乗り換え

「iPhone7 MNP一括0円」もどきを契約するやり方完全解説まとめ

とうとう、現地時間9月7日、アップルの発表イベントでiPhone7/7plusがその全貌を現しましたね。
この日を首を長くして待ち望んでいた方も多かったのではないでしょうか。
日本ではこれまで通りドコモ、ソフトバンク、auの3キャリアにて取り扱います。
発売開始は9月16日。多くの方がiPhone7をお得に手に入れたいと思うのは当然のことです。
ここではクーポンやキャンペーン、購入方法を組み合わせたり、様々な手をつかってiPhone7をMNPでほぼ一括0円にしてしまうという方法「iPhone7 MNP一括0円もどき」について徹底解説します。

iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。
乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。
ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop
auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop
ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop

iPhone7

iphone7hello_TP_V
iPhone7/7Plusについて少し解説いたします。iPhone7/7Plusの色展開は新色のジェットブラック(ツヤのある黒)、ブラック(つや消しタイプの黒)、シルバー、ゴールド、ピンクゴールドの5色です。
嬉しいことに今回から防水・防塵機能が搭載されました。ホームボタンは物理ボタンからTaptic Engineと連携する感圧式に変更され、今回からFelica機能が搭載されTouch IDや各クレジットカードに対応したApple Payも利用できるようになりました。
今まで「iPhoneにFelica機能があれば良いのに」や「防水機能があれば」との声がありましたが、とうとう待望の機能も搭載されました。iPhone7/7Plusの登場により既存のiPhoneユーザーだけでなく「iPhoneにしたいけど 防水防塵じゃないし、Felica機能もないから」とiPhoneの購入に二の足を踏んでいたAndroidユーザー達を取り込めるのではないでしょうか。
ストレージは32GB・128GB・256GBです。(但し、ジェットブラックはiPhone7/7Plusともに32GBはなしです)
イヤホン端子は廃止、スピーカーとなっています。音楽などを聴く際はLightning端子接続のEarPodsかAirPodsで聞く事になります。(Lightning接続のアダプタとEarPodsは同胞されていますが、AirPodsは別売りです)いずれも3D Touch対応です。様々な噂があったiPhone7 Plusのカメラは、噂の通りデュアルカメラとなっています。
スペックは以下の通り。

iPhone7

ディスプレイ:4.7インチ
サイズ:幅67.1mm×高さ138.3mm×厚み7.1mm
重さ:138g
カメラ:メイン1200万画素(最大5倍のデジタルズーム)・インカメラ700万画素

iPhone7 Plus

ディスプレイ:5.5インチ
サイズ:幅77.9mm×高さ158.2mm×厚み7.3mm
重さ:188g
カメラ:メイン1200万画素(広角・望遠2倍の光学スーム、最大10倍のデジタルズーム)・インカメラ700万画素
こんな感じです。様々な機能も搭載された上にカメラ機能も大幅にグレードアップしています。全体的に、これまでのiPhoneより、さらに進化しています。
様々な機能が進化したiPhone7/7Plus。できるだけお得に購入したいですよね。できれば殆ど0円だったら、ものすごく嬉しいしでしょう。しかし、果たしてそんなことは可能なのか?次の項目でお伝えいたします。
 
iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。
乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。
ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop
auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop
ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop

一括0円と実質0円とは?

PAK105215431_TP_V
よく「一括0円」と「実質0円」を同じものと解釈されている方も少なくないようですので、「一括0円」と実質0円の違いについてザックリとお伝えしますね。
「一括0円」とは一括で購入の金額が「0円」ということです。「実質0円」機種代そのものは0円ではないけれど毎月支払う機種代金から一定額差し引くことで0円になるというものです。この割引には何らかの条件があります。
さて、この「一括0円」「実質0円」ですが、昨年末に総務省からの指示により今年の2月からはMNP・新規購入時の一括0円施策が原則禁止となりました。これは、長期ユーザーと新規契約者との不公平をなくす為のものとの事です。この一括0円の原則禁止によって2016年2月はどのキャリアもMNP・新規購入の売れ行きが落ちたとの話もあります。
原則禁止ならMNPや新規購入0円でiPhone7ゲットなんて無理なんじゃない?」という声が聴こえてきそうですね。
はい。今までのようなやり方では、ほぼ無理です。そこで活用できるのが「iPhone7 MNP一括0円もどき」です。次の項目で詳細を解説いたします。

iPhone7 MNP一括0円もどきとは?

5
「iPhone7 MNP一括0円もどき」とは簡単にいうと

  • クーポン
  • キャンペーン
  • 購入方法

などを組み合わせたり、様々な手をつかってiPhone7をMNPでほぼ一括0円にしてしまうという方法です。
どんな方法があるのか?次の項目で説明いたします。

「iPhone7 MNP 一括0円もどき」その1:クーポンとキャンペーンの利用

過去にMNPをされた方や長期契約されている方の中に「話題のスマホにも使えるクーポンプレゼント」なるものを受け取っている方はいらしゃいませんか?
image
はい、これが届いた方はチャンスです。
image
画像は過去にauを利用していて2年前に他キャリアにMNPした人が受け取ったものですが、現在、auではこのようなクーポンが発行されています。
「話題のスマホ」とは恐らくiPhone7の事ですね。はっきりとiPhone7と記載しないのは、様々な事情で施策が通らなくなった
などの大人の事情に配慮しての事だと思われます。
内容を見る限り「iPhone7/7Plusは対象外です。」との文言が小さな文字でひっそりと書かれている事はないので、iPhone7も対象にも使用できるクーポンなのでしょう。こういったクーポンはau以外のキャリアも配布しているようです。

 
また地域限定と思われますが、ソフトバンクも下記画像のようなチラシを配布しています。
image
「本ハガキが届いたお客様 限定特典」と記載ありますが、チラシです。宛先も切手もないです。ある日、筆者宅に届きました。前述のauのクーポンのように対象者を限定ものではなく、ランダムに各家庭のポストに配布されているようです。
「裏面をご確認ください」とあるので裏面を確認しますね。
image
「あの話題のスマホのことならお任せ下さい!」という頼もしい文言が踊っています。ここにも記載されている「話題のスマホ」はたぶん、きっとiPhone7ですね。QRコードがありましたので読み込んでみましたが、今の段階では予約ができるのみです。これから具体的な特典が表示されると思われます。
さて、具体的にクーポンを使ってどのようにiPhoneを一括0円もどきでゲットするか解説いたしましょう。
やり方はアッサリしていて、こういった割引クーポンや下取りと各キャリアのキャンペーンを組み合わせてiPhone7を手に入れるという事です。届いたクーポンはキャンペーンとの併用も可能なようです。
これにMNPする前の機種を下取りに出すことによってほぼ一括0円と同様の割引が可能になります。
現時点ではiPhone7/7plusの価格は明らかにされていませんので、この方法でどこまで一括0円に近づけられるのか?の試算はできませんが、何も利用せずMNPするよりはお得にiPhone7をゲットできるのは確実です。
 
iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。
乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。
ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop
auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop
ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop

「iPhone7 MNP 一括0円もどき」その2:家族も一緒にMNP

image
前述のクーポンを見ると「新規(MNP)含む」と記載の「ご家族の新規ご契約にご利用できるクーポン」なるものが3枚もついていました。
ご家族にもお得をお裾分けしましょう。1台でMNPよりも家族全員でMNPする方が断然お得です。
ご家族にもクーポンを利用とキャンペーンの併用、下取りを行ってもらえばご家族もご自身もお得になります。
また、家族がバラバラなキャリアを利用しているよりも、同じキャリアを利用している方が家計の管理もやりやすく
なります。

「iPhone7 MNP 一括0円もどき」その3:キャッシュバックと下取りの利用

money

総務省によってMNPや新規契約による一括0円や実質0円の原則禁止となっていますが、では他のMNP・新規優遇施策は
どうなっているのか?と思いますよね。幸いキャッシュバックについては禁止とはなっていません。但し、キャッシュバックできる金額は大幅にダウンしました。
昔は「5万円キャッシュバック!」「最大で15万円キャッシュバック!」などの文字がキャリア前の立て看板などに記載されていました。しかし、現在は高額なキャッシュバックはできない状態です。キャリアショップでは1万円が目安のようです。
しかし家電量販店やネットショップなどは独自の施策などで、5万、10万とまではいかなくても高額なキャッシュバックがある店舗が多くあります。

家電量販店

家電量販店の利点は、3キャリア全てのiPhone7を取り扱っているということす。(店舗によってはiPhone7の取扱がない場合もあるのでご注意を!)
例えば、auから他社にMNPする人を例にあげてみましょう。
この人がMNPを決意し、ドコモに直接行って手続きした場合は、ドコモののプランしか確認できません。しかし3キャリア全てを取り扱っている家電量販店では、ドコモだけでなくソフトバンクの料金プランも確認できます。
また、殆どの家電量販店が下取りも行っています。家電量販店のキャッシュバックの平均は2〜3万円といったところです。これに家電量販店が販売促進しているインターネット回線とのセット購入となるとさらにお得になるケースも発生します。
 
iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。
乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。
ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop
auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop
ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop
 
また購入時にはキャリアのポイントは勿論のこと、利用の量販店のポイントが貯まっていれば量販店のポイントも併せる事も可能です。定期的にキャンペーンを行っていますがキャンペーン内容については一時的なものもあったり、するので大手量販店のサイトや広告、チラシ、店内のポスターなどは、お得情報を見逃さない為にもチェックしておくと良いでしょう。

ネットショップ・オンラインショップ

次にネットショップ・オンラインショップです。ネットショップでは4万以上の高額キャッシュバックを実施しているショップが多くあります。これは何故かというとネット上のショップは実店舗を持たない為、人件費や諸経費がキャリアと比べてかからないという事です。
スマホ以外でも保険会社でもネット専門の会社は支払う保険料も大幅に安いです。銀行もネット銀実店舗のある銀行と比べて利息も良かったり、Tポイントなどやマイルなどが新規契約時や預金額にあわせてプレゼントされるなど顧客へのサービスの還元率がかなりよかったりします。人件費や諸経費を削りとった結果ということです。
経費削減したら確かに、その分を顧客へ還元できるのはわかるが高額なキャッシュバックは原則禁止では?何故、ネットショップでは可能なんだろうという疑問もありますが、おそらく総務省の縛りがキャリアと比べてネットショップはある程度緩やかなのではないかと推測しております。(総務省の名前を何度も出していますが、決して総務省に抗議しているわけではありません。総務省の考えもわかります)
実店舗がないのは不安だと思われる方もいるかもしれません。ネットショップの中には訪問販売も対応しているショップもあります。優良店舗はネット上での評判も良いので検索をオススメします。

まとめと今後のiPhone7/7Plusのキャンペーンについて

1
iPhone7をMNPや新規での購入のメリットが減ってきた印象の強い昨今ですが、安く購入できる方法はたくさんあります。また、自宅に古いスマホが眠っているのであればGEOなどの中古買取店で売却して、その金額をiPhone7の購入資金にあてるという作戦も一つです。
MNPで注意したいのが、解約の時期です。違約金が発生しない時期に解約して、無事に発売初日に購入という事ができたら一番良いのですが、中にはつい最近機種変更したばかり方など今、解約すると違約金が発生してしまう人もいます。またMNPには一定の費用もかかります。
キャンペーンの内容を吟味して解約金を支払ってもお得ならば「iPhone7 MNP一括0円もどき」作戦開始です。ザッと試算してみて損が出てしまうようならば、時期を待った方がベターでしょう。
iPhone7/7plusの発売が迫っています。まだ価格や各キャリアのキャンペーンの詳細などは確認できていませんが
確認でき次第、随時追記し、お知らせしていきます。この記事をご覧になった皆様がお得にiPhone7/7plusを手に入れる事を祈っています。
 
iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。
乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。
ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop
auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop
ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop

追記:各キャリアの価格とキャンペーン

4

9/16の発売に伴い、iPhone7/7Plusの価格とキャンペーンが発表されましたので追記いたします。

【au】

新規・MNPの場合

分割支払金(支払総額)頭金0円 年利0% 支払期限26回の場合

iPhone7

32GB 3,300円×24回=79,200円
128GB 3,780円×24回=90,720円
256GB 4275円×24ヵ月=102,600円
毎月割(最大2年間総額)適用
-2850円×24ヵ月=-68,400円
実質負担額総額
32GB 450円×24ヵ月=10,800円
128GB 930円×24ヵ月=22,320円
256GB 1,425円×24ヵ月=34,200円

iPhone7Plus

32GB 3,870円×24回=92,880円
128GB 4,365円×24回=104,760円
256GB 4,860円×24ヵ月=116,640円
毎月割(最大2年間総額)適用
-2850円×24ヵ月=-68,400円
実質負担額総額
32GB 1,020円×24ヵ月=24,480円
128GB 1,515円×24ヵ月=36,360円
256GB 2,010円×24ヵ月=48,240円

機種変更の場合

分割支払金(支払総額)頭金0円 年利0% 支払期限26回の場合

iPhone7

32GB 3,300円×24回=79,200円
128GB 3,780円×24回=90,720円
256GB 4275円×24ヵ月=102,600円
毎月割(最大2年間総額)適用
-2,445円×24ヵ月=-58,680円
実質負担額総額
32GB 855円×24ヵ月=20,520円
128GB 1,335円×24ヵ月=32,040円
256GB 1,830円×24ヵ月=43,920円

iPhone7Plus

32GB 3,870円×24回=92,880円
128GB 4,365円×24回=104,760円
256GB 4,860円×24ヵ月=116,640円
毎月割(最大2年間総額)適用
-2,445円×24ヵ月=-58,680円
実質負担額総額
32GB 1,425円×24ヵ月=34,200円
128GB 1,920円×24ヵ月=46,080円
256GB 2,415円×24ヵ月=57,960円

iPhoneかえトクキャンペーン

auでは「iPhoneかえトクキャンペーン」が実施されています。iPhoneを利用の方がiPhone 7・iPhone 7 Plus・iPhone 6s・iPhone 6s Plusに機種変更すると合計で最大38,640円還元されるというものです。
特典:下取りプログラム適用で、本体価格から最大35,640円割引(※下取り価格は9/12時点のもの)されます。価格は以下の通り。
下取り機種と下取り価格(ポイント)
iPhone 6s Plus 35,640円(35,640ポイント)
iPhone 5s 22,680円(22,680ポイント)
iPhone 6s 32,400円(32,400ポイント)
iPhone 5c 11,180円(11,180ポイント)
iPhone 6 Plus 27,000円(27,000ポイント)
iPhone 5 11,880円(11,880ポイント)
iPhone 6 24,840円(24,840ポイント)
iPhone 4s 6,480円(6,480ポイント)
特典2:au WALLETプリペイドカードに3,000円のキャッシュバック
キャンペーン期間は2016年9月12日(月)~2016年11月30日(水)です。
購入対象機種はiPhone 7 / iPhone 7 Plus / iPhone 6s (16GBは対象外)/ iPhone 6s Plus
「iPhoneかえトクキャンペーン」の適用条件1:iPhone(3ヶ月以上利用)機種変更する事。
「iPhoneかえトクキャンペーン」の適用条件2:iPhoneを下取りする事。
「iPhoneかえトクキャンペーン」の適用条件3:下取りする対象機種が故障、水濡れがなく正常に動作する事。
「iPhoneかえトクキャンペーン」の適用条件4:購入対象機種への機種変更時に「アップグレードプログラム(300円/月(非課税))にご加入する事。
このキャンペーンを利用すると、例えばiPhone 6s Plusを下取りして、iPhone 7 32GBに機種変更した場合は iPhone 7の本体価格 実質負担額0円となります。頭金0円 実質年率0% 支払回数24回/支払期間26ヶ月で計算すると支払総額・現金販売価格 3,300円/月×24ヶ月=79,200円)。毎月割適用で(最大2年間総額) -2,445円/月×24ヶ月=-58,680円となります。
さらに下取りプログラム適用で35,640円割引、さらにau WALLETプリペイドカードに3,000円キャッシュバックとなると実質負担額は0円でさらに18,120円還元されるという計算になります。(販売価格はKDDI直営店での販売価格です。店舗により、異なる場合あり。)

【ソフトバンク】

iPhone 7新規・MNPの場合

頭金0円:実質年率0% 支払回数/期間 (ヵ月/25ヵ月)
分割支払金(支払い総額)
32GB 3,670円×24ヵ月=88,080円
128GB 4,160円×24ヵ月=99,840円
256GB 4,660円×24ヵ月=111,840円
月月割(最大2年間総額)適用
32GB -3,220円×24ヵ月=-77,280円
128GB -3,230円×24ヵ月=-77,520円
256GB -3,235円×24ヵ月=-77,640円
実質負担額総額
32GB 450円×24ヵ月=10,800円
128GB 930円×24ヵ月=22,320円)
256GB 1,425円×24ヵ月=34,200円

iPhone7機種変更の場合

分割支払金(支払総額)
32GB 3,670円×24ヵ月=88,080円
128GB 4,160円×24ヵ月=99,840円
256GB 4,660円×24ヵ月=111,840円
月月割(最大2年間総額)適用
32GB -2,815円×24ヵ月=-67,560円
128GB -2,825円×24ヵ月=-67,800円
256GB -2,830円×24ヵ月=-67,920円
実質負担額総額
32GB 855円×24ヵ月=20,520円
128GB 1,335円×24ヵ月=32,040円
256GB 1,830円×24ヵ月=43,920円)

iPhone7Plus新規・MNPの場合

頭金0円:実質年率0% 支払回数/期間 (ヵ月/25ヵ月)
分割支払金(支払総額)
32GB 4,160円×24ヵ月=99,840円
128GB 4,750円×24ヵ月=114,000円
256GB 5,250円×24ヵ月=126,000円
月月割(最大2年間総額)適用
32GB -3,140円×24ヵ月=-75,360円
128GB -3,235円×24ヵ月=-77,640円
256GB -3,240円×24ヵ月=-77,760円
実質負担額総額
32GB 1,020円×24ヵ月=24,480円
128GB 1,515円×24ヵ月=36,360円
256GB 2,010円×24ヵ月=48,240円

iPhone7Plus機種変更の場合

分割支払金(支払総額)
32GB 4,160円×24ヵ月=99,840円
128GB 4,750円×24ヵ月=114,000円
256GB 5,250円×24ヵ月=126,000円
月月割(最大2年間総額)適用
32GB -2,735円×24ヵ月=-65,640円
128GB -2,830円×24ヵ月=-67,920円
256GB -2,835円×24ヵ月=-68,040円
実質負担額総額
32GB 1,425円×24ヵ月=34,200円
128GB 1,920円×24ヵ月=46,080円
256GB 2,415円×24ヵ月=57,960円

のりかえ下取キャンペーン

ソフトバンクではMNPによる「のりかえ下取キャンペーン」を行っています。概要は乗り換え(MNP)で iPhone、スマートフォン、ケータイを購入の顧客を対象に、それまで利用していた機種を下取りし、下取り対象機種に応じて割引などの特典を付与するものです。
特典は以下から選択できます。(※下取り対象機種に応じて特典額は異なります。)
特典1:通信料金から割引(24回の分割割引)
特典2:ソフトバンクカードチャージ(割引特典の総額相当のプリペイドバリューを一括で付与)
特典3:商品券・ポイントなど(割引特典の総額相当)
特典4:分割支払金からの割引(24回の分割割引)
特典3、特典4に関しては一部店舗では実施していない場合があります。ソフトバンク取扱店にて確認が必要です。オンラインショップにて加入の場合は、特典1が自動適用されます。
特典金額をあげてみるとこんな感じです。
iPhone 6s Plus 26,400円(1,100円×24回)
iPhone 6s 24,000円(1,000円×24回)
iPhone 6 Plus 21,600円(900円×24回)
iPhone 6 21,600円(900円×24回)
iPhone 5s 21,600円(900円×24回)
Android一部機種 21,600円(900円×24回)
乗り換えでの下取り対象機種はiPhone、Android™ 搭載スマートフォン、従来型携帯電話(ケータイ)、PHSなどです。(NTTドコモ/キッズケータイ、ジュニアスマートフォン、au ジュニアケータイ/ジュニアスマートフォンは対象外です)
乗り換えの対象機種(指定機種)はiPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE(スマートフォン、ケータイ。みまもりケータイ、あんしんファミリーケータイは対象外。)との事ですので、もちろんiPhone7/7Plusもバッチリこのキャンペーンで購入できます。
適用条件1:他社からののりかえ(MNP)と同時にソフトバンクでスマートフォン、ケータイ(当社指定機種)をご購入し、「通話し放題プラン/通話し放題ライトプラン」+「データ定額パック」または「ホワイトプラン」+「パケットし放題フラット」へ加入(家族データシェアの子回線を除く)すること。
適用条件2:MNPの翌月末までに下取りの申込みをする事。下取り対象機種が正規に購入されている事。申込みする方が下取り対象機種の所有権を保有している事。製造番号(IMEIなど)が確認でき、改造などメーカー保証外でない事。
もし、のりかえ下取りプログラムでの適用条件を満たさない場合はどうしたら良いか?気になるところですが、適用条件を満たしていなくても大丈夫です。

故障端末買取キャンペーン

ソフトバンクでは「故障端末買取キャンペーン」も実施されています。
この「故障端末買取キャンペーンを利用するとTポイントが最大で9000ポイント付与される場合があります。

タダで機種変更キャンペーン

既にソフトバンクユーザーの方向けの「タダで機種変更キャンペーン」も実施されています。
機種変更でソフトバンク指定の機種を購入した顧客を対象に、それまで利用していた機種をソフトバンクが下取りし、下取り機種に応じて割引などの特典を付与するものです。
下取りで iPhone 7 32GB の機種代金が実質0円になる機種は、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5sです。
特典は以下の通りです。(下取り対象機種に応じて特典額は異なります。)
特典1:通信料金から割引(24回の分割割引)
特典2:ソフトバンクカードチャージ(割引特典の総額相当のプリペイドバリューを一括で付与)
特典3:商品券・ポイントなど(割引特典の総額相当)
特典4:分割支払金からの割引(24回の分割割引)
のりかえ下取りキャンペーン同様、特典3、特典4に関しては一部ショップでは実施していない場合があり、オンラインショップでご加入の場合は特典1が自動適用されます。
特典金額の一例は下記の通りです。
下取り対象機種
iPhone 6s Plus 36,000円(1,500円×24回)
iPhone 6s 33,600円(1,400円×24回)
iPhone 6 Plus 26,400円(1,100円×24回)
iPhone 6 26,400円(1,100円×24回)
iPhone 5s 26,400円(1,100円×24回)
一部アンドロイド  9,600円(400円×24回)
ガラケー      4,800円(200円×24回)
その他機種    2,400円(100円×24回)
「タダで機種変更キャンペーン」適用条件1:機種変更にて指定機種をご購入
「タダで機種変更キャンペーン」適用条件2:機種変更前の機種をソフトバンクで購入している事。下取り対象機種の査定が完了している事。製造番号(IMEIなど)が確認でき、改造など、メーカー保証外でない事

おうち割

さらにソフトバンクでは「おうち割」なるキャンペーンも実施されています。
「おうち割」とは、自宅のインターネット、電気など「おうち」に関するさまざまなサービスをソフトバンク携帯電話とセットで契約することでおトク・便利になるサービスとの事です。
ソフトバンク、もしくは他社のケータイ(AQUOSケータイ、4Gケータイ含む)を利用中の顧客がスマートフォンを購入し、データ定額ミニ 1GBを契約された場合、データ定額 2GB契約時と同額の月月割が適用されます。
「おうち割」には自宅のインターネットとソフトバンク携帯電話をセットで契約することで、家族1人1人の通信料金が割引される「おうち割光セット」、ソフトバンクでんきとソフトバンク携帯電話または固定通信サービスをセットで契約することで、携帯電話指定回線の通信料金、または固定通信サービス利用料金が割引されるサービス「おうち割でんきセット」があります。
おうち割でんきセットの適用条件は個人契約である事、申し込みの顧客、もしくはその家族がソフトバンクでんきの契約者である事、対象の携帯電話/タブレット/固定通信サービスを利用中である事、ソフトバンクでんきとの合算請求をしている事などです。(※東京電力エリア・関西電力エリア・中部電力エリア・北海道電力エリアが対象)
割引額
おうち割 光セット 携帯電話1回線あたり 最大2,000円/月
おうち割 でんきセット 世帯あたり 最大300円/月
「おうち割 でんきセット」に契約すると「おうちレスキュー特典」を利用できます。「おうちレスキュー特典」とは、水、カギ、ガラスのトラブルに2年間無料でかけつける特典です。

【ドコモ】

新規・MNPの場合

iPhone7

分割支払金(支払総額)頭金0円 年利0%
32GB 3,429円×24回=82,296円
128GB 3,915円×24回=93,960円
256GB 4,401円×24ヵ月=105,624円
月々サポート(最大2年間総額)適用
-2,322円×24ヵ月=-55,728円
実質負担額総額
32GB 1,107円×24ヵ月=26,568円
128GB 1,593円×24ヵ月=38,232円
256GB 2,079円×24ヵ月=49,896円

iPhone7Plus

32GB 4,023円×24回=96,552円
128GB 4,365円×24回=104,760円
256GB 4,860円×24ヵ月=116,640円
月々サポート(最大2年間総額)適用
-2,349円×24ヵ月=-56,376円
実質負担額総額
32GB 1,674円×24ヵ月=40,176円
128GB 2,016円×24ヵ月=48,384円
256GB 2,511円×24ヵ月=60,264円

機種変更の場合

iPhone7

分割支払金(支払総額)
32GB 3,429円×24回=82,296円
128GB 3,915円×24回=93,960円
256GB 4,401円×24ヵ月=105,624円
月々サポート(最大2年間総額)適用
-2,322円×24ヵ月=-55,728円
実質負担額総額
32GB 1,107円×24ヵ月=26,568円
128GB 1,593円×24ヵ月=38,232円
256GB 2,079円×24ヵ月=49,896円

iPhone7Plus

32GB 4,023円×24回=96,552円
128GB 4,509円×24回=108,216円
256GB 4,995円×24回=119,880円
月々サポート(最大2年間総額)適用
-2,349円×24ヵ月=-56,376円
実質負担額総額
32GB 1,674円×24ヵ月=40,176円
128GB 2,160円×24ヵ月=51,840円
256GB 2,646円×24ヵ月=63,504円

家族まとめて割と下取りプログラム

ドコモのキャンペーンには「家族まとめて割」と「下取りプログラム」があります。
家族まとめて割は家族一緒に購入すると、その場で1台あたり最大10,368円割引ます。
下取りプログラムは手持ちのiPhoneやアンドロイドスマホを下取りすると購入代金から最大30,000円を割引るすプログラムです。(郵送の場合は最大28800ポイント還元)
iPhone6sPlusの良品ならば店頭下取り価格30000円、iPhone6sの良品ならば27,000円です。
いずれのキャリアも様々な料金プラン、キャンペーンを用意しています。また24回払い以外の払い方もあります。よりお得にiPhone7/7Plusをゲットしましょう!
iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。
乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。
ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop
auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop
ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧