ソフトバンクのiPhone7をお得な料金プランで賢く運用!


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

基本の月額利用料金を比較してみよう

それでは、現在主流となっているスマ放題・スマ放題ライトプランと、現在も継続して契約することができるホワイトプランでどのぐらいの金額差が出るのかを確認してみましょう。

ホワイトプラン

ホワイトプランでの基本の月額料金は以下のようになります。
・基本使用料:934円/月
・通話料金:20円/30秒
・ネット接続料金:300円/月
・パケット定額し放題(7GB):5,700円/月
合計:6,934円+通話料金/月

ただし、パケット定額し放題プランは、7GBを超えた場合通信速度制限がかかります。

メールを送ったりすることは出来ますが、インターネットを使う時には非常に速度が遅くて不便な状態になってしまうということです。

スマ放題

スマ放題の場合はどうでしょうか。
・通話し放題プラン(基本使用料):2,700円/月
・ネット接続料金:300円/月
・データ定額パック(5GB):5,000円/月
合計:8,000円/月

データ定額パックは、いくつか容量を選ぶことが出来ますが、一番多く契約されているのは5GBのプランです。

ホワイトプランの基本料金には、通話料金分が一切含まれていませんので、通話すればするだけ月々の料金が上がってしまいます。

このことを考えると、ビジネスでiPhoneを契約している方や通話が多い方は、通話料金が24時間いつでもかけ放題なスマ放題に変更することを検討してみるのも良いでしょう。

 

スマ放題ライト

スマ放題ライトの場合は以下になります。
・通話し放題プラン(基本使用料):1,700円/月
・通話料金:1通話につき5分を超えた分は20円/30秒
・ネット接続料金:300円/月
・データ定額パック(5GB):5,000円/月
合計:7,000円/月

通話料金については5分までは、何回かけても定額料金内で利用することができます。ビジネスでバリバリ通話をするほどではないけど、ホワイトプランのように使うだけ通話料金が高くなってしまうのや嫌という方にはおすすめです。

データ通信プランはスマ放題と同じように必要な容量のプランを組み合わせて利用することができます。

 

データ定額パックの種類

iphone7を使う上でスマ放題/スマ放題ライトを契約した場合、データ定額パックの容量を選ぶことになります。

データ定額パックは5種類の容量があり、当たり前ですが基本料金を下げるには容量を小さいものを契約することになります。

しかし、自分自身の使い方に見合ったものを契約しないと、通信速度がいきなり遅くなってしまったり、使用料金が高くなってしまうということが考えられます。
容量と料金は以下の様に設定されています。

・1GB:2,900円
・2GB:3,500円
・5GB:5,000円
・20GB:6,000円
・30GB:8,000円

とにかく安くしたいという方は、1GBの契約が一番安いのですが、動画をよく見るという方やインターネットを使うことが多い場合はこちらの容量ではすぐに通信制限がかかってしまいます。

例えば、家ではWi-Fiを使ってインターネットをし、外出先ではほぼ使わないという方にはこちらのプランで節約をするという手があります。

毎日メールをし、インターネットも多少使うという方は5GBの契約でほぼカバーすることが出来ます。

ここで注目していただきたいのが、5GBと20Gプランの価格差です。5GBプランに1,000円をプラスするだけで、20GBものデータを利用することができます。

20GBと30GBは「ギガモンスター」と呼ばれる、大容量なプランを低価格で利用できるお勧めプランになっています。

5GBプランで、通信制限がかかり追加プランの購入する機会が多いという方は、ギガモンスターを選択した方がお得になる場合もあります。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない