iPhone

iPhone7の容量・充電・防水は?更に魅力的になったiPhone7の全知識

ついに9月7日に全貌が明らかになり16日に発売が決定した何かと話題なiPhone7。
今までiPhoneにはできない事が結構ありました。防水機能がついていなかったこと、お財布携帯がなかったこと。本当はiPhoneを使いたいけど仕方なくアンドロイドスマホを使用していた方も多いと思います。
しかし今回のiPhone7は防水機能がつき、お財布携帯も付きました!さらにより素早い充電が可能でバッテリーの容量と搭載CPUやメモリーの容量の増加し、大量の動画も保存することができるようになりました。
それでも去年発売したiPhone6sとどう違うの? といまいち分かっていない方もいらっしゃるのではないしょうか?特にアンドロイドからiPhoneに移ろうとしている人にとってどういった基準で選べばよいか分からないと思います。
もちろん、私もその一人です。まとめてみましたのでこれからiPhone7を買おうと悩んでいる方は是非参考にしてくださいね。
iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。
乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。
ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop
auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop
ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop
 

iPhone7が搭載しているIP67とは?

iphone
今回のiPhone7の最大のウリの1つである防水と防塵。
アンドロイドやガラケーにはあってiPhoneにはなかった機能の1つです。しかし今回ついに搭載されました。
ただ、防水、防塵といってもどの程度なのか、よく分からなかったので調べてみました。かなり重要なところなので、しっかり見ておく必要があると思います。

【防水機能はどのくらい?】

防水といってもピンからキリまであります。ジュースなどでこぼしても大丈夫くらいの防水性なのか、お風呂の中に落としても大丈夫なくらいの防水性と色々です。
iPhone7はIP67を基準に作られています。
IP67というのは「International Protection」の略で危機の保護性能を示す国際基準値です。IPの跡に続く3文字目が「防塵性能」を4文字目が「防水性能」を意味するものです。

出典:http://www.nissinsan.jp/出典:http://www.nissinsan.jp/

 

出典:http://www.nissinsan.jp/出典:http://www.nissinsan.jp/
出典:http://www.nissinsan.jp/出典:http://www.nissinsan.jp/

参照:日新産業株式会社

上の図を見るとiPhone7はどの位置かというと6等級の防塵性を持ち、7等級の防水性を持つといわれています。この表を見るとiPhone7って結構スゴいのかな? って思いますよね。

【IP67とは? 一体どのくらいスゴイの?】

表の7等級、「一定条件下で水中に入れても有害な影響を受けない(防侵形)」と読んでもいまいち具体性が分かりません。
簡単にいうと、うっかり水たまりに落としちゃった。とかトイレに落としちゃった程度なら大丈夫。しかし海の中で動画撮影やお風呂の中でいじっていてお湯のなかに落としちゃったりしたらアウト!ってことです。どちらかと言うと防水というより耐水と考える方が無難でしょう。
さらに使用しているうちに防水機能が劣化していくとも言っているので水回りはこれまでのiPhoneと同じように特に気をつけなければならないでしょう。

【水漏れに対してAppleは保障してくれない!】

Apple公表しているのは「防水性」ではなく「耐水性」です。ですので耐水・防塵には作られてはいるが、防水として作られていないため水による故障についての保証は今のところ考えていないようです。
もし水が原因で故障してしまったら、今までの通り有償で修理をしてもらわなければなりません。
今回、アンドロイドに変更する方や初めてiPhone7を使用する方はくれぐれも水による被害だけは気をつけてください。修理をに出すとかなり高額になってしまいますので……。

【アンドロイドスマホと防水能力を比較してみた!】

今回iPhone6sは元から防水防塵の機能を持っていないため現在日本で販売されている、最新のアンドロイドスマホ、「Xperia X Pefomance」と「Galaxy S7 Plus」の2機種類の防水性をiPhone7と比べてみました。
「Xperia X Pefomance」、「Galaxy S7 Plus」の両方とも「IPX5、IPX8to」となっています。
iPhone7のIP67と比べるとアンドロイドの方が防水に関しては優れているようです。ただ、Appleもようやく防水、防塵機能を付けるようになったところは素直に評価できます。
 
iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。
乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。
ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop
auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop
ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop
 

iPhone7でバッテリー容量はどのくらい増えたか

battery
日本でもアメリカに少し遅れてポケモンGOが配信されました。このポケモンGOはバッテリー消耗が激しく、ポケモンを探し歩いている最中でも予備バッテリーを買い求める人も多かったらしいです。
そうでなくてもスマホ自体がゲームだけではなく写真や動画を見ることで大量のバッテリーを消耗します。今まで以上にバッテリーの消耗は激しくなるのは予想できます。
特にiPhone7には4K動画あります。撮影中にバッテリーが切れるなんてこんな悲しいことはありません。iPhone7になりiPhone6sと比べてどのように変わったのかを調べてみました。

【iPhone6sのバッテリー性能と容量はどのくらい?】

iPhone6sは1715mAhというバッテリーを使用していて、連続通話時間は14時間、連続待受は最大で10日、インターネット利用は最大11時間、ビデオ再生も11時間となっています。オーディオ再生はなんと最大で50時間も再生できるのです!
元々バッテリーの容量に関しては優秀なiPhone6s。やはりバッテリー性能はかなりいいんですね。改めて思いました。

【iPhone7のバッテリー性能と容量は?】

iPhone6sで使用されている1715mAhというバッテリーがかなり優秀だったのでiPhone7になるとどのくらい性能が向上しているのでしょうか。
iPhone7のバッテリーは1960Ahというものを使用しています。連続通話時間は14時間、連続待受は最大で10日とここまでは6Sと変わりません。インターネット利用は最大12時間, ビデオ再生も13時間と少し6sと比べると上がっています。
しかしオーディオ再生時間は最大で50時間できたものが、40時間に短縮されてしまいました。少し残念ですが、インターネット利用の時間やビデオ再生の時間も上昇しているので、インターネット利用をする人にとっては朗報ではないでしょうか。

【でもどうして50時間から40時間に減ったのでしょう……】

iPhone7はcpuにApple10 Fusionというものを使っています。iPhone6に使われているのは、Apple8というcpuでiPhone6sに使用されているのがApple9です。
iPhone7に使用されているcpuにApple10 Fusionは、iPhone6に搭載されているApple8よりも2倍早くiPhone6sに搭載されているApple9よりも処理スピードが40%以上上がっています。
加えてゲームの3Dグラフィックスも高速化しiPhone6sより50%早く、iPhone6と比べると3倍処理スピードが速くなっています。
すでに、普通のゲーム機にも引けをとらないくらいのところまできています。大量のデータ―を処理するために、仕方なくオーディオ再生時間を減らした。その考えれば、致し方ないことではないでしょうか。

充電スピードが確実にアップ!

charge
前日の夜、充電するのをうっかり忘れて……なんて経験は少なからずスマホを使用している人にとってはあると思います。
わずかな時間で充電できることができたらどんなにいいか……。と
しかし今回のiPhone7からは少ない時間で完全充電することができる、急速充電という機能がつきそうなのです!

【アンドロイドスマホでは当たり前だった!】

ガラケーの方やアンドロイドスマホを使用してこなかったiPhoneユーザーにとっては、急速充電という言葉にあまりなじみのないものなのではないでしょうか。
アンドロイドスマホでは当然のようになっている急速充電もどうやら、iPhone7される見込みです。
iPhone6sを完全充電するには約2時間弱かかると言われていますがiPhone7はおそらく、1時間半くらいになるのではないかと予測できます。
ただ、噂になっていたワイヤレス充電はないようです。

【ワイヤレス充電とはなんぞや?】

一部のインターネットサイトではiPhone7にワイヤレス充電という機能が付くのではないかと話題でした。
しかし9月8日に行ったiPhone7発表会ではワイヤレス充電という機能が発表さされることはありませんでした。
ワイヤレス充電というのは、充電ケーブルをささなくても専用スタンドに立たせておけば充電できるという大変便利な機能でした。
iPhoneユーザーからはiPhone7の新しい機能として期待されていましたが、残念ながら今回のiPhone7ではワイヤレス充電の機能はつきませんでした。

16Gが廃止され、iPhone7のストラテジー容量の増加はどう変わった?

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s
今までのiPhoneは一番下の容量が16GBでした。iPhone5sくらいからアプリのアップデートが多くなったり、カメラの画質も良くなっていきました。さらに動画を撮る事もできるようになりました。そしてゲームも3Dを使用したりして大量のGBを使用するようになっていきました。
すると徐々に16Gでは足りないという声がユーザーから出てきました。実際私の周りでも多かったと思います。アンドロイドと違って買い足しのできないiPhoneのアキレス腱の1つでした。
しかし今回は32Gが一番下になり、容量が足りなくなって泣く泣く撮った動画や写真、アプリを消したりするのはは減少してくるのではないかと思っています。

【そもそも何がどれくらい容量を食っているのか】

16Gが廃止され、32Gにはなりました。しかし4K動画に3Dゲームなどを重たいものをHDの中にたくさん入れていたらあっと言う間にいっぱいいっぱいになり、動きももっさりとしたものになり、音楽をダウンロードやIOSのアップデートもできなくなってしまいます。
例えばiPhone7で撮影した4動画は1分で400MBも使用し、わずか10分で4GBも使用してしまいます。仮に32GBあってもiPhoneを動かすためのデーター等なので実際は29GBになるものだと予想できます。
大まかですが、GB数の1割はiPhoneを動かすためのデーターということを認識したうえで購入するといいかと思います。
少ないGB容量を購入された方はこまめにパソコンへデーターを移しておいてください。もしくは少し多めのGB容量のものを買っておくというのがベターだと思います。
アンドロイドやガラケーの方は知らないと思いますがiPhoneは買い足しというものができません。後で後悔しないようにしっかり覚えておいてくださいね。

【初心者はどのくらいの容量のものを買えばいいの?】

iPhone自体が初めてだとか、ガラケーからスマホに移行して初めて買ったスマホがiPhoneだという方もも多くいらっしゃると思います。
後で足りなくなっても買い足しができないのがiPhoneです。
iPhone7で発売予定のストラテージ容量である一番少ない32G、128G、そして最大の256Gとどれを選べばいいかというのを考えていこうと思います。

【32Gは?】

32Gは昔の16Gとほぼ同じ立ち位置です。
写真やアプリ、音楽をあまり利用しない方には32GBがいいと思います。
4K動画に例えると、70分ほどしか撮影できないので、使用用途が主にネットやラインなどのSNS、電話など比較的重たくないものが主となっている方にとっては選びやすいものではないかと思います。

【では64Gは?】

64Gになれば4K動画十二分に撮影できなくはないですが、それでも容量不足が否めません。
仮に4K動画を撮影しようとしたら約2時間半くらいの撮影時間です。4K動画を使って何か色々しようと思ったら少し少なめな気がしますアプリや写真、音楽なども入れていることを考慮すると、きっと録画時間はもっと少なくなるでしょう。
もしガッチリとiPhone7の性能を堪能しようと思ったら64Gより上の容量を選択することが無難になると思います。

【128Gあれば十分?】

128Gあれば、4Kやゲームなどのかなり重たいものでもHD容量を気にせずに使う事ができるでしょう。
特に最近の若い人やお年寄りはパソコンを利用できない人や持ってなかったりする人もいます。
そんな人にはこの128Gが特に個人的にオススメできる容量です。

【256Gまでいくと?】

256Gまでいくと、少し前のパソコンくらいのHD容量くらいあります。
ちなみに私のパソコンより容量が上になります……。
容量の心配をすることはほぼ確実にありませんが、大容量の映像持ち歩きたい方やちょっと長めの撮影をする方にとってはうってつけなのかもしれません。

キャリア3社のiPhone7の価格と料金プランを比較してみた!

money2

9/16日についにiPhone7が発売とされました。ドコモ、au、ソフトバンク共が一斉に売り出し始めました。
毎年iPhoneが発売されるたびにニュースなどで話題になります。そんな映像を見ていると余計に欲しくなってしまいうのはきっと私だけではないはずです。
アンドロイドをお使いの方やMNPで違うキャリアに乗り換えてiPhone7をゲットしようと方、機種変更でiPhone7に変えようとしている方など様々だと思います。もちろん私もその1人で、MNPを使ってiPhone7を使おうと企んでいます。
しかし……。
ただでさえ複雑な各携帯電話会社のシステム……。
ショップで長い説明聞きたくない、めんどくさい……。でも損はしたくない……。
きっと誰もがそう思っていることでしょう。
そんなわけで、できる限り表や図を使いながら分かりやすく説明していきますよ!

【まずはキャリア3社の全体的な図を見た感想】

●iPhone7

出典:http://pplepop.com/出典:http://pplepop.com/

●iPhone7Plus

出典:http://pplepop.com/出典:http://pplepop.com/

まず上の図をみてください。意外だ。と思う人も多いのではないでしょうか。
そうです。ソフトバンクが意外に高いんです。実質金額はauと変わらずかなり休めに設定されているのですが、一括で購入したときは、高い高いと言われていたドコモを上回っているのです。
すでにiPhone自体が高価な商品となっている今、一括で買う事はないだろうと。と見越しているからなのかどうかは私には分かりません。
それでもソフトバンクは、元々日本で最初にiPhoneを売ったという実績もあり今回のiPhone7も力をいれてくるのだろうと。と予想していました。さらに個人的には3社の中で一番安くしてくるのではないかと思っていたので、かなり予想外でした。
ただ実質な負担額はやはりドコモが高くなっているのは致し方ないかなと思いました。それでもソフトバンクやauに比べて特に新規とMNPと比べると2倍近く差があるのには疑問が湧いてきます。
ただ、3社の中で一番シェアが低いauが値段のうえでもかなり頑張っているのではないかと思います。三太郎のCMもかなり好評のようですし、これから期待できるかもしれません。
値段の上だけでいうならau、ソフトバンク、ドコモといった順になります。
もちろん、三社とも様々な特典やプランもあるので値段だけで決めるということは、かなり危険です。
例えばドコモはiPhone7で300Mbpsを超えているということで、auの225Mbpsやソフトバンクの262.5Mbpsをはるかに上回っています。ネットワーク回線を早く使いたいという方はドコモを選ぶということもあり得るでしょう。
あまり関係のないことかもしれませんが、auとソフトバンクは怖いくらい料金設定が一緒です。まるで、裏で口を合しているのではないかと思うくらいです。
それでは、次から3社の携帯プランについて説明していきたいと思います。

【ソフトバンクでiPhone7を使用するのにお得な料金プランを教えて!】

先日ソフトバンクは、ギガモンスターという定額サービスを発表しました。20Gで6480円。30Gで8460円です。ギガモンスターは3つ利点があります。
1つは速度制限がないことです。ゲームなどでついつい使いすぎてしまって……。なんてことはなくなるのだと思います。
2つ目はデーター量を全て繰越で余ったデーター容量は翌月に繰り越すことができます。
3つ目は、手座リングオプションが2017年まで無料だということです。
個人的には20Gは多過ぎるのではないか……。と思ったりもしますが、5Gで5400円だということを考えると、+1000円払ってでも20Gにすべきではないかと思いました。
ただ、スマ放題にするにしても、ホワイトプランにするにせよ、通話料込みのことを考えると9000円から10000円以上はかかってしまうでしょう。そこはお財布と話しあう必要があります。
しかし個人的にはお金はかかってしまいますが、スマ放題でギガモンスターを利用するのが最もお得なのではないでしょうか。

【auはどうなっているの?】

ソフトバンクに数日遅れでauは新しい定額プラン、スーパーデジラを発表しました。スーパーデジラに伴い、今までのデーター定額8、10、13の新規受け付けはなくなります。
ただ、やはりというかなんというか、やっぱりソフトバンクとほぼ同じプランでした。ただ唯一違うところは、タブレットともデーターシェアできることです。ipadなどのタブレットを使用している人にとってはauはかなり魅力的に映るやもしれません。
しかし値段もソフトバンクとほぼ同じで値段だけではドコモやソフトバンクの両社に差別化を図る事はできないでしょう。ただ、auはソフトバンクやドコモより1~2割ほど安く設定iPhone購入することが可能なので、総合的な目で見ると良いのではないでしょうか。

【ドコモはどうかな?】

ドコモも9月14日にau、ソフトバンクと歩調を合わせるかのようにウルトラデータープランLとウルトラデータープランLLを創設しました。20Gと30Gでauのスーパーデジラ、ソフトバンクのギガモンスターと同じになります。さらに家族向けシェアとしてウルトラシェア50、ウルトラシェア100も新たに設けられました。両方とも名前の通り50Gと100Gです。
ドコモのウルトラデータープランLとウルトラデータープランLLも、auやソフトバンクの価格も同じです。20GのウルトラデータープランLが6480円でウルトラデータープランLLが8640円に設定されています。
余ったデーターを翌月に繰り越せることができるのと、テザリングサービスが1年間無料なのはau、ソフトバンク共に一緒です。ただ、家屋向けのプランがあるところが、他の2社との違いでしょう。
ドコモは今まで高いという印象がどこかにありました。調べてみるまで分からなかったのですが、ソフトバンクと比べてみるとMNPを使ってドコモと契約するとソフトバンクにMNPで契約するよりも若干安いことが分かりました。ただ新規や機種変更だとソフトバンクのほうがまだ少し安いです。
しかし、ドコモの回線はキャリア3社のなかで一番速いことを考えると、納得せざるを得ないのではないでしょうか。

【結局どれがいいの?】

iPhone7発売に伴い、キャリア3社がほぼ同時に実質スマートフォンの使い放題のプランを発表してきました。値段からしてみればauが最有力で時点でソフトバンク、次にドコモとなるのでしょう。しかし、微妙ですが、各会社のプランには差異があります。
例えば信速度から考えるとドコモ、ソフトバンク、auと価格のときと全く逆になってしまいます。それもドコモとソフトバンクの間はかなり差があり、auと比べてしまうと相当の差がついています。
特にゲームなどをする方にとっては大量のデーター通信のやり取りを必要とするものはできる限り通信速度は速い方が良いのではないかと思います。
年配の方に多いのですが、あまりゲームなどもしないでたまにメールやLINEなどをするくらいならば、あまり高価な契約ではなく、比較的ギガ数の低いものを契約する。というのも1つの手段ではないでしょうか。
ソフトバンク、au、ドコモそれぞれに言えることですが、結局は自分の使用頻度等を考えて自分が必要だと思うプランを組むことが重要なのだと思います。

mvnoでiPhone7を使うという選択肢も

mvno
mvnoという言葉を聞いたことないでしょうか?数年前キャリア3社のスマートフォンの激しい値下げ競争の末に総務省が是正を呼び掛けたことで、mvno(仮想移動通信業者)が飛躍的に広がりました。
有名な企業では、ネット販売で有名な楽天、ネットゲームなど様々なことをしているDMM、佐々木希さんがCMに出演しているフリーテルや、最近SNSが無料になった、UQモバイルがあります。
各社ともテレビCM等を幾度も流しているので聞いたことくらいはあるのではないかと思います。
しかし実際の普及率は、キャリア3社と比べてかなり低く、まだまだ認知度が低いというのが現状です。
もしあまりゲームなどもなく通勤でインターネット等をいじるだけ、という方ならもしかしたら、ドコモなどのキャリアを使用するのではなく、あえて比較的安いmvnoを利用してみるというのも選択肢の1つなのだと思いますよ!

【simフリーでiPhone7が使いたい!】

残念なことにsimフリーのiPhone7が発売されるのは、まだ未定です。しかし今までの傾向では大体キャリアで販売した2カ月後くらいに販売されているので、大体11月くらいだろうと考えられています。
ただ、基本キャリア3社が優先のため、11月に発売されたとしても、必ず買えるという保証はありません。
あくまでも在庫が出てきた分だけ、ということらしいです。
なので気長に待つのが良いかと思います。

【mvnとキャリアどう違う?】

mvnoとキャリアの大きな違いはやはり料金だと思います。その他にも色々メリット、デメリットがあるので書いていこうと思います。
キャリアはおおむねある程度スマホを使用するということを前提でプランも立てられています。しかし月に使うG数が1GB前後の人だったとしたら、それはかなりの無駄になってしまいます。同様に通話をしない人も通話をすることが前提で契約をしなければなりません。
なので現在3社のキャリアのプランの最も使用しない人のプランよりもっと使わない人にとっては、中々お得なのではないかと思います。
あとメリットは、会社によっては「縛り」がないことです。特にフリーテルは2年縛りというものがなく、いつでも好きな時に違う会社に乗り換えることができます。
逆にデメリットはというと、キャリアメールを使うことができません。キャリアメールとは、(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@i.softbank.ne.jp)などの@の後ろに各会社のスペルが書いてあるアドレスのことです。ガラケーからスマホに切り替えたばかりの年配の方は使っている方が多いように思われます。
mvnoはお昼時や夕方から20時くらいまでの通信速度はキャリアと比べると遅くなると言われています。ただ、これに関しては、wifiを持っていれば解決できることだと思います。
以上がmvnoのメリットとデメリットですが、通話やインターネット等使用量が著しく少ない方は、mvnoを薦めます。逆に通話や通信料をたくさん使用するならば、ドコモなどのキャリアを利用するほうが賢明かと思います。

まとめ

発表する前は大きく変化するのではないかといわれていたiPhone7ですが、今回はどちらかというと小さく、今まで足りなかった所を補っているという印象です。どこかアンドロイドスマホを意識しているような気さえします。
ただ、iPhone7のつけ加えられた機能で元々iPhoneが好きだったけど、機能面から仕方なくアンドロイドを使っている、という人にとっては、かなり朗報なものではないでしょうか。
どちらかといえばアンドロイドより自由度が低いと言われていたiPhoneでしたが、今回のiPhone7で新しいiPhoneとしての第一歩を踏み出した。そんな気さえします。
 
iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。
乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。
ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop
auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop
ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧