ソフトバンク

手続き簡単!初めての人でもわかるMNPの手続きガイド

他社の通信キャリアへ移るのであれば、これまでは現在お使いの通信キャリアをご解約して、新しい通信キャリアにて新規にてご契約をされるというものでしたが、これには電話番号が変わってしまうという大きなデメリットがありました。
しかし、現在は(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)によって電話番号を変えることなく他社通信キャリアに乗り換えが可能となり、大変便利な時代になりました。
今回はMNPの手続きについて徹底解説いたします。

MNPとは?誰でもわかる簡単手続きガイド

56
MNPの手続きのお話しを進めていく前にMNPとはなんなのか、皆さんはご存知でしょうか。
言葉はわかっていても、深くはご存知ではない方も多くいらっしゃるのではないのでしょうか。
MNPとは、現在ご使用していらっしゃる携帯電話番号を変えることなく、番号そのままで他社の通信キャリアへお乗り換えすることを言います。
たとえば、電話番号をそのまま、SoftBankからauにお乗り換えする事ができるということです。
MNP登場前は、SoftBankで090-1234-0000という携帯電話番号を使っていても、auにお乗り換えされれば違う携帯電話番号に変わってしまいました。
しかし、今はMNPを利用すればauにお乗り換えされた後も同じ090-1234-0000という番号を使い続けることができるのです。
日本では、10年前の2006年からMNPの制度がスタートしました。電話番号が変わらなければ、間違い電話も減り、変わったことを友人知人に通知する手間もなくなります。
それによって自由に携帯電話の通信キャリアを選べるようになれば、携帯電話通信キャリア同士で競争し合い、価格は安くなりサービスも良くなります。
最終的には、日本の技術力や競争力が高まるはずだと考えた総務省が、MNP制度の導入を決めたことがきっかけとなります。
実際に、MNPが日本でも導入されたことで、携帯電話の通信キャリアをお乗り換えされる件数が増え、以前よりも競争が盛んになりました。

MNPの手続きとは?一から学ぼう!

5
MNP手続きの2つのステップを理解して、MNPを利用しましょう。
MNPによるお乗り換えの手続きは非常に簡単です。
やることは下記の2つしかありません。

  1. 現在ご契約中の通信キャリアからMNP予約番号MNPを取得すること。
  2. 新しくご契約する通信キャリアに来店し、新規申し込み及び、携帯電話のご購入をすること。

たとえば、SoftBankからauにお乗り換えされる場合であれば、SoftBankから、MNPでのりかえるための暗証番号のようなMNP予約番号と呼ばれるものを教えてもらい、auの契約時に伝えれば大丈夫です。
予約番号を教えてもらうのは、ご契約前でもよいですが、たとえばSoftBankからauにのりかえるなら、auをご契約する時になってSoftBankの151へ電話すればよいでしょう。
ただし、契約名義になっている本人が電話する必要があるのでご注意してください。
各通信キャリアの乗り換え時の手続きについては以下になります。

docomoから他社通信キャリアへお乗り換え時

docomo携帯電話から151、一般電話などから0120-800-000

auから他社通信キャリアへお乗り換え時

au携帯電話から0077-75470、一般電話から0077-75470

SoftBankから他社通信キャリアへお乗り換え時

SoftBank携帯電話から*5533
一般電話から0800-100-5533
MNP先の通信キャリアでの新規申し込みを行うことについてもご説明しておきましょう。
ご契約する販売店まで足を運び、契約します。
ご契約時に必要なものは、どの通信キャリアにMNPする場合も必要なものは同じですが、支払い方法が「口座振替」と「クレジットカード」の場合で必要なものが異なりますので、事前に確認を行いましょう。
また、ご契約にかかる時間は、待ち時間を除けば、開通まで30分から1時間程度です。
契約の流れは、「契約書類の記入」→「本人確認」→「契約プランの決定」→「登録」→「開通」といったことろです。

MNPにかかる費用の確認

24
つづきましては、MNPの手続きの際に必ず必要となる費用についてご説明をしておきます。
MNPをする際にかかる費用は、「MNP転出手数料」、「契約解除料」、「契約事務手数料」の3つです。
まず、MNP転出手数料ですが、現在ご契約中の通信キャリアのMNPの手数料として、MNP転出手数料がかかります。
具体的な金額としては、今使っていらっしゃる通信キャリアがSoftBankの方は3,000円、auとdocomoの方は2,000円となります。
つづきまして、契約解除料ですが、携帯電話のご契約は基本的に2年更新ですので、ご契約の更新する月、すなわち更新月のタイミングで解約しなければ、9,500円が「契約解除料」としてかかります。
そして、最後に契約事務手数料ですが、MNP先での手数料として「契約事務手数料」が3,000円かかります。これは、初月の請求の中に自動的に加算されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、MNPの手続きについてご紹介いたしました。
現在お使いの通信キャリアから、他社の通信キャリアへのお乗り換えをご検討されていらっしゃる方は、お乗り換えされる前の再確認をしておくと良いでしょう。

関連記事

5分で簡単に分かる他社に移る時のMNPの手続きの方法
【3キャリア比較】MNPの手数料っていくらぐらい必要なの?
5分で実践!初心者でも簡単なMNP手続きとコツ早わかり
予約番号?キャッシュバック?MNPに関する用語をわかりやすく解説!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧