iPhone

【徹底検証】iPhoneを買うならやっぱり最新のがいいのか?

apple-758333_640
Phoneの最新モデルであるiphone7とiphone7Plus。
今回はナンバリングが新たになるモデルということもあり、外観のみならず、内部的にも大きな変更が加えられています。
外観で見ると、iPhone7Plusのデュアルレンズカメラはかなりのインパクトがありあす。そして、あらたに追加されたカラーである、ブラックとジェットブラックは発売当初から人気を集めているため、最新機種が欲しくなってしまうのが、人間というもの。
そこで今回はiPhoneを買うならやっぱり最新がいいかどうか?を徹底検証していきたいと 思います。
現在iphone6sをお使いの方や以前のモデルをお使いで、そろそろ新しいモデルに 変更したいとお考えの方は一度参考にしていただけたらと思います。

デザイン面について

液晶画面のサイズや本体の大きさについては、前モデルであるiPhone6sとそれほど変わらないiPhoneの新作。
前作iPhone6sは液晶画面のサイズが4.7インチのiphone6sと5.5インチのiphone6sPlusの2モデルで展開。新作もほぼそのままの液晶画面サイズと外観を持ったiphone7とiphone7Plusの2モデル展開です。
そのため現在iPhone6sを使用している場合、本体サイズや液晶画面のサイズを理由として最新のiPhoneに 買い換える必要性は無いものと考えられます。
冒頭でも触れましたが、今回の新機種の発表に合わせて今までなかったブラックとジェットブラックが追加されています。
本体のカラーは形状以上に好みに関わる部分と考えられるため、新たなカラーが気に入ったなら購入を検討する 価値もありそうです。
また、外観で多きく変わった点としては、イヤホンジャックが廃止されたことがあげられます。イヤホンジャックは廃止されましたが、iPhone7にはLightning端子に接続できるイヤホンが同梱されているため音楽を聴く際に不便を感じることはないでしょう。
イヤホンジャックが廃止されたことで生まれたスペースを活かして、スピーカーがステレオ化されています。そのため、iPhone7のスピーカーで音楽を聴く時や、ゲームも広がりのあるサウンドを楽しむことが可能になりました。
外観上は、変化が内容に見えてもこのように進化している部分もあるため、買い替えの価値はありそうですね。

性能面について

性能面で最も影響のあるのは、CPUになりますが、前モデルのA9から4コアのA10 Fusionチップに変更されました。A10チップは高性能コアと高効率コアを組み合わせており、負荷のかかる時とかからない時でコアを切り替えることで、最大時の処理能力は前モデルに比較し30%もアップしています。
iPhoneでゲームなどを頻繁にするという方はこれからを見越して買い替えというのもあり ではないでしょうか。

カメラ機能について

iphone7のカメラ機能を見ると画素数でメインが1200万画素となっており、解像度は前モデルと変わらないように感じますが、レンズのF値は1.8となっているため、光量の少ない場所でもより鮮明な写真を撮ることができます。
また、光学式手ブレ補正機能も搭載されているため動く被写体を撮影する時にも、ブレずに撮影することができます。
そして、iPhone7Plusのみの機能ですが、ズームレンズを搭載していることから光学式だけで2倍のズームが可能で、デジタルズームも組み合わせると10倍までズームをすることができます。
ここまで、来たらiPhoneのカメラに不満は なくなるのではないかと思われます。

新しくなったApplePay

iPhone6からNFCが搭載されておりApplePayの機能自体は存在していましたが、日本国内で普及しているSuicaなどの電子マネーの規格はFeliCaと呼ばれる、日本独自の技術であることから、iPhoneを日本国内で、おサイフケータイとして使うことができませんでした。
しかしiPhone7のNFCはFeliCaに対応したことにより、SuicaやQuickpayなどの電子マネーが利用可能になりました。これで、駅の改札もコンビニでの買い物もスムーズです。
これまで、Suicaが使えないからiPhoneを購入しなかったという方もいらっしゃると思いますが、iPhone7がおサイフケータイ機能を搭載したことでiPhoneの購入に踏み切れるという方も多いのではないでしょうか。

まとめ

見た目のが変わり、新たな機能も追加されたiPhone7はとても魅力的です。
また、新たに追加されたカラーもインパクトがあるため、気に入っているカラーがあるならば購入を検討する価値はありそうです。
CPUの刷新を始め、カメラ機能も大幅に改善されたため、Android端末と比較してiPhoneが見劣りしてると感じている方もこのスペックならば満足が行くのではないでしょうか。
とはいえ、現在利用中の端末の割賦金の状況や契約の縛り期間によっては、簡単に買い替えができない場合も あるため、よく調べた上で新モデルのiPhoneを検討していただけたらと思います。

関連記事

次々と新発売されるiPhoneって種類によって何が違うの?
新型iPhoneはここがすごい!新作の機能を教えちゃいます!
他の携帯と何が違う?iPhone6sPlusの機能を比較してみました
【新型iPhone】新作のiPhone6sその特徴をまとめてみた

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧