ソフトバンク

携帯電話のキャリアを比較する時に注意したい3つのこと

iphone-410311_640
最近は、乗り換えキャンペーンやカケ放題などたくさんのサービスがあり、どこが本当にお得か悩んでしまう時はありませんか?
不景気を乗り切る為にも、家計に優しく、なるべく月々の利用料金を低コストで抑え、浮いたお金でお買い物やちょっとした出費に回して使いたいですよね。
そこで携帯会社3社のキャリアを比較してどの様なお得なサービスがあるか、比較する時にどのようなことに注意をしたらよいかを簡単にまとめてご紹介したいと思います。

1.料金プランの比較

大体どの携帯会社でも、通話が完全に定額となる「通話定額プラン」と5分までの通話が定額になる「通話定額ライトプラン」を提供しています。
通話定額プランの場合、1回あたりの通話が5分を超えた場合には、30秒あたり約20円の通話料金が発生します。
auとソフトバンクでは、通話定額プランが提供される以前の、旧プランへの加入も可能で、基本料金934円で通話料金は30秒あたり約20円となりますが、同じキャリア同士の通話は1時から21時の間は無料となります。
また、インターネットを使う時に必要なデータプランは1GBから30GBまで、利用状況に応じたプランを選択することが可能です。
家でWi-Fiを利用できる環境があり、外であまりネットやアプリなどのゲームをしない方であれば一番低いデータプランを選べば安く維持することが出来ます。
因みに、1番低いデータプランは、1GBの2,900円で提供されています。
決められたデータ容量を超えてしまうと通信速度が落ちてしまい、すごく不便になりますので、その点ご注意下さい。
このように昔と比べて料金プランの金額差はなくなってきています。
ここでの注意点は、どの携帯会社でも契約時には縛りがあるので、途中で解約してしまうと解約金を支払わなければいけません。
なので、他社に乗り換えをお考えの方は、解約月を調べてからの方が余分な出費を抑えられて良いでしょう。

2.機種変更時の比較

MNPの番号そのまま乗り換えが主流になってきましたが、手続きが面倒であったり、長年使っている携帯会社に愛着がある方がいらっしゃるかと思います。
そのような方にMNPを使わず、機種変更の時にお得に機種本体を入手できるような方法を簡単にまとめてみました。

ソフトバンク

ソフトバンクのポイントで本体代を安くしたり、ソフトバンクのオンラインショップで購入するのもおススメできます。
分割払い中でも2代目までなら分割が組めます。
更に、分割中の1代目の支払いが終了してからの支払いになりますので2重払いしなくて済みお財布に負担が少なく助かります。
 

au

スマホの買い取りキャンペーンやauスマホ交換プログラムであれば、最大20,000円の割引ができ、安い機種であれば、本体代金を0円に近づけることが可能です。
しかし、auスマホ交換プログラムを使うには、au携帯(スマホも可)を16ヶ月以上契約しているのが条件です。
 

ドコモ

151クーポンなどMNP離れしないようドコモがポイントを加算してくれるということもあるそうです。
ドコモもまた下取りプログラムがあるので活用してみましょう。
3社共に分割払いにする際、滞納歴がないか審査されることがほとんどです。ブラックリストに入っているともちろん審査が通りません。
機種変更の際に分割して支払うことが出来ませんので、当たり前のことですが、毎月の支払いをきちんとしておく注意が必要です。
機種変更される場合に手数料が発生すると思いますのでショップで買われる時は、ちゃんと店員さんに聞いておきましょう。

3.電波状況の比較

mail-566337_640
スマホを使われている方が多くいらっしゃると思います。スマホを使う際の必須条件は電波状況がよいこと。
電波状況が良くないとサクサク感がなくなり、ストレスになりますよね。
そこで、3社の電波状況を簡単に比較してみました。

ソフトバンクのLTE

地方の山は圏外にほぼなるが都心部では有効的。
 

auのLTE

全国展開されており、都心部だけでなく地方や離島でも通信速度が落ちない。
 

ドコモのLTE

契約者が多いので通信速度がイマイチでLTEエリアは、まだ広くない。
でもFOMAエリアは広いので地方の山やゴルフ場に行っても圏外になりにくい。
 
(*)LTEとは、3Gが進化し、さらに通信速度が速くなった回線のことで、また4Gとも呼ばれているそうです。各社によっては、呼び方が変わっているかもしれません。
iPhone7のユーザーでしたらバンドといって電波の周波数を調べられる、フィールドテストモードという電波の入り具合を確認できるサービスもあるようです。
お仕事で山に行かれる方は、ソフトバンクはあまりオススメ出来ません。なので、ご自身の生活スタイルによって携帯会社を決めるのも注意点の1つです。

まとめ

料金面は、それほどの差はありませんので購入される時の特典プランやキャンペーン内容を比較して、一番お得な会社にするのもいいですね。
機種変更も同様で、その時々のキャンペーンなど最近では、下取りキャンペーンなども時々実施しているみたいですので、各社のホームページを
確認しつつ安く本体を手に入れられるように頑張りましょう。
また、お住まいの地域や環境によって、電波状況は変わってきますので電

関連記事

携帯キャリア料金比較
三大キャリア比較!スマートフォン機種変更時の価格
新プランはどう活用?大手4社の携帯電話料金比較
 
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧