる通信キャリアがこの3社の通信キャリアでしょう。
しかし、さまざまなスペックにデザインと注目を浴びる魅力あるスマートフォンが3社から販売されておりますが、ユーザーが携帯電話に求めるポイントの一つには、安さもあります。
そうした背景のなかで、格安を謳っている格安スマートフォンや格安SIMカードと呼ばれるものが出始めてきております。
今回は、このSIMカードについて比較してお話を進めていきます。
携帯電話やスマートフォン、タブレット端末にはSIMカードが必要だということを皆さんは、ご存知でしょうか。何気なく使われていらっしゃるであろう携帯電話やスマートフォンには、必ずSIMカードが必要です。
しかし、どのSIMカードが良いのか、比較する判断材料はなんなのか、ユーザーの方々には難しいことだと思います。
そのため、まずSIMカードに関する基礎知識、SIMカードとはなにか、SIMロックとは、SIMフリーとはなにか、そして、SIMカードを比較する際の重要ポイントをご紹介していきます。
 

SIMカードとは?

まず、SIMカードの比較重要ポイントをご紹介していく前に、SIMカードについての基礎的な知識を身に付けておきましょう。
そもそもSIMカードとは、電話番号を特定するための固有のID番号が記録された携帯電話やスマートフォンが通信するために必要なICカードのことをいいます。
SIMカードの形状は、ご利用の端末によって異なるため、ご自分が利用している端末のSIMカードの形状をご確認のうえご購入をお求めください。
モバイル機器は多くの場合、通信機能のあるモバイル機器本体に、通信に関する情報が入っているSIMカードを挿入して使うことになります。
そのため、Wi-Fiモデルと言われているものは使用することはできません。
また、国内の通信キャリアで販売されているモバイル機器は、SIMのロックがされています。
SIMロック解除が必要な場合は、通信キャリア公式ショップ等で解除対応をお願いすることになります。もしくは、SIMフリー端末として発売されているスマートフォンご用意していただくことになります。
SIMフリーとは、通信キャリアが設けているSIMのロックが掛かっていない端末のことです。SIMフリー端末を使うことで、通信キャリアに縛られることなく、さまざまなSIMカードを使うことができます。
最近では、プロバイダなどが多彩なプランを提供しており、スマートフォンの使い方によってはSIMフリーの端末を使うことで月々の携帯電話代を節約することができます。
それでは、さまざまあるSIMカードを決めていくための判断材料として、比較重要ポイントをチェックしていきましょう。

SIMカードの比較重要ポイント1

PAK85_SIMkoukan20141025172124500
まず、ご紹介いたしますSIMカードの比較重要ポイントは、SIMカードが端末に合うかどうかです。
端末もセットで購入するなら問題はありませんが、そうでなくて端末を別にご購入する場合や、すでに手元にある端末を使う場合は、SIMカードがその端末に対応しているかを必ず確認する必要があります。
最も確実なのは、SIMカードの公式サイトで「動作確認済み端末」の情報をチェックすることです。
メジャーなSIMカードであればたいてい用意されておりますので、自分の端末が対応しているか探してみると、結構出てきます。
ちなみにSIMカードが端末に合うかどうか判断する際の一番のポイントは、回線の種類です。すなわち「docomoの回線か、auの回線か」ということです。
端末が「SIMフリー」であれば、どの回線のSIMでも対応できます。しかし「SIMロック」がかかっている端末の場合は、それに対応したSIMカードでなければ使用することができません。
つまりdocomoの端末ならばdocomo回線のSIMカードを、auの端末ならばau回線のSIMカードしか使えないということです。
より細かく知りたい場合は、その端末で対応している周波数帯も確認しておけるとSIMカードを選びやすいでしょう。
docomo、あるいはauが使用する周波数で通信が行えるかどうか、端末のスペック表を見て照らし合わせてみることで確認はできます。
あと、申し込みの際には、SIMカードのサイズも間違えないようにしましょう。なぜならば、端末によって刺せるSIMカードのサイズは異なるためです。
たいていの格安SIMは標準SIMとmicroSIM、nanoSIMの3種類に対応しており、申し込み時に選べるようになっておりますので、端末の方をしっかり確認して正しいサイズのSIMを選ぶようにしましょう。

SIMカードの比較重要ポイント2

talk
つづきましてご紹介いたしますSIMカードの比較重要ポイントは、音声通話があるのか、無いのかです。頭が090や080や070から始まる電話番号による音声通話が必要かどうかです。
格安SIMの中には、音声通話ができるものとできないものがあるります。そのため、当然、音声通話ができる方が料金が高くなるわけです。
しかし、音声通話が必要なければ、音声通話なしの格安SIMで十分です。
音声通話ができる回線契約が他にあるならば、電話はそちらでのみ使うようにして、格安SIMは音声通話なしを選ぶようにすれば経済的には良いかもしれませんので、月々の料金をおさえることができるでしょう。
音声通話ができるものを選んだ場合、そうでないものに比べて月額基本料金がおおよそ700から1,000円ほど上がります。
900円のものが1,600円になってしまえば、倍とまではいかないがそれなりに高くなってしまうため、これは悩みどころという方もいらっしゃるでしょう。
ちなみに今までスマートフォンや携帯電話からの乗り換えなら、多くの格安SIMはMNP転入というナンバーポータビリティに対応しておりますので、電話番号はそのままで格安SIMに移行することができます。

SIMカードの比較重要ポイント3

つづきましてご紹介いたしますSIMカードの比較重要ポイントは、高速通信のデータ量です。
つまり、自分がLTEによる高速通信をどれだけ利用するかが決め手となります。
ほとんどの格安SIMには、高速通信が使えるデータ量の上限が決められておりますので、その上限を超えてしまうと速度に制限がかかり、低速の通信しか利用できなくなってしまいます。
自分がどれだけのデータ量が必要かなんて、いまいちピンと来ないかもしれませんが、目安としては、50MBあれば、Web閲覧なら200ページ、メールは10,000通、IP電話は200分、動画でも25分は見ることができますので、これを元にイメージしてみると良いでしょう。
データ量について迷ったら、最初は少なめのデータ量にしておいて、必要に応じて増やしていくのがベストな選択方法です。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、SIMカードを選んで決めていくうえでの、判断材料として比較すべき重要ポイントを3つご紹介してきました。
この機会にSIMフリーにて、スマートフォンを利用しようとお考えの方は、ぜひとも要チェックです。

関連記事

SIMカードの月額料金を比較。月1000円の破格プランまである!
格安SIM探し、SIMを取り替える時は5つの失敗に注意!
格安SIMカードって本当にお得?
徹底解説!スマホをSIMフリーで使いこなす方法まとめ
選ぶべきはこれ!人気急上昇中の格安スマホ徹底比較

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧