キャリア3社で徹底比較!どの携帯が一番コスパがいいのか


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

人気のスマートフォン・iPhoneで比較

1cd6c1d13208229c8c6bd772364855f7_s

日本でもっともスマートフォンシェアの多いiPhoneでキャリア間比較を行っていきましょう。

価格はすべて、税込み価格の表示となります。

販売価格

iPhone7の32GBの販売価格は、ドコモは82,296円、auは79,200円、ソフトバンクは87,840円となります。

つづいて、iPhone7の128GBの販売価格は、ドコモで93,960円、auで90,720円、ソフトバンクで90,720円となります。

そしてもっとも大容量で人気の高いiPhone7の256GBの販売価格はドコモで105,624円、auで102,600円、ソフトバンクで111,240円となります。

すべての容量で各キャリアで比較してみる販売価格においては、auが一番お得なことがわかります。

 

実質負担金額

では、これに各キャリアのサービスや割引きを適用させた後のユーザーの実質負担金額を見比べていきましょう。

iPhone6の16GBの実質負担金額は、ドコモで15,552円、auで10,800円、ソフトバンクで10,800円とauとソフトバンクが横並びになる結果となりました。

つづいては、iPhone7の128GBの実質負担金額はドコモで27,216円、auで22,320円、ソフトバンクで22,320円と、128GBのiPhone7においてもauとソフトバンクが横並びの結果となりました。

では、256GBではどうなってくるでしょうか。ドコモならば38,880円、auならば34,200円、ソフトバンクならば34,200円と、256GBのiPhone7においてもauとソフトバンクが横並びの結果となりました。

ドコモが最も価格が高く、auとソフトバンクが横並びの結果となりました。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない