ソフトバンク

必見!誰でもわかる!絶対得するMNPの手続きのポイント

季節の変わり目には大手携帯キャリア各社で多くの新機種が発売されますが、皆さんの中にもスマホを新規購入したい方や機種変更を考えている方も少なくないのではないでしょうか。
中にはMNPを検討しているものの、「キャリアを乗り換えるのに踏ん切りがつかない」「そもそもMNPってどうするの?」とお悩みの方もいらっしゃる事と思われます。
今回はMNPの手続きについて、得するポイントを交えながら説明いたします。

まずはMNP予約番号を取得

1
MNPする際には現在、使っているキャリアにてMNP予約番号を発行しなければなりません。この予約番号がないとMNPできませんので、予約番号の発行手続きは必須中の必須です。
MNP予約番号は有効期限が発行された当日を含めて15日間、もしくは約2週間あります。
そのままMNPの手続きをしないでいるとMNP予約番号は無効になりますが、今ある契約は解約されずそのままになります。すぐにMNPしたい場合は有効期限内にMNP手続きをする必要があります。
手数料や解約金などの発生はMNPが完了したあとになります。MNPするかもしれないけど迷っているのであれば、有効期限内にじっくり検討することもできます。
月末などは大変混雑しますのでMNPをしたいと思ったならば、とにかくMNP予約番号取得しておくと良いでしょう。
MNP予約番号発行をするには、ドコモならばMy docomoにアクセス、151に電話する、ドコモショップへ行く、auなら157へ電話する、もしくはauショップへ行く、ソフトバンクの場合はソフトバンクケータイからは5533、フリーコールは0800-100-5533のみで発行となります。
電話でMNP予約番号を取得する場合、まず契約者本人が電話することが条件です。その際にMNPする電話番号の確認、契約時に決めた4桁の暗証番号を準備しておけば、よりスムーズに手続きができるかと思われます。
電話のガイダンスに従い本人確認を済ませてMNP時の注意に同意するとMNP予約番号が発行されます。電話の場合はしっかりとメモをとる必要があります。
ショップで発行してもらう場合、契約者本人の来店が必須です。その際に免許証などの本人確認ができるもの、MNPする電話番号、4桁の暗証番号が必要になります。店員さんが注意事項の説明をしてくれますので、それに同意すると予約番号が発行されます。ショップでは紙で発行されます。

いよいよMNP

19
MNP予約番号を発行してもらったら、いよいよMNPです。
発行されたMNP予約番号を持ってMNPするショップに行きます。
MNPでの契約の際に必要なのは

  • MNP予約番号
  • MNPする携帯電話番号
  • 免許証などの顔写真付きの本人確認書類(健康保険証の場合はクレジットカードや公共料金領収書、住民票、学生証などが別途補助書必要。)
  • 支払いの為のクレジットカードや銀行口座のわかるものと銀行口座の届出印

などです。書類に必要事項を記入し、注意事項の説明を聞いた後に同意のサインをします。
これで問題なければ早ければ30分~2時間くらい待って登録手続き完了です。契約が完了した時点で契約の取消しやキャンセルは出来ませんので要注意です。
登録手続き完了後は新しい端末の設定をし受け取ればOK!です。

MNPのメリット

desk-791178_640
MNPの手続きについて、ざっと説明しましたがMNPするとどんなメリットがあるのでしょうか?
まず、毎月の料金が安くなります。たとえばソフトバンクならば、MNPでiPhone6sを購入すると利用料金から最大22,000円ほど割引を受けることができます。機種変更よりも高い割引率です。
購入する端末の機種代金が安くなるこ事もあります。実質0円になるケースもあります。
またMNPでiPhone6sを購入したユーザーを対象に、それまで利用していた機種を下取りし、下取りの対象機種に応じて毎月の通信料金から割引するキャンペーン等もあります。
機種によっては下取りに出すことで20000円以上手に入れる事ができる場合もあります。
さらにMNPをするとキャッシュバックなどのキャンペーンなどもあります。キャッシュバックの金額については、時期やショップによってマチマチですが5万以上なんてこともあるようです。

MNPのデメリット

touch-screen-1023967_640
メリットばかり挙げましたが、デメリットについても説明をします。
まずMNPの際、新しくキャリアに引き継ぎが出来るというのは電話番号だけです。キャリアメールアドレスは引き継ぎできませんし、前キャリアのサービスも引継ぎ出来ない場合が殆どです。
写真や連絡先をキャリアのサーバーに預けるクラウドサービスはデータが消去されます。
しかしキャリアメールが引き継げないとはいえ、最近はスマホでもパソコンでもフリーメールを利用したり、LINEなどの通信アプリが主流になっていますので、キャリアメールの需要は少なくなっているので、あまり問題はないと思われます。
連絡先や写真などはSDカードなどやPCなどにバックアップを取っておけば問題無しです。Androidの場合はGmailの連絡先に電話帳を移行しておけば良いでしょう。

まとめ

以上、MNPについての解説でした。
難しい、面倒なイメージもあるMNPですが結構、簡単なのです。
便利でお得なMNPですが、キャッシュバック等を目当てにしすぎて短期間に何度もMNPするとブラックリスト入りしてしまう恐れがあるので、短期間で頻繁にMNPするのはオススメできません。
便利でお得なMNP、正しく有効に利用してお得に購入したいですね。

関連記事

こうすれば安心!1分でわかるお得なMNPの手続きとは?
5分で簡単に分かる他社に移る時のMNPの手続きの方法
【3キャリア比較】MNPの手数料っていくらぐらい必要なの?

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧