iPhone

ソフトバンクのiPhone7をお得な料金プランで賢く運用!

ipad-577754_640
最初は売り切れ続出で、購入できない人も多かった人気の機種iphone7。
今は街の電気屋さんやキャリアショップでもすぐに購入することが出来るようになりました。
iPhoneに限らず、携帯電話の月々の使用料金はそれなりにかかってしまうもの。
無くては不便な携帯電話、でも出来るだけ支出を抑えたいというのが本心ですよね。
Softbankでiphone7をもつならどのプランを選べばよりお得になるのか?
今回はSoftbankの中からiphone7に適したプランをご紹介いたします。

ホワイトプランとスマ放題

公式でおすすめはスマ放題

phone7に限ったことではないのですが、Softbank公式ではおすすめのプランとして『スマ放題』『スマ放題ライト』がプッシュされています。
スマ放題プランとは、「基本プラン(通話し放題プラン)」+「データ定額パック(ネットし放題)」の2種類を組み合わせて利用するプランになります。
スマ放題は24時間誰とでも通話し放題、ネットも使い放題、余ったデータ量は翌月へ持越しできるというなんとも素晴らしいプランです。
しかし、そこにはちょっとした落とし穴があるので注目してみましょう。

スマ放題は誰でも通話し放題

まず、電話をするのが好きな方にはスマ放題プランはとても良い点があります。
スマ放題は、キャリアを超えて家族でも友だちでも関係なく24時間無料通話ができます。当然固定電話への発信も同様に無料で通話ができます。
スマ放題では、この通話し放題というのはまったく偽りなくいつでもかけ放題、余分に金額がかかることはありません。
また、以下の様な方もプランを変更したほうがお得になる可能性も高いです。
・家に固定電話を引いていない方
・よく電話をかける相手が別キャリアの人が多い方
・時間帯関係なく通話をすることが多い方
 

通話少なめならスマ放題ライト

先ほどスマ放題について説明しましたが、スマ放題にはライトプランもあります。
ライトプランは24時間どの時間帯であっても通話し放題となりますが、1回あたりの通話が5分までとなっています。
もし、5分を超えた場合には、30秒につき20円の通話料金が発生します。長電話をすることはないが、キャリアの違う友達に連絡する機会や、飲食店の予約の電話をすることがあるという場合にはおすすめのプランです。
 

ホワイトプランの通話って?

一時期、新規の受付は終了すると言われていた【ホワイトプラン】ですが、ユーザーからの声でホワイトプランの受付は現時点では新規ユーザーも受け付けています。
ホワイトプランの基本料金は934円なのですが、ここに無料通話は含まれていない為、通話をするためには別途料金がかかります。
通話料金は20円/30秒。長く通話すればするだけ、料金がかかる為電話が好きなユーザーにはちょっと厳しい料金プランです。
しかし、逆にiPhoneでは通話はアプリ通話を使い、インターネットが主な利用方法である場合、データ通信容量が7GBと多めに設定されているこちらのプランの方がお得になる場合もあります。
そのため、現在でも多くのユーザーに指示され新規受付が継続されているということですね。

基本の月額利用料金を比較してみよう

それでは、現在主流となっているスマ放題・スマ放題ライトプランと、現在も継続して契約することができるホワイトプランでどのぐらいの金額差が出るのかを確認してみましょう。

ホワイトプラン

ホワイトプランでの基本の月額料金は以下のようになります。
・基本使用料:934円/月
・通話料金:20円/30秒
・ネット接続料金:300円/月
・パケット定額し放題(7GB):5,700円/月
合計:6,934円+通話料金/月
ただし、パケット定額し放題プランは、7GBを超えた場合通信速度制限がかかります。
メールを送ったりすることは出来ますが、インターネットを使う時には非常に速度が遅くて不便な状態になってしまうということです。

スマ放題

スマ放題の場合はどうでしょうか。
・通話し放題プラン(基本使用料):2,700円/月
・ネット接続料金:300円/月
・データ定額パック(5GB):5,000円/月
合計:8,000円/月
データ定額パックは、いくつか容量を選ぶことが出来ますが、一番多く契約されているのは5GBのプランです。
ホワイトプランの基本料金には、通話料金分が一切含まれていませんので、通話すればするだけ月々の料金が上がってしまいます。
このことを考えると、ビジネスでiPhoneを契約している方や通話が多い方は、通話料金が24時間いつでもかけ放題なスマ放題に変更することを検討してみるのも良いでしょう。
 

スマ放題ライト

スマ放題ライトの場合は以下になります。
・通話し放題プラン(基本使用料):1,700円/月
・通話料金:1通話につき5分を超えた分は20円/30秒
・ネット接続料金:300円/月
・データ定額パック(5GB):5,000円/月
合計:7,000円/月
通話料金については5分までは、何回かけても定額料金内で利用することができます。ビジネスでバリバリ通話をするほどではないけど、ホワイトプランのように使うだけ通話料金が高くなってしまうのや嫌という方にはおすすめです。
データ通信プランはスマ放題と同じように必要な容量のプランを組み合わせて利用することができます。
 

データ定額パックの種類

iphone7を使う上でスマ放題/スマ放題ライトを契約した場合、データ定額パックの容量を選ぶことになります。
データ定額パックは5種類の容量があり、当たり前ですが基本料金を下げるには容量を小さいものを契約することになります。
しかし、自分自身の使い方に見合ったものを契約しないと、通信速度がいきなり遅くなってしまったり、使用料金が高くなってしまうということが考えられます。
容量と料金は以下の様に設定されています。
・1GB:2,900円
・2GB:3,500円
・5GB:5,000円
・20GB:6,000円
・30GB:8,000円
とにかく安くしたいという方は、1GBの契約が一番安いのですが、動画をよく見るという方やインターネットを使うことが多い場合はこちらの容量ではすぐに通信制限がかかってしまいます。
例えば、家ではWi-Fiを使ってインターネットをし、外出先ではほぼ使わないという方にはこちらのプランで節約をするという手があります。
毎日メールをし、インターネットも多少使うという方は5GBの契約でほぼカバーすることが出来ます。
ここで注目していただきたいのが、5GBと20Gプランの価格差です。5GBプランに1,000円をプラスするだけで、20GBものデータを利用することができます。
20GBと30GBは「ギガモンスター」と呼ばれる、大容量なプランを低価格で利用できるお勧めプランになっています。
5GBプランで、通信制限がかかり追加プランの購入する機会が多いという方は、ギガモンスターを選択した方がお得になる場合もあります。

まとめ

携帯電話の基本料金というのは、7,000円から8,000円程度はどうしてもかかってしまうものです。
キャンペーンや割引プランを駆使して、基本料金を下げると共に月にどの位通話をするのか、どの位インターネットを使用しているのかをしっかりと把握することが大切です。
自分自身に一番あったプランを見直してみることで今よりもぐっと利用料金を下げることが出来るかもしれません。

関連記事

iPhone6sが欲しい!ソフトバンクでお得に買えるのは今だ!
ソフトバンクのiPhone6sに機種変更!一番お得な方法解説
iPhone6sの最新価格で見る!ソフトバンクへの乗り換え方法5選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧