ドコモ

新機種の誕生、そして成長。NTTドコモが掲げる1つの理念?

9
2015年9月30日、NTTドコモから2015-2016冬春モデルの発表が行われ、新機種が順次発売されつつあります。
これらNTTドコモの新機種の特長を見ているとメーカーが独自に開発しているだけではなく、ある方針に従って誕生し、そして改良を繰り返し、少しずつ成長をしているように思えます。
「いつか、あたりまえになることを」NTTドコモが掲げる理念の一つ。
これがNTTドコモの新機種たちの誕生から成長の方向性を示す、設計図であると言えるでしょう。
ここでは発売間もない、これら2015-2016冬春モデルのスペックなど特徴を紹介して行きますので、新機種の購入を検討している方は是非参考にしてみてください。

Xperia Z5 Premium

◇主なスペック
サイズ:高さ約 154mm×幅約 76mm×厚さ約 7.8mm
重さ:約 181g
連続待受時間:LTE:約 490時間/3G:約 510時間/GSM:約 400時間
連続通話時間:LTE:約 1330分/3G:約 860分/GSM:約 800分
バッテリー容量:3430mAh
ディスプレイ:5.5インチTFT(トリルミナス ディスプレイ for mobile)
ディスプレイ解像度:2160×3840ピクセル(4K)
PREMIUM 4G:○
VoLTE:○
指紋認証
OS:Android 5.1
メモリ(ROM):32GB
メモリ(RAM):3GB
CPU: Qualcomm MSM8994 オクタコア 2Ghz(クアッドコア) + 1.5Ghz(クアッドコア)
アウトカメラ: 2300万画素 裏面照射積層型CMOS
インカメラ: 510万画素裏面照射積層型CMOS
NTTドコモの新機種XPERIA Z5の上位モデルとなります。
スマホ史上初となる4Kディスプレイが特徴です。写真や動画も4Kで撮影が可能なため、4Kで撮影した写真や動画をすぐその場で楽しむことができます。
また、指紋による生体認証にも対応しています。

Xperia Z5

◇主なスペック
サイズ:高さ約 146mm×幅約 72mm×厚さ約 7.3mm
重さ:約 154g
連続待受時間:LTE:約 410時間/3G:約 440時間/GSM:約 350時間
連続通話時間:LTE:約 1160分/3G:約 740分/GSM:約 680分
バッテリー容量:2900mAh
ディスプレイ:5.2インチTFT(トリルミナス ディスプレイ for mobile)
ディスプレイ解像度:1080×1920ピクセル(Full HD)
PREMIUM 4G:○
VoLTE:○
指紋認証
OS:Android 5.1
メモリ(ROM):32GB
メモリ(RAM):3GB
CPU: Qualcomm MSM8994 オクタコア 2Ghz(クアッドコア) + 1.5Ghz(クアッドコア)
アウトカメラ: 2300万画素 裏面照射積層型CMOS
インカメラ: 510万画素裏面照射積層型CMOS
液晶画面の解像度はFull HDではあるものの、性能面ではXperia Z5 Premiumと同等となっています。
特徴としては、0.03秒のオートフォーカス機能により、大切な思い出を撮り逃すことがなくなるでしょう。
また、指紋認証にも対応したことで高いセキュリティーも実現しています。

Xperia Z5 Compact

◇主なスペック
サイズ:高さ約 127mm×幅約 65mm×厚さ約 8.9mm
重さ:約 138g
連続待受時間:LTE:約 400時間/3G:約 430時間/GSM:約 360時間
連続通話時間:LTE:約 1080分/3G:約 700分/GSM:約 640分
バッテリー容量:2700mAh
ディスプレイ:4.6インチTFT(トリルミナス ディスプレイ for mobile)
ディスプレイ解像度:720×1280ピクセル(Full HD)
PREMIUM 4G:○
VoLTE:○
指紋認証
OS:Android 5.1
メモリ(ROM):32GB
メモリ(RAM):2GB
CPU: Qualcomm MSM8994 オクタコア 2Ghz(クアッドコア) + 1.5Ghz(クアッドコア)
アウトカメラ: 2300万画素 裏面照射積層型CMOS
インカメラ: 510万画素裏面照射積層型CMOS
Xperia Z5と同等のカメラ機能やCPUを搭載していながらも、片手での操作できるサイズにこだわった妥協のないコンパクトモデルになります。
指紋認証もサポートされていますので、ポケットに収まるサイズにこだわる方にとっては最適なモデルになるのではないでしょうか。
ちなみに、Xperia5シリーズ3タイプが発売されるのはNTTドコモのみとなっています。

AQUOS ZETA

◇主なスペック
サイズ:高さ約 139mm×幅約 74mm×厚さ約 7.9mm
重さ:約 151g
連続待受時間:LTE:約 490時間/3G:約 550時間/GSM:約 430時間
連続通話時間:LTE:約 1300分/3G:約 840分/GSM:約 850分
バッテリー容量:3100mAh
ディスプレイ:5.3インチTFT(IGZO)
ディスプレイ解像度:1080×1920ピクセル(Full HD)
PREMIUM 4G:○
VoLTE:○
指紋認証
OS:Android 5.1
メモリ(ROM):32GB
メモリ(RAM):2GB
CPU: Qualcomm MSM8992 ヘキサコア 1.8GHz(デュアルコア) + 1.4GHz(クアッドコア)
アウトカメラ: 1310万画素 裏面照射積層型CMOS
インカメラ: 800万画素裏面照射積層型CMOS
シャープのAQUOSシリーズの新機種となります。
特徴としては間もなく運用が開始される300Mbpsもの高速なPREMIUM4Gに対応していることがあげられます。
また、従来の液晶の2倍の速度である120Hzで動作するハイスピードIGZOの採用により高速な描画の再生やスクロールの場合でも画面がちらつくことなくなめらかな再生が可能になります。

AQUOS Compact

◇主なスペック
サイズ:高さ約126mm×幅約66mm×厚さ約 8.9mm
重さ:約 120g
連続待受時間:-
連続通話時間:-
バッテリー容量:2810mAh
ディスプレイ:4.7インチTFT(IGZO)
ディスプレイ解像度:1080×1920ピクセル(Full HD)
PREMIUM 4G:-
VoLTE:○
OS:Android 5.1
メモリ(ROM):16GB
メモリ(RAM):2GB
CPU: Qualcomm MSM8992 ヘキサコア 1.8GHz(デュアルコア) + 1.4GHz(クアッドコア)
アウトカメラ: 1310万画素 裏面照射積層型CMOS
インカメラ: 500万画素裏面照射積層型CMOS
AQUOSのコンパクトモデルになります。
シャープのEDGESTデザインにより、額縁部分が極めて薄い構造となっているため、4.7インチ液晶を搭載しているにもかかわらずコンパクトな外観となっています。
また、カメラやCPUはAQUOS ZETEと同等のものが搭載されています。

ARROWS NX F-02H

◇主なスペック
サイズ:高さ約154mm×幅約75mm×厚さ約 7.9mm
重さ:約 167g
連続待受時間:-
連続通話時間:-
バッテリー容量:3390mAh
ディスプレイ:5.4インチIPS-NEO
ディスプレイ解像度:1440×2560ピクセル(WQHD)
PREMIUM 4G:○
VoLTE:○
虹彩認証
OS:Android 5.1
メモリ(ROM):32GB
メモリ(RAM):3GB
CPU: 1.8GHz(デュアルコア)+1.4GHz(クアッドコア)ヘキサコア
アウトカメラ: 2150万画素 裏面照射積層型CMOS
インカメラ: 240万画素裏面照射積層型CMOS
富士通から発売されているARROWSの新機種になります。
目の虹彩を認識する生体認証を採用していることで、画面を見るだけでロック解除などが可能です。
また、米国国防総省が定めているMIL規格の14項目に準拠しており、落下や高温での動作など過酷な状況でも安心して
使用することができます。
さらにNTTドコモで提供を予定している300Mbpsの高速なPREMIUM 4Gにも対応しています。

Arrows Fit F-01H

◇主なスペック
サイズ:高さ約141mm×幅約69mm×厚さ約 8.9mm
重さ:約 149g
連続待受時間:LTE:約 540時間/3G:約 670時間/GSM:約 520時間
連続通話時間:LTE:約 700分/3G:約 630分/GSM:約 540分
バッテリー容量:2330mAh
ディスプレイ:5.0インチ有機EL
ディスプレイ解像度:720×1280ピクセル
PREMIUM 4G:-
VoLTE:○
指紋認証
OS:Android 5.1
メモリ(ROM):16GB
メモリ(RAM):2GB
CPU: Qualcomm MSM8916 クアッドコア 1.2GHz
アウトカメラ: 810万画素 裏面照射積層型CMOS
インカメラ: 240万画素裏面照射積層型CMOS
ARROWS Fitというネーミングされるだけあり、手にフィットするサイズ感でありながら5インチの液晶サイズを実現しています。
また、本体背面にある指紋認証センサーにより画面のオンとロック解除の操作を行うことができるため、片手での操作に適した機種であると言えます。

Galaxy Active neo SC-01H

◇主なスペック
サイズ:高さ約133mm×幅約70mm×厚さ約 10.1mm
重さ:約 154
連続待受時間:LTE:約 490時間/3G:約 580時間/GSM:約 490時間
連続通話時間:LTE:約 700分/3G:約 630分/GSM:約 540分
バッテリー容量:2200mAh
ディスプレイ:4.5インチTFT
ディスプレイ解像度:480×800ピクセル
PREMIUM 4G:-
VoLTE:○
OS:Android 5.1
メモリ(ROM):16GB
メモリ(RAM):2GB
CPU: Qualcomm MSM8916 クアッドコア 1.2GHz
アウトカメラ: 800万画素 裏面照射積層型CMOS
インカメラ: 200万画素裏面照射積層型CMOS
サムスンの新機種は防水や防塵のほか、米国国防総省の軍用企画MIL-STD-810Gに適合した堅牢性の高い機種になっています。
そのため、スキーやスノボをはじめとしてアウトドアでも安心してスマホを持ち歩きたいという方には最適な機種と言えるのではないでしょうか。
◇NTTドコモの2015-2016冬春モデルの詳細はこちら

まとめ

ここまでNTTドコモの2015-2016冬春の新機種を紹介してきましたが、いかがでしょうか。
Xperia Z5 Premiumの4Kディスプレイをはじめとして指紋や虹彩などの生体認証による端末のロック解除など、あったらいいなと思っていた技術が徐々に実現されつつあるという印象です。
まさにNTTドコモの理念「いつか、あたりまえになることを」という名の列車の先頭車両のような新機種ばかりです。
目移りして決めかねてしまいそうですが、ここで紹介したまとめを参考にみなさんのお気に入りの一台を選ぶための参考としていただけたらと思います。

関連記事

100%買う!驚くほど高性能なドコモの新機種一挙公開!!
やっぱりドコモ!注目の新機種情報・人気機種まとめ
みんな気になるドコモの新機種情報を分かり易くまとめてみた
新発売!ここがオススメなNTTドコモ新機種徹底比較

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧