iPhone

iPhoneSE auにはMNPで乗り換えるべき3つの理由

iPhoneSE
iPhoneシリーズの最新機種iPhoneSEが発表され、早1週間。3/31に発売が開始されるiPhoneSEの話題が溢れてきました。
今までiPhoneシリーズを使ってきたユーザーも、これからMNPを使ってのりかえを検討している方も、機種変更を検討中の方も誰もが気になるiPhoneSE。
iPhoneに限らず、スマホでは大きな画面をもつものを発表してきましたが、iPhoneSEでは少し前に戻って大きさ自体が持ちやすいスマートな端末となりました。
今回は、MNPを使ってauにのりかえを検討されている方、その中でも最新機種のiPhoneSEを手に入れたいと考えている方におとくな情報を集めてみました。是非参考にしてみてください。

auのiPhoneSEの端末代金は結局いくら?

13
現在iPhoneシリーズは、au・docomo・Softbankと日本の三大キャリアどこでも取り扱うようになりましたので、今お使いのキャリアを離れたくない方も、MNPを使ってのりかえを検討されている方もこのキャリアじゃないとiPhoneを購入できない!ということはなくなりました。
そうすると気になるのが、金額ですよね。
端末代金、そして月々の利用料金がどの様になるのかによってキャリアを決める参考にする方が多いことでしょう。
今回のiPhoneSEの端末代金はどのようになっているのでしょうか。

iPhoneSEの容量は2パターン

前機種のiPhone6sは、16GBモデル・64GBモデル・128GBモデルの3パターンでしたが、今回のiPhoneSEは16GBモデル・64GBモデルの2パターンでの発売になります。
auのiPhoneSEの端末販売価格は以下になります。
・16GBモデル:56,880円
・64GBモデル:69,480円
以前のiPhoneシリーズから考えて、特別に安くも高くもない価格設定になっています。

auにMNPでのりかえるメリット

①端末代金が一番安い

iPhoneSEを日本で購入するとしたら、4つの会社から購入することが出来ます。
・Apple
・au
・docomo
・Softbank
AppleではSIMフリー端末として売り出すとのことなので、購入した後は他の3キャリアもしくは格安スマホの契約が出来る携帯会社での契約が必要です。
端末代金自体、大きく各キャリアで差が出ることはありませんが、発表されている現在最も最安値を出しているのはauです。
・Apple
16GBモデル:57,024円 64GBモデル:69,984円
・au
16GBモデル:56,880円 64GBモデル:69,480円
・docomo
16GBモデル:57,024円 64GBモデル:69,984円
・Softbank
16GBモデル:56,880円 64GBモデル:69,840円
16GBモデルについては、auとソフトバンクが同価格で最安値を発表しています。
新規購入、機種変更、MNPどの契約でiPhoneSEを購入するにしろ、元々の端末価格が安いというのはauを選ぶ上でのメリットになることには間違いありません。

②月々の利用料金の発表の速さ

docomo・Softbankに先駆けてauはiPhoneSEを利用するにあたっての料金プランを発表しました。
ユーザーがiPhoneSEを購入するにあたって利用料金というのは、どこのキャリアを選ぶかの重要ポイントとなります。そのため、各キャリアは他社よりも安くしたいのが本音でしょう。
しかし、他社がいくらにするかというのを見てから発表すれば少しだけ安くするということも考えられますが、auはiPhoneSEの発表があってからすぐに利用料金を提示しました。
docomo、Softbankはこちらの記事を執筆時にはまだ発表されておりません。
この様にどこよりも早く料金プランを発表してくれるキャリアというのは、信頼出来るでしょう。
何よりも、iPhoneシリーズは新発売時にはすぐに売り切れになってしまうのが毎度のこと。我先に手に入れたいと考える方は、まず予約をすることを考えますよね。
しかしいざ予約をしようとした時に、料金プランが発表されていないと、少し不安に感じてしまいます。この点から、どこよりも先に料金プランを発表したauはユーザーのことをしっかりと考えていると言えるでしょう。
ユーザーを大事にするキャリアならば、長く使い続けても安心です。今現在、他キャリアを使っていて不満を感じていることがあればMNPでauにのりかえをするということは良い判断になることでしょう。

③適用可能な割引プランが多い

各キャリア様々な割引プランがありますが、そのプランが適用される機種というのは限られています。
特に、iPhoneシリーズでは使えないものも多かったのですが、今回発売されるiPhoneSEに関しては、auでは適用出来る割引プランが多くあります。
適用可能な割引は以下の通りです。
毎月割:カケホ・デジラプランやLTEフラット系プランに加入することで受けられる毎月の料金からの割引プラン【最大53,280円割引き】
MNPではありませんが、3Gから機種変更の場合ですと、毎月割450円×24ヶ月増額という割引もあります【最大10,080円割引】
下取りプログラム:下取り端末は元々契約していたキャリアで販売されたモデルに限りますが、MNPでののりかえを検討されている方には要チェックの割引プランです。【最大27,000円割引き】
auの学割:契約者が25歳以下の場合や、ご家族に25歳以下の方がいる場合に使える割引プランです。【最大12,000円割引+パケット増量】
auにのりかえ割:MNP検討中の方が使える割引プランです。各プランの月額料金が割引きされます。ただし、auの学割との併用が出来ない為、割引率が高い方が適用となります。【最大24,000円割引き】
スマートバリュー:家のインターネット回線をau系列のひかり回線やケーブルネット回線とのセットを組むことで割引適用となるプランです。【最大月額2,000円/台引き】
au家族でのりかえキャンペーン:自分だけではなく、ご家族の方1人以上複数台同時にMNPをすることで得られる割引プランです。【最大10,000円相当割引】
MNPで利用できる割引プランが多いのがauです。
他キャリアでは、併用できないプランも一緒に利用出来ることで毎月の利用料金を抑えることが出来るのがとても良いですよね。

まとめ

今回はiPhoneSEをauで購入する場合の情報をまとめてみました。
各社、様々なおとくな条件を出すことで新規ユーザーやMNPによる他社からののりかえユーザーを獲得することを考えているようですが、現時点での情報ではauが一歩先をいっているようです。
MNPにてiPhoneSEの購入を考えている方は、おとくな情報を逃さないように契約をしましょう。
また、いち早くiPhoneSEを手に入れたいと思っている方は、auの公式ショップからの予約をおすすめします。
家電量販店や、携帯ショップでの予約はすでに発売日当日の受け取りは難しくなっているようです。
また、auのオンラインショップでも店頭受け取りが現在のところ一時受付停止となっていますので、au公式サイトからの予約ならば現在も店頭受け取りが可能です。
契約内容が、新規でも機種変更でもMNPでもこれは同じことが言えます。
まずは、公式サイトなどの情報をチェックしてお早目の予約をすると良いでしょう。
※タイトル画像:http://www.lesoir.be/

関連記事

iPhoneSEを予約するならMNPで乗り換えるべき理由まとめ
どっちがいい?iPhoneSEとiPhone6sの違い4選
iPhoneSEに乗り換えて賢くMNPキャッシュバックを貰う方法

iPhoneSEの機種変更なら絶対公式サイトを利用すべき理由8選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧