MNP一括0円でキャッシュバックの恩恵を受けれる裏ワザ8選


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

MNPするのであれば、抑えておきたいのがMNP端末一括0円とキャッシュバックですよね!

もちろん乗り換えることで受けられる割引のキャンペーンなども以前は年中各社行っていましたよね。ですが、2016年7月でソフトバンクののりかえ割もなくなってしまい、乗り換えることで受けれるキャンペーンもほとんどなくなってきています。

MNP(乗り換え)をした人だけが優遇されるのはどうかと問題になり、総務省から指導が入った結果ですよね。

 

その中で、一括0円やキャッシュバックは、機種変更や新規契約では受けられないMNPだけで受けれる特権です。今はまだ端末一括0円もキャッシュバックも行っている店舗がありますが、2017年1月からこの端末一括0円も、キャッシャバックもなくなる方針のようで、2016年の年末にかけてがお得に端末一括0円とキャッシュバックができる最後の期間かもしれません。

 

今回の記事ではよりお得にMNPを行えるように、端末一括0円とキャッシュバックの恩恵を受けれる方法8選を紹介していきます!

1.端末一括0円とは何なのか?

もう端末一括0円なんて知っているよ!という方は割愛していただいてかまわないのですが、端末一括0円ってそもそも何?と今更聞けずにいる方、実は多いんじゃないでしょうか?

 

基本的にMNPを行うと「端末実質0円」というもので端末を使うことができます。この「端末実質0円」と「端末一括0円」との違いとなぜ「端末一括0円」がお得なのかを知っておく必要があります。

端末一括0円で端末を入手する方法の前にしっかりと端末一括0円の仕組みについて紹介していきます!

1-1. 「実質負担0円」と「端末一括0円」の違い

家電量販店や携帯ショップに行くと「iphone7 端末実質負担0円!!」や「iphone6s 端末一括0円~」なんてワードよく見かけますよね!どちらも同じ0円で、負担がないという意味なんじゃないの?と思うかもしれません。

 

ですが、実質負担0円と端末一括0円は似ていて同じような意味と勘違いしている方も多いですが、実質負担0円と端末一括0円とでは大きく意味が違います。では実質負担0円と端末一括0円ではどう違うのでしょうか?

 

「実質負担0円」とは?

まず、実質負担0円から説明していきましょう!

実質負担0円というのは、基本的に一般的な契約で端末を購入する場合のことを指しています。

 

毎月端末にかけるお金が実質的には0円ですよ!という言葉の通りの意味です。基本的に数万円のスマホ端末を24回(2年間)の分割で購入して、その分割購入支払金を支払っている間は分割代金が負担にならないようにとスマホの分割代金と同額の割引(月々割・毎月割・月々サポート)を受けれて、端末の代金の負担は実質0円です。というのが実質負担0円です。

 

毎月の携帯の料金明細を見たことがある人ならわかると思いますが、実質負担0円で契約しても、月々の明細には端末代金がしっかりかかっています。

 

ですが、端末代金がかかっている分実質負担金額が0円になるように、端末の分割支払金と同額の割引がされているので、実質負担は0円になっているというのが実質負担0円の仕組みです。

 

この実質負担0円になる割引は基本的に24ヶ月(2年間)の割引です。この割引はその端末を2年間使うことを前提で実質負担0円になる割引ですので、例えば途中で違う機種に機種変更したり、他社へMNPしてしまうとこの割引は無くなってしまいます、例えば8万円の機種を1年後に機種変更した場合は、4万円しか割引をうけれなかったということになります。

実質負担0円の場合はプラスになる端末代金がかからないですが、基本料金は特に割引がなく、変わらないので7000円前後はどうしてもかかってしまいます。

「端末一括0円」とあ?

では一方、端末一括0円とはどうようなものなのでしょうか。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない