更新情報

SIMカードの月額料金を比較。月1000円の破格プランまである!

various_sim_cards_205449
スマートフォンの普及により友達や家族との連絡はLINEでするという使い方も珍しくはなくなってきました。
とても便利なスマートフォンですが毎月支払う料金が高いと感じたことはないでしょうか。
端末代金も含めると1ヶ月あたり7,000円から8,000円支払っているという方も多いのではないでしょうか。
最近では仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)略してMVNOが格安SIMカードの販売をしており月1,000円程度で使えるプランもあります。
従来のスマートフォンのプランと比較すると大幅に通信費を節約できる可能性もあります。
しかし、格安SIMカードを販売する事業者も多く、プランの種類も豊富なので興味はあるけど、どのサービスを選んで良いのか迷ってしまう方も
いるのではないでしょうか。
ここでは月1,000円前後の格安SIMカードを販売している主な通信事業者をピックアップし比較しています。
料金はもちろんですが、音声通話機能を付加した場合の料金の比較や一ヶ月あたりのデータの容量など利用環境によって押さえておかなければならない主な項目を比較し、まとめました。
格安SIMカード選びで迷っている方は是非参考にしてみてください。

激安プランに飛びつく前に

格安SIMカードの購入を検討するうえで注意することは音声通話の利用頻度です。
通話し放題に加入しており、それなりに通話する人は注意が必要です。
通話可能な格安SIMカードの通話料金は20円/30秒が一般的なため、通話し放題プランに比較すると逆に料金が高くなってしまうこともあります。
050プラスなどのIP電話アプリを利用することで一般の携帯電話や固定電話へも割安な料金で電話を掛けることができますが、その場合0120ではじまるフリーダイヤルや3桁の番号110や119などに発信できないので、そこを踏まえたうえで料金プランを比較検討する必要があります。
以下に主な格安SIMカードを扱っている事業者のデータ通信のみの格安プランと音声通話付きのプランを比較してみましたので順番に見てみましょう。

楽天 モバイル データ通信のみSIMカードと音声通話付SIMカードの料金比較

【データ通信のみ】

月額:525円
初期費用:3,000円
データ量:-
通信速度:200Kbps
データ繰り越し:-

【音声通話付】

月額:1,250円
初期費用:3,000円
データ量:-
通信速度:200Kbps
データ繰り越し:-
通話料:20円/30秒
データ通信のみで月額525円と他社のサービスと比較するとかなり安いです。
しかし通信速度は200Kbpsと一般的なプランと比較すると遅めですが使用量に制限はありません。
音声通話付SIMカードでも1,250円と他社に比較するとかなりお安くつかうことができます。出先では通話とメール程度しか使わないという人にとっては十分かもしれません。
また、楽天モバイルの音声通話付SIMカードの場合には楽天電話アプリを使うと月額基本料が無料で通常の通話料20円/30秒の半額、10円/30秒で通話をすることができます。

DMM mobile データ通信のみSIMカードと音声通話付SIMカードの料金比較

【データ通信のみ】

月額:660円
初期費用:3,000
データ量:1GB/月
通信速度:225Mbps
データ繰り越し:可能

【音声通話付】

月額:1,260円
初期費用:3,000
データ量:1GB/月
通信速度:225Mbps
データ繰り越し:可能
最も安いプランで660円で使う事ができますが、データ量が1GBと他社の高速LTEプランと比較すると若干少な目に設定されています。
基本的にはwi-fi環境で使用し、出先ではメールやブラウザでの検索程度の利用という使い方の場合にはそこそこ使えるのではないでしょうか。
もしデータ量をオーバーしてしまってもDMM mobileにはバースト機能が用意されています。
バースト機能とは速度を制限されている状況でも最初の一定量だけ高速に読み込むもので、メールや文字主体のブラウジングであれば他社で制限された状態と比較するとそれほどストレスにならないのではないでしょうか。
音声通話を付けると月額1,260円となります。

IIJmio データ通信のみSIMカードと音声通話付SIMカードの料金比較

【データ通信のみ】

月額:900円
初期費用:3,000円
データ量:3G/月
通信速度:225Mbps
データ繰り越し:可能

【音声通話付】

月額:1,600円
初期費用:3,000円
データ量:3G/月
通信速度:225Mbps
データ繰り越し:可能
通話料:20円/30秒
データ通信のみのミニマムスタートプランの場合900円で使う事ができます。
データ量が3GBあるのでメールやブラウザでの検索、たまに動画を見る程度であれば十分使えるのではないでしょうか。
プラス700円の月額1,600円で音声通話も可能になります。
通話料は20円/30秒ですが、4/1以降新たなサービスとしてみおふぉんダイアルというものが開始されています。
専用のアプリを使って発信することにより通常の通話料の50%である10円/30秒で通話することができます。

NifMo データ通信のみSIMカードと音声通話付SIMカードの料金比較

【データ通信のみ】

月額:900円
初期費用:3,000円
データ量:3G/月
通信速度:150Mbps
データ繰り越し:なし

【音声通話付】

月額:1,600円
初期費用:3,000円
データ量:3G/月
通信速度:150Mbps
データ繰り越し:なし
通話料:20円/30秒
データ通信のみで900円、音声通話付で1,600円と標準的な料金プランですが、通信速度が150Mbpsと若干控えめであったりデータ繰り越しがないなど一見見劣りする感じがします。
しかし、今後NifMoから通話定額のサービスが提供されるという情報もあるため今後の動きには注目して行きたいところです。

OCN モバイル ONE データ通信のみSIMカードと音声通話付SIMカードの料金比較

【データ通信のみ】

月額:900円
初期費用:3,000円
データ量:110MB/日
通信速度:150Mbps
データ繰り越し:可能

【音声通話付】

月額:1,600円
初期費用:3,000円
データ量:110MB/日
通信速度:150Mbps
データ繰り越し:可能
通話料:20円/30秒
データ通信のみで900円、音声通話付で1,600円ですがデータ量が1日あたり110MBに制限されています。また通信速度も150Mbpsと若干控えめになっています。
月あたりに換算すると3GB程度になりますが日によって使用量にばらつきがある人には不向きかもしれません。
しかし、NTTコミュニケーションズ直営ということもあり、音声通話付プランを選択すると050プラスを基本料金無料で使うことができます。(通常は月額300円)
IP電話アプリを使う予定の方にとってはお得なサービスではないでしょうか。

まとめ

ここまで主な格安SIMカードの販売を行っている通信事業者5社のデータ通信のみの最安プランと音声通話付の料金プランを比較してみました。
音声通話付のSIMカードで最も安いのは楽天モバイル、続いてDMM mobileとなります。
データ通信のみの料金をみるとデータ通信量や速度の違いによって料金に差がでているという状況です。
料金をできるだけ抑えたいというのであれば、通話専用の電話とデータ専用SIMカードを使ったスマホの組み合わせ、音声通話はほとんど電話は待ち受けにしか使わないのであれば音声通話付のSIMカードプランで、音声通話は基本的に待ち受け発信は通話料の安いIP電話アプリからという使い方がよろしいのではないでしょうか。

関連記事

格安SIM探し、SIMを取り替える時は5つの失敗に注意!
格安SIMカート?って本当にお得?
徹底解説!スマホをSIMフリーで使いこなす方法まとめ
選ぶべきはこれ!人気急上昇中の格安スマホ徹底比較
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧