ソフトバンク

MNPするならイマがお得?MNPをするタイミングっていつ?

番号を変えずにそのまま別のキャリアへ乗り換える「ナンバーポータビリティ(MNP)」が、最近話題になったのは記憶に新しいところ。
各キャリアでMNP争奪合戦が繰り広げられ、1台MNPで端末を買えばタダで端末を手に入れ、更に10万円近い金額のキャッシュバックが受け取れるというもはや何が何だかわからないものでした。
結果的に総務省からの改善要請が出たため、各キャリアの過熱したキャッシュバック戦争は幕を閉じた訳ですが、では今はMNPをしても意味がないのか?というと、そういうわけではありません。
異常なまでの過熱したMNP争奪合戦とは別に、キチンと考えて行動することで安く新しい端末を手に入れる事が可能となります。今回はそのあたりを見ていきましょう。
 

前提条件 キャリアショップが力を入れる時期を考える

smartphone-791324_640
まず、MNPにせよ機種変更にせよ、スマホなどをキャリアショップで購入をするのはいつが良いのでしょうか?
大抵の方は、新機種が発売されたころではないのか?と考えるところだと思います。
これは間違っておらず、各キャリアで力を入れている端末に「販売奨励金」(本部予算の充当と思ってください)がかかります
非常に簡単な例で説明すると、下記の様になります。

[販売奨励無し]

端末価格がそのまま利益になるため、販売価格は変わらない
店頭販売価格:40,000円
販売奨励:0円
実販売価格:40,000円

[販売奨励有り]

端末価格以外に利益を得られる為、販売価格を下げて販売できる
店頭販売価格:40,000円
販売奨励:20,000円
実販売価格:20,000円
似たようなスペックで、40,000円の端末と20,000円の端末ならどちらを買いますか?
よほどのこだわりがない限り、多くの方は20,000円の方を購入するのではないでしょうか。これが極力欲しい端末で、行われると予想できる時期を見極める必要があります。それはいつなのか。
それは、冬春のモデルが販売開始になる1月頃~4月頃と夏秋モデルが販売開始される9月頃~12月頃です。
家電量販店の場合、敢えて1月1日の元旦におみくじ感覚で、格安で端末を手に入れるという事はできますが、通常は上記のような時期が狙い目となります。
特に3月頃はそれぞれ学生や新社会人向けのサービスや5月頃に各社の新モデルが販売開始になる事から、各キャリアの店頭でMNP顧客の獲得競争が始まります。
結果として、最新端末でもモノによっては投げ売りが始まる可能性が高くなります。
11月、12月頃は最近ではiPhoneの新モデルが販売される為、各社でiPhoneを活用したMNP施策が始まりますが、Android端末もかなり狙い目になります。
またボーナス時期にも被るため、各店舗とも新規契約やタブレット、データ端末との抱き合わせ販売などで格安で手に入れる事が出来る可能性の高い時期になります。
ただ、時期を決めたとしても、他にもお得にMNPをする必要があります。

MNPで得をするために:①最新のモデルで端末代金が安い所にする

2
やはり、せっかくMNPをしてキャリアを移動するなら、そのキャリアで最新のモデルが欲しいと思うのはあるでしょう。
しかし、お店によっては何故かその2世代前のモデルを勧めてくる様なお店もあります。
それらがご自身の希望に沿うものであれば、もちろん問題は何もありませんがどうでしょうか?
例えば、iPhoneとAndroid端末では各キャリアの下取り価格に大きな差があります。当然、中古の端末ショップでもAndroid端末よりはiPhoneの方が高値で取引されています。
またいくら高値で取引される傾向のあるiPhoneであっても、モデルが古ければ当然価格は下がります。
将来的に端末は手放すものと考えて、次に繋げるためのものを購入する方が良いとは思いませんか?
せっかくのMNPで新しいキャリアに来たのですから、最新又はそれに準じる端末を安く提供してくれるお店で購入しましょう。

MNPで得をするために:②解約金を負担してくれる店舗を探す

3月は卒業シーズンであると同時に、4月からの新生活の準備シーズンでもあります。
当然、キャリア各社も契約者増に向けて様々なキャンペーンや催しを行います。その一つに「学割」があります。
特にこれからスマホを持たせて、中学高校へと進学していく我が子。親御さんも心配なので持たせてあげたいというのもわかりますが、やはり気になるのは毎月の維持費。
家族みんなで同じキャリアの方が何かと便利かもしれませんが、やはり維持費は安い方が良い。そんな時に、別キャリアの方が安いのに解約金があってチャンスを逃してしまった。何ていうこともあるのではないでしょうか。
現在、端末価格一括0円に加えて、キャッシュバックの代わりに解約金を負担するという店舗も増えています。
MNPをする際は、解約金を負担してくれるお店かどうかを確認しましょう。

MNPで得をするために:③移動後の維持費が安いキャリアにする

4
いくら端末代金が安くても、解約金を負担してくれても、結局なところは維持費が安くならなければMNPをした醍醐味は、何一つとして味わえないでしょう。
一般的にドコモ、au又はソフトバンクになりますが、ドコモの回線であれば日本通信、auであればWimaxモバイル、ソフトバンクであればYmobile、更にMineoや楽天、DMMと様々な業界や各家電とショップがこぞって格安SIM業界に参入してきています。
ユーザーとしては、選択肢も増えてありがたいことですが、やはり端末購入やその後の保守サービスなどを考えればキャリア各社でMNPを行うのが無難でしょう。

まとめ

・学割適用者であればドコモがおススメです
・下取り端末をお持ちであれば、ソフトバンクがおススメです
・auはちょうどドコモとソフトバンクのどちらにも当てはまらない場合におススメです
春はキャリア各社のショップが様々な仕掛けをする季節です。
無理なく、安く、そして得をする為に行うMNPを活用することで、更にプラスαのお得が付いてくる事があります。
どのキャリアにも良い点や悪い点というのは存在します。
ご自身の利用環境やご家族の状況などに合わせて、賢いMNPを行うことで、よりよい携帯電話ライフを送っていただければと思います。

関連記事

iPhoneを買うのに1番お得で手軽な会社は?MNPという観点
ズバリ!スマホのMNPで1番お得なキャンペーンはこれだ!
iPhone6sでMNPの大チャンス!絶対お得なやり方5選
iPhone6sに乗り換えて賢くMNPキャッシュバックを貰う方法
話題のiPhone6sはいつ買う?キャンペーン価格を比較しよう
iPhone6sをお得価格でGETできる下取りキャンペーン

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧