ソフトバンク

【3キャリア比較】MNPの手数料っていくらぐらい必要なの?

16
番号を変えずに、キャリアの乗り換えが可能なMNP。
このサービスが開始された事によって、キャリアごとのユーザー獲得に向けた競争はますます激しくなっています。
日本で主要キャリアと言われているソフトバンク、au、docomoの3社。MNPで契約をする人を対象としたキャンペーンも充実しています。
MNPをする際には、手数料などは発生するのでしょうか。お得になるキャンペーン内容と、必要な手数料とは?

MNPの手順と手数料

17
家族でキャリアを統一したい、欲しい機種がある、お得なキャンペーンがあるなどMNPを行う理由はさまざま。それではどういった手順で、MNPを行えばよいのでしょうか。
まず、MNPをするという事はスマホも新しくするという事。データの移行が行えるようにバックアップを行いましょう。バックアップをしておくと、MNPで購入したスマホにデータの移行が行えます。
バックアップをしたら、現在契約しているキャリアに電話をします。直接店舗に行って、手続きをすることも可能です。そのあとに、MNPで契約するキャリアに向かいます。

今まで契約していたキャリアに

MNPをする際には、必ず手数料が発生します。今まで契約していたキャリアに支払う手数料は、最後の請求金額とまとめられます。
電話番号をそのまま引き継ぐMNP。MNPの手続きは、MNP転出番号をもとに行われます。
まずは、MNP転出番号を発行してもらうのに手数料が必要です。ソフトバンクの場合は3,000円、auとdocomoは2,000円の手数料が発生します。

新しく契約するキャリアに

次に、MNP転出番号をもとに新しく契約するキャリアで手続きを行います。同一の番号を引き継ぐための手続きに、手数料が発生します。新規契約事務手数料は、3社同一の3,000円が必要です。
最初の月の請求金額に、手数料はまとめられます。シュミレーションした金額よりやや高くなるので、注意しておきましょう。

気を付けたいのはタイミング

18
手数料はMNP手続きの際に、必ず必要です。手数料の金額は、キャリアが実施するキャンペーンを利用すればお得に感じる程度。しかしMNPをする際には、手数料より高額な解約金に注意が必要なのです。
解約金は、9,500円。これは、契約プランの途中でMNPによって解約した際に発生します。
スマートフォンの料金プランは、多くの場合安く使える代わりに最低でも2年間使う事が条件となっています。2年以内に解約した場合は、手数料だけではなく解約金も発生するのです。そのため、MNPは契約更新月に行うのがオススメです。
また注意したいのは、2年以上使っていればいつ解約しても解約金が発生しないと思いがちな点。2年間の契約プランは、自動更新となっています。そのため契約更新月の1か月以外の解約は、手数料だけではなく解約金が必要なのです。

それぞれのキャリアが行うキャンペーン

19
アップル社から発売されているiPhone。新型のiPhone6sが発売されて間もない今、キャリアのキャンペーンは充実しています。
さらにアンドロイドの人気機種Xperiaの新型も、3社から発売される予定です。新規や機種変更だけではなく、MNPを使ってユーザーを獲得する必要もあるのです。
MNPで発生する手数料が充分補えるようなお得なキャンペーンが、充実しています。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクには「のりかえ割」があります。契約するプランによって、割引額に違いがあるこのキャンペーン。どの契約プランであっても、手数料よりお得になります。
通話が24時間無料で行えるスマ放題、5分間であれば24時間無料になるスマ放題ライト。
これらのプランは、データ容量が選べるという特徴があります。データ容量を標準の5GBにした場合、毎月864円の割引が1年間続きます。8GB以上の場合は、毎月1,836円もの割引が1年間続きとってもお得です。
またソフトバンクのホワイトプランにパケットし放題を合わせたプランの場合、ホワイトプランの基本使用料金が1年間無料になるのは、嬉しいですよね。ソフトバンクにMNPをした場合、手数料分はすぐに取り返す事が出来そうです。

auの場合

auでは「auにかえる割スーパー」が適用されます。このキャンペーンも契約するプランに応じた、割引が適用されます。
24時間通話がし放題になる、カケホーダイのプラン。また、5分以内のライトプラン。データ容量を5GBで契約した場合、毎月800円の割引が1年間続きます。8GB以上の場合は、1,700円もの割引が1年間続くのです。
LTEプランにLTEフラットプランで契約した場合は、1年間LTEプランの基本使用料が無料になります。さらにauWALLET プリペイドカードへのキャッシュバック12,000円を選ぶ事も。手数料より、かなり高額のキャッシュバックですよね。

docomoの場合

他社からMNPを使い、docomoに乗り換えを行った場合、docomoでは「のりかえボーナス」がもらえます。
機種の購入代金から、その場で10,800円も割引されるのです。これは、MNPで発生した手数料の倍程度になるのでお得ですよね。

MNPの場合も下取りをしてくれる

こうした各キャリアのキャンペーンは、下取りといったキャンペーンもあります。
MNPの場合、他社のスマホとなりますが、他社のスマホも条件を満たしていれば下取りをしてくれます。下取り額は新しく購入するスマホから割引されます。

まとめ

手数料はじめ、タイミングによっては解約金が発生してしまうMNP。
それぞれのキャリアのキャンペーンを上手に活用することで、それら手数料を十分取り戻せるくらいお得に感じる事が出来るのではないでしょうか。

関連記事

5分で実践!初心者でも簡単なMNP手続きとコツ早わかり
予約番号?キャッシュバック?MNPに関する用語をわかりやすく解説!
MNPでお得いっぱい!?キャリア乗り換えの5つのスゴ技
MNPしたほうが断然お得にスマホ買える理由3つ

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧