iPhone

ソフトバンクのiPhoneにMNP後データ移行する方法

icatch-sb-iphone-data-move「iPhoneに変えたけど連絡先をどうやって移していいかわからない」「iPhoneにMNPしたいけどデータが移せるか心配」などデータ移行に対するハードルを高くかんじていませんか。

これまでは携帯を新しく変えた場合は、すべてショップの店員さんが行ってくれていました。
しかし今はiPhoneにMNPで乗り換えた場合、自分で連絡先を移さなければならないのです。
この方法が難しそうで、携帯を変えること自体を躊躇されている方も多いと思います。
iPhoneへのデータ移行は、もともと使っている機種によって違います。
2つ折り携帯、Androidを使っている場合と、iPhoneからiPhoneに移す場合です。
今回はどの機種を使っていてもデータの移行が出来るように、全ての方法を解説しました。
これを読めば正しい方法で安全に、新しいiPhoneにデータを移すことが出来ます。
もともと使っている機種に照らし合わせて、参考にしてみてください。

2つ折り携帯やAndroidからデータを移す場合

2つ折り携帯やAndroidを使っていた場合、ソフトバンクショップでデータを移行する方法があります。
その他にAndroid限定になってしまいますが、ソフトバンクショップに行くのが面倒な方はGmailから連絡先を移す方法もあります。

メモリーサポートを利用して移す方法

※「Mydocomo」「auお客様サポート」に該当する『MySoftBank』の事前の登録が必要です。窓口に行って設定をしてもらってから始めてください。
ソフトバンクショップでは連絡先を移すための「メモリサポート」という機械が置いてあります。メモリサポートを使うことで今まで使っていた携帯電話の連絡先を専用サーバーにコピーします。
メモリサポートはこのような機械です。

sb-iphone-data-move01

1、新メモリーサポートの「iPhoneへデータ移行されるお客さま」ボタンを押し、画面の案内にそって進んでいくと、ケーブルの番号が指定されます。
2、そこで、指定のケーブルと今まで使っていた携帯を接続し、新たに購入したiPhoneの電話番号とMysoftbankのパスワードを入力します。
3、アップロードが始まり、SoftBankサーバへの保存作業が完了します。
※バックアップデータはiphoneの購入から60日間のみしか保持されないので、忘れずに移行を完了させておいてください。
4、専用アプリをダウンロードします。
ここからは新しく契約したiPhoneでの操作手順になります。
Apple Storeから「電話帳かんたんコピー」を検索します。

sb-iphone-data-move02

5、「電話帳かんたんコピー」をダウンロードします。

sb-iphone-data-move03

6、電話帳を移します。
これで「電話帳コピー」のアプリがダウンロードできました。

sb-iphone-data-move04

アプリをクリックすると「”電話帳コピー”が連絡先へのアクセスを求めています」と表示されますので、「OK」をクリックして下さい。

sb-iphone-data-move05

「OK」をクリックすると「携帯電話番号」「パスワード」入力画面が表示されます。

sb-iphone-data-move06

7、こちらに「携帯電話番号」と「Mysoftbank」のパスワードを入れます。
「携帯電話番号」「パスワード」が正しく入力できたらメモリサポートのサーバーからダウンロードが始まります。
最後に「連絡先」をタップして連絡先が入っていれば完了となります。

sb-iphone-data-move07

sb-iphone-data-move08

Gmailから移す方法

2つ折り携帯を使っていた方には使えませんが、AndroidのグーグルアカウントをiPhoneにも設定すれば、簡単に連絡先を取り込めます。
1、iPhoneの設定アプリから、メール/連絡先/カレンダー/を選択。

sb-iphone-data-move09

2、Googleのロゴを選択し、既存のGmailアカウントのIDとパスワードを入力します。

sb-iphone-data-move10

3、連絡先の欄にチェックをつければ移行完了です。

sb-iphone-data-move11

iPhoneからiPhoneにデータを移す場合

もともとiPhoneを使っていた場合はiTunesかiCloudを使って、とっても簡単にデータを移すことが出来ます。
パソコンをお持ちの方は、パソコンに入っている動画や写真なども全てiPhoneに入れることが出来るのでiTunesがおすすめです。
パソコンがない方や、とにかく早く連絡先を移したい方はiCloudを使うのがいいでしょう。

iTunesを利用して移す方法

パソコンとAppleの純正アプリケーションソフト「iTunes」を使って移行する方法です。
iTunesはパソコンに入っている手持ちの音楽や写真、動画をiPhoneと有線接続して入れることができるアプリになります。
パソコンを持っていて、iTunesを使ってない人は是非ダウンロードしてみてください。
※移行の前に、両方のiPhoneのOSのバージョンは、2つとも同じにしておいてください。
1、パソコンのiTunesを起動し、以前使っていたiPhoneをパソコンに接続。
2、他社iPhoneを接続すると、iTunes上に接続したiPhoneが表示されるので、カーソルを合わせ右クリック。
サブメニューで「バックアップ」という項目が出てくるので、クリックするとバックアップ作業が開始されます。

sb-iphone-data-move12

3、iTunes上部の窓枠に林檎のマークが表示されればバックアップは完了しているので、他社のiPhoneをはずし、ソフトバンクのiPhoneを接続します。
4、接続すると、「このiPhoneを新しいiPhoneとして設定」という項目と「バックアップから復元」という項目が出てくるので、データ移行の場合は後者を選択します。

sb-iphone-data-move13

5、先ほど同様、iTunes上部の窓枠に林檎のマークが表示されれば情報の移行は完了しているので、いままで同じようにソフトバンクのiPhoneが使えます。
※この際、新しいiPhoneにはもともと使っていたiPhoneのコピーが上書きされる形になります。
新しいiPhoneでとった写真やアプリがあっても消えてしまいますので、購入後できるだけ早めの作業をおすすめします。

iCloudを利用して移す方法

iPhoneの製造元Appleが提供しているサービスに「iCloud」があります。
これはiPhoneのAppleIDに紐付いてるApple製品の写真やカレンダー、書類、リマインダーなどをバックアップや共有してくれるサービスです。
この中の一つに連絡先のバックアップが含まれているのでこれを利用する方法です。
1、新しいiPhoneの初期設定で、wi-fiに接続し、既存のAppleIDとパスワードを入れてiCloudバックアップから復元を選択。

sb-iphone-data-move14

2、連絡先が引き継がれたら完了です。

まとめ

新しいiPhoneにしたときのデータ移行の方法は、もともと使っていた携帯の機種によって異なります。
2つ折り携帯、Androidからの場合
・ソフトバンクショップで「メモリーサポート」を使う
・Gmailを使う
iPhoneからの場合
・iTunesを使う(パソコンを持っている人にオススメ)
・iCloudを使う(とにかく簡単に移行したい人にオススメ)
これらの方法で、正しく簡単にデータを移すことで、新しいiPhoneを快適に使うことが出来ます。
データの移行が面倒だからとiPhoneにMNPするのを躊躇していた方も、これで安心してiPhoneに乗り換えることが出来ます。
安心してお得なMNPで、新しいiPhoneを堪能しましょう。

iPhone(アイフォン) ブログランキングへ
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へ
にほんブログ村

ブログランキング

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧