キャリアそのままで携帯料金を安くする方法5つの提案です


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

毎月ため息を出していませんか?携帯電話代。

確かガラケー時代は3000円前後だったような気がするけど今は7000~8000円くらいが平均。って倍以上じゃん!かといって今更スマホを活用しすぎていて、もうガラケーに戻すことはできないし。

最近、流行の格安スマホだったら、通常のキャリアの1/3程度になる場合が多いと言われており、かなりの節約になるけど、どうしても今のメールが使えないのがネック。

そこで、ここではキャリアそのままで携帯料金を安くする方法を5つ提案していこうと思います。

①自分の通話スタイルを把握する

AKANE20160312422213_TP_V

スマホとはいえ、メイン機能は通話ですが、1か月でどれくらい通話に使っていますか。仕事で使っている人や、恋人や親友などと夜、長電話するのが日課な人などを除いて、もう数えるほどしか通話していないなんて人も多いのではないでしょうか。

しかし、今の料金プランは通話し放題。なんか宝の持ち腐れなんてなってますよね。

そのような自分の通話スタイルを把握することが大事です。

前述したような通話皆無派や、今の通話をLINEやSkypeなどのIP電話に切り替えられる人は、例えばキャリアのスマホはガラケーに変えて、それこそメール専用にして、格安スマホでネットやアプリなどは楽しむ形にすると携帯料金を安く抑えられる可能性があります。

また、auの場合は、通話し放題プランではない従量制プランもあるので、検討してみるのも一つの手です。

②中古本体を活用する

pc

月々の支払いが高くなってしまう一つの要因に、本体代を月割で支払っている場合が多いです。基本24か月払いとなるので、月々1000円なら24000円ですから確かに大きいですよね。この本体代がないだけで、月の支払いはだいぶ楽になります。

そこで、中古本体を活用するという方法も考えてみましょう。最新機種でなくとも、基本性能などは素人ではよく分からないもの。特にスマホの場合は、本体どうこうより、そこからアプリをダウンロードして作り上げるものですからね。

中古本体をネット上で手に入れて、ドコモショップなどに向かえば、そこで機種変更の手続きもできますので、後々本体代が月々かからないメリットが分かってきますよ。

③Wi-Fiを利用する

wifi-640404_640

携帯料金の最大のウェイトは、やはりパケット通信費。3大キャリア横並びで平均的な5GBだと5400円ですから、確かにバカにならない金額です。

しかも、ちょっと動画を見すぎたりすると、容量オーバーとなり低速になってしまい、これでは生活できないと追加でパケットを購入したりすると、更なる痛い出費に。

そこで、Wi-Fiを上手く活用して、自分のパケットを極力使わないようにしましょう。

例えば、アプリのダウンロードは、Wi-Fiのもとで。自宅にWi-Fi環境がないと言う人は、例えばコンビニやカフェなど今では無料のWi-Fiを提供しているところも多いので、そこで行う。

日ごろ使用頻度の低いアプリは、モバイルデータ通信をOFFにしておく、YouTubeの画像は一番低い画質に設定するなど細かいこともしっかりやっておくと、キャリアの一番小さいパケット量での契約が可能になるので、かなり安くなります。

例えば、ドコモの場合、一番小さなパケット量が2GB3500円、5GB5000円なので月1500円削減と言う形になります。

ですので、コンビニやカフェの登録をしておくことはもちろんのこと、しっかり確認しておきたいのがキャリアのWi-Fi。ソフトバンクWi-FiやドコモWi-Fiなどですね。

基本、無料なのですが申し込みを行わないと使えないので、しっかりWi-Fiが使えるようになっているか確認しておきましょう。

また、各キャリアごとに、キャリアのWi-Fiが使えるスポットをチェックしておきましょう。駅構内など意外な場所がWi-Fi対象になっている場合がありますよ。そこまで行ったらWi-Fi自動接続モードにしておくことを忘れずに。

④オプション契約を見直してみる

1

キャリアのショップや家電量販店などで機種変更などの登録を行った時、「割引する代わりに〇〇のサービス入ってください。」なんて言われて入ったオプションサービスがある人はいませんか?

もしくは意外と使うと思って申し込んでおいたけど、そもそも電話しないから使わない留守番電話やキャッチホンなどなどオプションのサービスは多岐にわたります。ゆえに、再度webやキャリアのショップで自分の加入しているオプションサービスを確認しましょう。

月々は300円程度であっても、年間にすると3600円。決して安いとは言えない額ですよね。

⑤キャリアが発行するクレジットカードを使う

今やネットショッピングだけでなく、あらゆるシーンで活躍するようになったクレジットカード。ポイントが貯まるから現金を使わず、スーパーでの支払いやタクシー料金などクレジットカード派と言う人も少なくないと思います。

このクレジットカードをドコモなどキャリアが発行するものにしませんか。

例えば、ドコモのdカードでは月々の携帯電話代が高ポイントなのに加え、日ごろのショッピングでも1%が、更にはローソンやマクドナルドではポイントが3倍に。

更には出前もできるdデリバリーがあったり、ほぼ毎日のようにポイントが貯まるアンケートもあったりと、自然にどんどんポイントが貯まっていきます。

貯まったポイントは月々の支払いにも、新たに購入する本体代にも使えますので、携帯料金を安くする方法として有力です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大きなことでなくとも、小さなことをこつこつと行うことで、チリも積もれば山となる!携帯料金を安くできるのですね。

もうなくてはならないツール、スマホ。同じものなのですから賢い工夫をして安く使いこなしましょう。

関連記事

ズバリ!携帯料金を安くする1番の方法をお教えします!!

携帯料金をもっと安く!5分でわかる格安スマホ徹底解明

本当にどこでも一緒?!知って得する3社の携帯料金比較


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
SMARTPHONE STOREで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない