MNP

MNPはWEBからがお得!高額キャッシュバックがもらえる理由

icatch-reason-mnp-cashback「MNPでの乗り換えがお得!」と色々聞くこともあると思いますが、いま携帯電話業界にMNPキャッシュバック低下の波がきていることをご存知でしょうか。

実は、2014年3月頃、携帯電話業界ではMNPの高額キャッシュバックが総務省の指導で終了する、と大騒ぎになっており、最終日の噂のあった月末には、携帯ショップは電話が繋がらず、携帯会社のサーバーは手続きの増大で、サーバーがダウンしたなんて話もあります。
そんな噂も結論としては、総務省から指導があったという話はデマであったと大手テック系メディア「ITmedia」が伝えています。
しかし、元々MNPによる高額すぎるキャッシュバックは不健全なのではないかと問題視され始めており、実際に、総務省からの指導はなかったもの主要携帯会社3社とも、4月からキャッシュバックの減額に踏み切り始めました。
この記事では、総務省の指導による影響とその影響を受けても一番お得にMNPできる方法をお伝えします。

月にあったMNPキャッシュバック終了の騒ぎの全貌

以前から携帯会社が加入者獲得のために、他社からMNPしてくる顧客に多額の現金を支払うMNPキャッシュバック競争が加熱しすぎていて、息切れし始めたのではないか、という憶測が出始めていました。
そんな中、2014年3月にMNP高額キャッシュバック終了騒動が起きました。
始まりはTwitterだったようです。
携帯ショップや携帯を扱う大型家電量販店なども続々と3月でのキャッシュバック終了を打ち出しました。
携帯業界の最大の割引イベントである学割の時期も重なり、3月末には店舗に行っても既にに受付を締め切られているほどでした。
多くの人が最後の高額キャッシュバックを受けようと駆け込みで携帯を乗り換えていました。
しかし4月に入っても、総務省や携帯会社から公式な発表はなく、情報が錯綜する中、遂に「ITmedia」の「総務省の指導で“MNPキャッシュバック”が終了?――詳細を確認した」という記事内で、総務省の指導は無かったということが伝えられています。
以下「ITmedia」より。

総務省 総合通信基盤局電気通信事業部料金サービス課に3月17日に確認したところ、「指導をした事実はない」とのこと。「指導をするとなると、文書を起こして稟議(りんぎ)を通す必要があるが、そのようなことは行っていない」(担当者)
 通信キャリアの担当者に口頭で伝えることも考えられるが、「そのような話も特に聞いていない」(担当者)とのこと。「ネット上の記事を見て、私も驚いている」(同)
 念のため、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの広報部にも確認したところ、「総務省から指導を受けた事実はない」とのことだった。通信キャリア側が店舗にキャンペーンを取りやめるよう通達したことも考えられるが、年度末にかけて収束する可能性はあるものの、多くの店舗で各種キャンペーンを継続しているとのことである。

以上抜粋より。
なぜ、これだけ信じる人が多く、話が大きくなったのかは不明ですが、MNP高額キャッシュバックが終了するという話は、完全に間違いだったことがわかりました。

結局低下したMNPキャッシュバック

しかしデマだったのにもかかわらず、4月に入ると高額なMNPキャッシュバックを掲げるお店を見ることは無くなりました。
去年の秋から今年3月までは携帯電話ショップ(ソフトバンクショップ等)や、併売店(テルル等)、量販店(ヤマダ等)のキャッシュバックはどこも高額だったのですが、そういうショップ・併売店・量販店などの携帯会社からの販売支援金が実質5万円位下がったので、今は0円か5,000円、たまに10,000円のキャッシュバックをしている程度になっていきました。
販売支援金が大きく下がっていないのは、web販売を含めた法人販路くらいです。
携帯の販売とは、携帯会社がショップや、併売店や量販店に新規顧客(MNP)獲得ごとに販売支援金を支払うことで成り立っています。
その販売支援金の中から、顧客へのキャッシュバックをまかなっていたのですが、キャッシュバック競争の過熱によりどんどん上がる販売支援金を、携帯会社としては抑えたかったのではないかと言われています。

お金がかかる携帯電話の店舗運営

私たちがなんとなく新しく発売されたスマホを覗きに行ったり、充電したり、料金の支払いや修理で行く、携帯ショップが街中には多くあります。
顧客は必ずしも、お店に行ったら携帯を買っている訳ではありません。
私たち携帯ユーザーは、携帯ショップに行く度に新しく携帯を購入するわけではありません。
しかし店舗を運営するためには携帯を購入してもらうことによる、売り上げに頼らざるを得ないのです。
携帯電話を販売するためのお店を運営する為には、店舗の家賃や光熱費、更にスタッフの人件費などがかかります。
お店は存在するだけでお金がかかってしまうのです。
そして全ての店舗にかかるコストの元をたどっていくと、それは全て私たちの使っている携帯電話の基本料金やパケット通信費から出ているのです。
私たちが通信費だと思って毎月払い続けているお金のうち少なくない部分が、実は最初に携帯を購入した時の店舗費なのです。
運営しているだけでもコストがかかる店舗からすると、携帯会社からおりる販売支援金が下がった場合、キャッシュバックを下げるしかない厳しい状況に置かれるのは当然のことでしょう。

なぜWEB販売と店舗販売で差ができるのか

前述でご説明した通り、携帯電話ショップは店舗を運営するため多額の賃料を払い、スタッフの人件費を支払っています。
更にそこから新規顧客獲得のため、MNPに対してキャッシュバックを顧客に支払っているので、これでは顧客へ還元出来るMNPキャッシュバックにも限界がありますよね。
一方Webで販売する手法になると、人通りの多い繁華街に借りる店舗等にかかる、大きな費用を必要としないので、販売経費が抑えられます。
その他にも店舗に置くスタッフの人件費や、各店舗に商品を送る運送費なども必要がなく、その分、お客さんにキャッシュバックという形で還元することができます。

いまどきのWEB販売

インターネットの世界は急激に成長し、もはやWEBで買えないものを探す方が難しいくらいかもしれません。
携帯電話もWEBで購入できる時代になりました。
しかし顔が見えない消費に対する抵抗がある方も、まだいらっしゃることでしょう。
今までなかったものですから当然のことだと思います。
WEB販売を手掛けるほうも、それは十分に承知している事なので店舗がない場合でも電話やメールの窓口を設置していまので、疑問や心配に思うことがあれば、確認してみましょう。
WEB販売のスタッフは、その窓口が唯一の顧客とのつながりになるので、懇切丁寧にお対応してくれるでしょう。
よくわからないから使わない、で片付けてしまうなんてもったいないですよね。

まとめ

・MNPでの購入にもキャッシュバックの低下の波がきている
・特にショップなど店舗運営では下がった販売支援金ではキャッシュバックが難しい
・キャッシュバックが高額なのはWEB販売
一昔前は、WEBでの商品の購入は安かろう悪かろうであったり、販売員からの説明やサービスを受けることが出来なかったりというあまりいいイメージがありませんでした。
しかし今は、商品はお店で買うものと全く同じで、料金はお店よりWEBで買うより安いのは当然です。
しかも、顧客満足度を向上させるため、電話やメールで24時間スタッフによるサポートを受けることが出来るので安心です。
キャッシュバック低下の流れのある今だからこそ、お得な方法で賢く携帯を乗り換えましょう。

iPhone(アイフォン) ブログランキングへ
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へ
にほんブログ村

ブログランキング

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧