iPhone

どっちがいい?iPhoneSEとiPhone6sの違い4選

20160301162140
Appleのスマートフォン”iPhone”は今世界で一番注目されるスマホです。
もちろん今後もスマートフォンシーンを牽引してく存在であり続けることでしょう。
特にこの度の「iPhoneSE」は人気機種の完全リニューアルモデルでありながら、ゴールドとローズゴールドの新色も加え大きな話題を集めています。
予約は3月24日から。発売は3月31日のようです。
でも正直「iPhoneSE」にしようか、それとも「iPhone6s」にするか決めかねている方も大勢おられるようです。あなたもそのお一人でしょうか?
様々な意見が聞かれますが、重要なのは「自分の使い方にあっているのはどちらか?」という事です。
この記事では「iPhoneSE」「iPhone6s」の相違点についてわかりやすくご紹介します。またその特徴から見えてくる「おすすめユーザー像」についても考えてみたいと思います。
この記事を読めば「iPhoneSE」と「iPhone6s」のどちらが自分に合ったiPhoneなのか答えが見つけられるでしょう。買って後悔する前に是非読んで参考にしてください。
せっかくiPhoneを購入するのであればキャッシュバックの高い店舗で買いたいものですよね?
記事の下部には、乗り換える際に役立つキャッシュバックキャンペーンの比較表をつくりましたので、是非参考にして下さい。
 

大きく変わった新しいiPhoneSE

21

appleが発表した新しい「iPhoneSE」には多くの人が衝撃を受けました。これまで画面サイズを大きくし続けてきたappleが人気モデル「iPhone5s」に似せてサイズをコンパクト化したからです。
デザインも角の丸いデザインから角ばったおしゃれなデザインへ一新されました。このコンパクト化の復活によってユーザーが「iPhoneのサイズを選ぶ」必要が生じました。
最近のアンドロイド系のスマートフォンはどんどんと大型化してきていますからアンドロイドユーザーからすると見慣れない小さなサイズに感じるかもしれません。
しかしずっと多くのiPhoneユーザーを虜にした「iPhone5s」と同じ手のひらに収まるサイズを取り戻した最新iPhoneはとても魅力的です。

「iPhoneSE」の「SE」は「Special Edition」!

列
 
「iPhoneSE」の「SE」ってどういう意味か気になりますよね。
Appleのマーケティング担当シニアヴァイスプレジデントであるフィル・シラー氏が明らかにした情報で、発表前は「iPhone 5s」の”enhanced(強化版)”という説が有力でしたが、正確には「iPhone Special Edition」になるようです。
「Special Edition」なんて言われたらますます欲しくなってしまいますが、既存の「iPhone6s」も前から欲しくてどちらを選ぶべきか悩んでいらっしゃる方も多いかと思います。
やはり”各人の使うシーン”や”iPhone”に期待するもの”によって変わってきます。
 

1.サイズ  2.使用時間   3.価格  4.機能

これら4つの項目に分けてiPhoneSEとiPhone6sの違いを見ていきたいと思います。

iPhoneSEとiPhone6s、両者の違いから見えてくるユーザー像

・サイズ

サイズ

iPhoneSEのサイズは、幅58.6 mm×高さ123.8 mm×厚さ7.6 mm
iPhone6sのサイズは、幅67mm×高さ138.1mm×厚さ6.9mm。
iPhone6sPlusのサイズは、幅77.8mm×高さ158.1mm×厚さ7.1mm。
[参考値としてiPhone5sは幅58.6mm×高さ123.1mm×厚さ7.6mm]
 
iPhoneSEは前述の通り、iPhone5sと全く同じ大きさです。
女性でも片手で操作する事が出来、ポケットへの出し入れもラクラク可能です。
iPhone6sはiPhoneSEよりも一回り大きなサイズです。ポケットに入れてもそれほど目立つことはありません。
しかし、iPhonr6sPlusはiPhoneSEとは比べ物にならないほど大型になっています。
男性であればポケットに入れることも可能ですが、やや目立つ感じになってしまいます。女性の場合ズボンの中に入れることはほぼ不可能だと思います。(女性の場合ズボンに入れる機会はあまりないとは思いますが)
大きさですがiPhone6sPlusはガーナチョコ(50g)や一万円札が比較として用いられます。厚さは違いますが高さと幅は大体これでお分かりいただけるかもしれません。
 
★いつもズボンにiPhoneを入れて、しょっちゅう取り出して使う人には「iPhoneSE」がおすすめです。いつもバッグに入れて持ち歩いている方やどちらかといえば座って動画やウェブブラウジングに使いたいという方には「iPhone6s」や「iPhone6sPlus」が良いと思います。

・使用時間

説明文

「iPhoneSE」「iPhone6s」の連続通話時間に違いはありません。
iPhoneSEは3Gで最大14時間の連続通話時間、iPhoneSEPlusは3Gで最大24時間の連続通話時間と発表されています。もちろんどちらも以前のモデルよりも時間面で向上しています。
★ビデオ再生やゲームをすることが使用の大きな割合を占めているようであれば「iPhone6sPlus」がおすすめです。また外出先で相当の時間iPhoneを使うような人もiPhone6sPlusが良いかと思います。確かに大きいですが、モバイルバッテリーを持ち歩くことを考えれば断然に軽装備なはずです。もしゲーム等で使うことが無いなら「iPhoneSE」が良いと思います。

・価格

購入の際にはやはり価格も気になるところです。オンラインアップルストアではこのような価格で販売されています。
[iPhone6s]
16GB:52800円
64GB:64800円
[iPhone6s]
16GB:86800円
64GB:98800円
128GB:110800円
[iPhone6sPlus]
16GB:98800円
64GB:110800円
128GB:122800円
最新ながらiPhoneSEが若干手に取りやすい価格になっています。
この価格の違いも購入検討の材料になりそうです。
★ハードユーザーであるとか大きいサイズでなければやりにくいゲームをしたいと思っているといったユーザーでなければ「iPhoneSE」で良いと思います。
iPhone6sPlusはかなりユーザーを選びます。もしこれまでのiPhoneで十分事が足りていたと感じているならあえて大きいサイズにする必要は無いように思います。

・機能

kamera

「iPhoneSE」「iPhone6sPlus」ともにチップセットが新しくなり処理速度がかなり向上しています。
更にはカメラのオートフォーカスの性能が向上し以前よりも綺麗に明るく撮ることができるようになりました。
機能的な違いはほぼないと言っていいでしょう。
 

まとめ

admin-ajax (1)
 
この記事では4つの視点から「iPhoneSE」「iPhone6s」を調べてみました。
全体としてまとめてみますと、手のひらに収まる手頃なサイズ感が好きな方は「iPhoneSE」。
流行の大画面で動画やゲームを楽しみたい方は「iPhone6s」シリーズがオススメです。
デザインや使い勝手に置いてiPhoneは本当に魅力のあるデバイスです。自分に合ったiPhoneを見つけるためにも今回の記事を参考にされてください。
もちろん文字上では伝わりきらない部分もありますので、可能なら実機をお店で触って確かめてから最終決定されるようお勧めします。
 

関連記事

 
iPhoneSEの機種変更なら絶対公式サイトを利用すべき理由8選
iPhoneSEに乗り換えて賢くMNPキャッシュバックを貰う方法
iPhone6sに乗り換えで高額MNPキャッシュバックを貰う方法
iPhone6sの機種変更なら絶対公式サイトを利用すべき理由8選
・それぞれの使用感について触れています。こちらの記事も参考にしてみてください。
【徹底レビュー!】iPhone6を使ってみて分かった4つのこと
【衝撃レビュー】iPhone6Plusを使って分かった4つのこと

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧