格安スマホ比較ランキング8機種!はじめての格安スマホを選ぶ時のコツとは


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

iPhone7も実質0円、学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んでケータイ番号だけ入力し、料金プランなどを確認してみてください(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

基本料金の比較を行って逆算をします。毎月の基本料金の最低金額同士で見比べると、キャリアが最低約6500円、格安スマホは約1600円となり、差にすれば5000円の違いです。
この差を通話料金へ計算し埋まるのが月に120分の通話料金になります。つまり、月に120分以上通話する人は格安スマホでは高くなる可能性があります。、120分以下の場合は
キャリアより、お得に使用することが可能になります。この逆算により導き出したラインを超えていないかはキャリアページでチェックすることが重要であり、必要事項とも言えます。

 

3-1.毎月の『通話時間』と『データ通信量』を把握して格安スマホを比較して選ぶ

pak23_husentomemo20140313_tp_v

『通話時間』の確認

現在キャリア契約の方はご自身の使用状況の再確認から始めましょう。30秒20円の通話料金は従量制で割高になっていますので通話時間が長いほど電話代が高くなって
しまいます。ですが月/120分以内の通話なら断然、格安スマホを使用をしたほうが安くなるので毎月、どれぐらい通話しているかをキャリア契約の方はかくキャリアホームページで
確認してみましょう。ドコモの場合は料金明細サービスというホームページが存在します。通話時間は月々の料金明細から確認出来ますので乗り換え前に活用することを進めます。

『データ通信量』の確認

ドコモユーザーならmydocomoにアクセスし、料金内訳ページを開きます。利用月を選択すると、過去や該当月の通信量が確認出来ます。これを目安にしましょう。

3-2.自身が格安スマホの選んだプランで月々収まるか実践する。

格安スマホと格安SIMの業者が増える中、ラインナップは多くあり、その選べる数を売りにしているます。通信料別に様々なプランが用意されており、内容もMVNO業者により、さま
ざまなのが実態です。ポイントとして、データ通信量について無駄のないプランを選ぶことです。その為、前者のデータ通信量把握方法で把握したうえ、各業者を比較し、自分に見
合ったデータ通信量プランを選ぶことが通信料金の節約へと繋がります。

例えば、もともとネットは1日に数回、メールやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のタイムライン確認程度の方は1~2GBのプランで十分でしょう。それ以外を見たいときは町中
にあふれるフリーWi-Fiを活用することで、プランに見合った使い方が出来るでしょう。頻繁に使う人でも、自宅や会社でWi-Fiネットワークを活用すると節約に結びつきますので、乗り換
え前に試してご自身のSIMのネットワーク通信量を見てみましょう。

また、ほとんど自宅のWi-Fiネットワークを使用して、あまり出先では画像や動画も見ずにメールや電車案内などしか使用しない専業主婦層の方はこの1~2GBのプランで収まります。
もし、超えてしまっても数百円から追加チャージが可能で買い足すことも一つの手段です。

これらの使用内容に収まる方は、ご自身の通信量をキャリアページでチェックし、格安スマホのプランと見合わせ各社を比較することで乗り換えの準備完了と言えます。

 

4.ラインナップが多く安く買え節約に繋がる格安スマホ

1

通信料節約の反則ワザのデュアルSIM対応モデル

組み合わせ次第でメリットばかりのデュアルSIM。デュアルSIM対応モデルなら、さまざまなSIMを組み合わせての運用が可能になります。それこそ、デュアルSIMほ本質であります。格安スマホにおいては2枚のSIMを同時に待ち受けできる『デュアルスタンバイ』対応モデルが続々と発売されています。LETと3G同時利用できる物がオススメです。
デュアルスタンバイの例として以下の二通りの組み合わせで毎月キャリアに支払っていた金額と代わらない使用方法が出来ます。

『キャリアSIMと格安SIMのデュアルスタンバイ』

この二つのSIMを組み合わせることでキャリアの通話定額を維持しつつ、格安なデータ通信が可能になります。

『格安SIMと格安SIMのデュアルスタンバイ』

この二つのSIMの組み合わせはなんといってもコストパフォーマンスに優れた、格安SIM同士を組み合わせる事により、費用を抑え、データ通信を楽しめます。

①ZenFone 3 Laser SIMフリー

ZenFone 3 Laser ZC551KL-GD32S4 SIMフリー [ゴールド] ZenFone 3 Laser ZC551KL-SL32S4 SIMフリー [シルバー]

基本仕様
キャリア SIMフリー(キャリア契約なし) 販売時期 2016年秋モデル
OS種類*1 Android 6.0 最大待受時間 3G:約528時間
内蔵メモリ ROM 32GB RAM 4GB CPUコア数 オクタコア
文字入力 タッチパネル 外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
バッテリー容量 3000 mAh
画面性能
画面サイズ 5.5 インチ 画面解像度 1920×1080
パネル種類 IPS液晶
ネットワーク
データ通信サービス 下り最大データ通信速度
Bluetooth Bluetooth 4.2 赤外線通信機能
テザリング対応 NFC対応
LTE対応 無線LAN規格 802.11 b/g/n
カメラ
メインカメラ画素数 1300 万画素 撮影用フラッシュ
手ブレ補正 サブカメラ
その他機能
耐水・防水機能 HDMI端子
4K撮影対応 ワンセグ
フルセグ MHL対応
おサイフケータイ/FeliCa GPS機能
海外使用 認証機能 指紋認証
ハイレゾ センサー 加速度センサ
ジャイロスコープ
磁気センサ
電子コンパス
光センサ
RGBセンサ
近接センサ
SIMカード
デュアルSIM SIM情報 SIMフリー (nano-SIM/micro-SIM)
サイズ・重量
幅x高さx厚み 76x149x7.9 mm 重量 150 g
カラー
カラー シルバー
ゴールド

バッテリー容量は3000mAhで、連続通話時間が約1176分(3G)、約1438分(au VoLTE)、連続待受時間が
約528時間(3G)、約501.6時間(au VoLTE)。充電時間が約3.2時間。無線通信はIEEE802.11b/g/n準拠の
無線LAN規格と、Bluetooth 4.2をサポート。

本体サイズは76(幅)×149(高さ)×7.9(奥行)mm、重量は約150g。ボディカラーは、シルバー、ゴールドを用意。

市場想定価格は27,800円(税別)。

②Blade V580 SIMフリー [シルバー]

 Blade V580 SIMフリー [シルバー]

基本仕様
キャリア SIMフリー(キャリア契約なし) 販売時期 2016年春モデル
OS種類*1 Android 5.1 最大待受時間 600時間
内蔵メモリ ROM 16GB RAM 2GB CPUコア数 オクタコア
文字入力 タッチパネル 外部メモリタイプ microSDHCメモリーカード
バッテリー容量 3000 mAh
画面性能
画面サイズ 5.5 インチ 画面解像度 1920×1080
パネル種類
ネットワーク
データ通信サービス 下り最大データ通信速度 LTE:150Mbps
Bluetooth Bluetooth 4.0 赤外線通信機能
テザリング対応 NFC対応
LTE対応 無線LAN規格 802.11 b/g/n
カメラ
メインカメラ画素数 1300 万画素 撮影用フラッシュ
手ブレ補正 サブカメラ
その他機能
耐水・防水機能 HDMI端子
4K撮影対応 ワンセグ
フルセグ MHL対応
おサイフケータイ/FeliCa GPS機能
海外使用 認証機能 指紋認証
ハイレゾ センサー ジャイロセンサー
コンパス
照度センサー
近接センサー
SIMカード
デュアルSIM SIM情報 SIMフリー (nano-SIM)
サイズ・重量
幅x高さx厚み 77.2×155.3×8.6 mm 重量 165 g
カラー
カラー シルバー

バッテリー容量は3000mAhで、連続待受時間が約600時間、連続通話時間が約30時間。
本体サイズは77.2(幅)×155.3(高さ)×8.6(奥行)mm、重量は約165g。
ボディカラーはシルバー、グレーの2色を用意。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない