ビジネス

プログラミングスピードを上げる為に絶対に必要な5つのこと

プログラミングにおいて生産性はとても重要なものです。同じ仕事をしても生産性が低いとその分時間もかかりますし、納期に間に合わないという事態にもなってしまうからです。また、プログラマーにとって生産性はそのプログラマーの能力を図る一つの指標となります。そんな生産性を2倍にするために必要な5つのことについて紹介したいと思います。

基本は自主的な学習

p01-02
プログラミングの生産性を2倍にする最も基本的なことは自分のスキルを上げることです。なによりこれが基本となりますし、日頃から自主的に学習することが大切なのです。同じプログラムにおいて、いかに早く、美しく、効率よくプログラミング出来るかが生産性に影響し、その為には日頃の学習が必ず必要となります。一番良くないのが学習もせず、知っている知識だけでコードを修正・修正と繰り返すことで汚く、複雑なコードにすることなのです。

自動化の活用

P01-04
プログラマーの中には自動化を否定する人もいます。確かに全てに使えるものではありませんし、自動化といってもそれを使える正しい知識と技術が必要になります。しかし、それを的確に使いこなすことが出来れば確実に生産性を2倍にすることが出来ます。そして自動化のメリットとしてコードの打ち間違えによるヒューマンエラーも防ぐことが出来ますので、余計な作業を減らす効果も見込めます。

新しいフレームワークを導入する

p01-01
新しいフレームワークを導入することは誰でもためらいがあると思います。導入費用ももちろんですが、新しいフレームワークを使いこなすまでに時間もかかってしまいます。しかし、古いフレームワークを使い続けることは新しい要求に対して対応することが難しくなってきますし、無理やりにプログラミングをすることで汚く、複雑なコードが出来上がってしまいます。短期的には生産性は上がりませんが、長期的に見ると確実に生産性は2倍以上になることは間違えありません。

様々なプログラミング言語を取得する

P01-05
一口にプログラミングといっても様々な言語が存在します。一つのプログラミング言語に特化して習得するのもいいですが、言語には特徴がありそれを的確に判断しながら使うことも生産性を向上させるためには必要なことなのです。一つ一つの特徴をしっかりと学習してどのようなプログラミングでも対応出来るようにすることが大切です。

コードを打つだけがプログラミングではない

P01-03
プログラミング作業だけが生産性を向上させる要素ではありません。プログラミング作業の上流工程、つまりはプログラムの設計・立案という段階においてしっかりとした打ち合わせをすることで後の工程で全然違うものを作ってしまった、または必要のない作業をしていたといった無駄な時間を使うことがなくなります。これだけで生産性が2倍にすることが出来ます。

まとめ

プログラミングにおいて生産性を2倍にする必要なことを5つ紹介しました。どれも簡単ではありませんが、一つづつしっかりと実践していくことが大切です。現状の自分に満足せずに常に学習をし、前に進んでいくことで必ず生産性を向上することが出来るでしょう。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧