iPhone7にMNPで買い替えて、誰よりも賢く契約するための方法まとめ


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

ここまで、ソフトバンク・docomo・auへのMNPを利用した乗り換えのお得な方法をご紹介してきましたが、もう一つ「格安Sim」を契約した場合もお話しておきましょう。

ここ数年で急激にシェアの伸ばして、ニュースなどでも特集が組まれるようになった「格安Sim」ですが、そのメリットとデメリットについて簡単にご説明します。大手三社と契約せず格安Simを利用する場合、その特徴をしっかりと把握しておかないと、携帯キャリアよりも月々の料金が高くなってしまうので注意してください。

▼格安Simのメリット

  • 基本使用量が圧倒的に安い
  • 2年縛りなどの契約に縛られない事が多い

▼格安Simのデメリット

  • 使い方次第では月額料金が高くなる可能性がある
  • キャリアメールが使えない
  • 大手三社と比べると通信速度が遅い場合がある
  • 格安Simが利用出来る端末を購入する必要がある

MNPを利用して格安SimでiPhone7を使う最大のメリット

「格安Sim」というぐらいですから、基本使用量などが圧倒的に安いです。使い方にもよりますが、電話をほとんどかけない、スマホでネットはそれほど利用しない、家にはWi-fiがある、という方であれば、月々の携帯使用量が1,000円~2,000円ほどに抑える事が可能です。

格安Simは基本的に通話料が高いので、電話を多用する方であれば、携帯キャリアの「かけ放題」プランなどを利用した方が月額料金が安くなる場合もあるでしょう。後は、g-mailやyahooメールで代用が効かず、どうしてもキャリアメールを使わなければいけないという方も、格安Simのご利用には適していないと言えます。

通信速度が遅いと言われ続けている格安Simですが、これは場所や時間帯によって大きく左右されます。正直言うと、ストレスを感じるほどの速度の遅さではないですし、そもそもあまりネットを使わない方や、普段からWi-fi環境でのネット利用がメインの方であれば、ほとんど不便には感じないでしょう。

最後に、ここが一番ネックになってくると思うのですが、格安Simが利用出来るSimフリー端末を用意しなければいけません。格安Simが使えるiPhone7は、現状apple公式オンラインストアから直接購入のみになりますが、初期投資は結構かかってしまうでしょう。それでは、少し計算してみましょう。

MNPを使ってiPhone7へ機種変更した場合の初期投資と使用量の比較

格安SimでiPhone7を購入して2年間使うとすると

▼MNPの手続き

  • MNP転出手数料 2〜3,000円
  • MNP事務手数料 3,000円
  • 契約解除料 約10,000円(更新月であれば無料)

合計15,000円

▼SimフリーiPhone7の端末代金

iPhone7(32GB) 78,624円(税込)

※購入方法は一括と分割が選べます。

▼格安Simの月々の利用料

約2,000円と仮定

上記の条件で24ヶ月利用時の合計金額

約141,624円

他社に乗り換えて2年間使うとすると

▼MNPの手続き

  • MNP転出手数料 2〜3,000円
  • MNP事務手数料 3,000円
  • 契約解除料 約10,000円(更新月であれば無料)

合計15,000円

▼Simの端末代金

乗り換えなどのキャンペーンやキャッシュバックを利用して0円に抑えれたと仮定

▼月々の利用料

約8,000円と仮定

上記の条件で24ヶ月利用時の合計金額

約207,000円

さて、かなりざっくりと計算してみましたが、結果として2年間みっちりとiPhone7を使った場合、格安Simと携帯会社では約6万5000円も安く使えるという計算になります。

乗り換えキャンペーンを利用してiPhone7の端末代を無料に抑えたとしても、やはり月額料金の差は圧倒的に大きいのです。多くの人が大手三社を選ばず、格安Simへと乗り換えている理由が何となく伝わると思います。

 

iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。

乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。

ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop

auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop

ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop

 

格安Sim乗り換えはご利用環境と初期投資をよく考えて!


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6 7

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない